メインメニューを開く

セメントミキサーズ(せめんとみきさーず)は日本音楽バンドである。栃木県足利市から上京。

来歴編集

1989年5月27日平成名物TV三宅裕司のいかすバンド天国に出場。ボーカルギターの鈴木常之(当時35歳)とベースの増田俊行(当時18歳)との年齢差が17歳も離れていたことから、『35歳のおじさんが18歳の子供をだまして誘い、結成した』というような旨のメンバーの発言から「子供だましバンド」の通称を獲得するなど大いに受け、この回のチャレンジャー賞を獲得。6代目イカ天キングJITTERIN'JINNに挑戦、見事これを下して7代目イカ天キングの栄冠に輝く。荒い演奏で人気があり、6月10日まで3週勝ち抜くも、6月17日の放送にて突撃ダンスホールに敗れた。この時期は番組内のダイジェストコーナーで『イカ天戦国時代』と呼称されている。

1990年10月21日NECアベニューからアルバム笑う身体』を発売しメジャーデビュー。しかし、CDはこの1枚のみを残してセメントミキサーズは解散。その後メンバーの内、鈴木常之は『鈴木常吉』として音楽ユニットつれれこ社中』に参加。テレビドラマ「深夜食堂」のオープニングテーマに使われた「思ひで」など、現在もソロ活動、ゲストミュージシャンとして出演など音楽活動や、映画「オーバー・フェンス」の俳優としての活動を続けている。また、イカ天内で演奏された作品の内『真っ赤な夕陽が萌えている』はマレーシア張少林によって『見人講鬼話』のタイトルで客家語でカヴァーされ、同国では中国系住民を中心に人気曲となっている。

メンバー編集

  • 鈴木常之(すずき つねゆき、ボーカル&ギター
    上述のとおり、セメントミキサーズ解散後は『鈴木常吉』として音楽活動、俳優業を続けている。
  • 茂木功(もてぎ いさお、ボーカル&ギター)
  • 増田俊行(ますだ としゆき、ベース
  • 松村孝之(まつむら たかゆき、パーカッション
  • 佐藤揚彦(さとう あきひこ、ドラム

楽曲編集

『いかすバンド天国』で演奏した曲編集

  • ヒ・メ・ジ (1989年5月27日)
  • 東京ラッシャイ (1989年6月3日
  • 真っ赤な夕陽が燃えている (1989年6月10日)
  • 山田一郎 四二才 (1989年6月17日)

アルバム『笑う身体』編集

  1. どのつらさげて
  2. 真っ赤な夕陽が燃えている
  3. 東京ラッシャイ
  4. 鉄の尻
  5. 今日も怠けの雨が降る
  6. ヒ・メ・ジ
  7. 洲崎パラダイス
  8. のんきな父さん
  9. もう一杯
  10. 山のディスコ
  11. 夜空
  12. A Night On Earth

その他編集

アルバム 鈴木常吉名義編集

  • ぜいご(2010年12月26日)
  • 望郷(2010年10月24日)
  • 深夜食堂のうた(2016年11月2日)

シングル 鈴木常吉名義編集

  • 雨(2014年9月7日)

外部リンク編集