メインメニューを開く

セルゲイ・コソロトフ(Sergey Kosorotov 1965年4月15日- )はロシアサマーラ出身の柔道選手。階級は95kg超級。身長194cm。体重110kg[1]

獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
柔道
世界柔道選手権
1991 バルセロナ 95kg超級
1995 幕張 無差別
1993 ハミルトン 95kg超級

人物編集

1991年の世界選手権では、準決勝で小川直也崩袈裟固で一本勝ちすると、決勝でもキューバのフランク・モレノ腕挫十字固で破って優勝を果たした。1992年1月には正力国際に出場するため来日したものの、エントリーだけして棄権したが、この際にバルセロナオリンピック後にはプロレスに転向すると語った[2]。しかし、EUN内の予選でダヴィド・ハハレイシヴィリに効果を取られて敗れバルセロナオリンピックには出場できず、プロレスへの転向話も立ち消えになった。1993年の世界選手権では3位となった。1995年の世界選手権無差別では、準決勝で篠原信一大内刈で一本勝ちするが、決勝ではフランスのダビド・ドゥイエに合技で敗れた。1996年のアトランタオリンピックでは、準々決勝で中国の劉勝剛払腰で敗れて7位に終わった。

主な戦績編集

(階級表記のない大会は全て95kg超級での成績)

脚注編集

  1. ^ Sergey Kosorotov Biography and Olympic Results
  2. ^ 「旧ソ連選手たちはいま!」近代柔道 ベースボールマガジン社、1992年3月号、18頁-19頁

外部リンク編集