セロニアス・モンク・プレイズ・デューク・エリントン

セロニアス・モンクのアルバム

セロニアス・モンク・プレイズ・デューク・エリントンは 1955年に発売されたアルバム。

セロニアス・モンクデューク・エリントンの有名曲を演奏したものである。

リバーサイド·レコードでの最初のアルバムであり、ルディ・ヴァン・ゲルダーが1955年7月21日・27日にニュージャージー州ハッケンサックで録音した。

イギリスで2007年4月16日に、米国で2007年3月27日に再発された[1]

長さは36分51秒、プロデューサーはオリン・キープニュース[1]

背景編集

アルバム『セロニアス・モンク・プレイズ・デューク・エリントン』はモンクとレーベルの妥協の産物である。

それまでのモンクはときおりカバー演奏をしたが、自作演奏が主であり、1953-54年にプレスティッジ・レコードで自作集をつくっていた。

が、モンクの音楽はメインストリームのレコード購買層には「難解すぎる」というのが一般の認識であり、プレスティッジでの売り上げは悲惨であった。

リバーサイドで編集

キープニュースはモンクの契約を100ドルで買い、モンクに「エリントン集をやってくれ」と説得した。

次作の『ユニーク・モンク』もジョージアイラ・ガーシュウィンガス・カーンユービー・ブレイクアンディー・ラザフファッツ・ウォーラー、エディ・ドゥランジュ、ジェームズ・ヴァンヒューゼン、ビンセント・ユーマンズ、アーヴィング·シーザー、リチャード・ロジャース、ロレンツ・ハート、ジェシー・グリア、レイモンド・クラーゲスなど、他人の曲ばかりであった。

この二作の売り上げはおだやかなものだったが批評家から好評で、皮肉にも、商業的に成功したのはオリジナルのみの三作目『ブリリアント・コーナーズ』だった。

このアルバムが録音された時、エリントンのキャリアは落ち目であり、クール・ジャズの小編成グループが流行りだしていた。実際、1955年にこのアルバムが発売されたころエリントンはキャピトル・レコードから契約を解除され、自分のオーケストラを維持できなくなっていた。もっとも、翌1956年のニューポート・ジャズ・フェスティバルで華々しく復活するのであるが。

評価編集

  • ポップマターズのショーン・マーフィーは2007年再発時に「突出したアルバム。モンクのディスゴグラフィーの中で、『ジーニアス』シリーズと1960年前後の傑作群のあいだにあって見過ごされて来た作品」と書いた。[1]
  • オールミュージックのリンゼイ・プレーナーは四つ星をつけ、「エリントンのデリケートなメロディーはモンクの先進的でぎこちないスタイルにピッタリだ。両方のファンが持ち上げすぎる作品だが、ジャズファンにならだれにでもオススメできます」と書いた。[2]
  • いっぽう、オール・アバウト・ジャズのデヴィッド・リカートは「ちょっといい子ちゃん的な演奏だ。モンクの千鳥足スタイルのせいでだるい。でも、真剣にモンクを集めてんなら揃えといてもいい。そもそもモンクをあれほど魅力的なものにしている不快で・くすんだサウンドは聴けないが」と書いた[3]
  • ジャズ・ピアニストのマーカス・ロバーツは「ジャズの傑作。ぼくの1990年のアルバム『アローン・ウィズ・スリー・ジャイアンツ』では下敷きにさせてもらったよ。偉大な芸術家が偉大な芸術家にオマージュを捧げているのを聴いて、自分のすべきことが分かったのさ」と述べている[4]

収録曲編集

曲番 曲名 作曲者 時間
1. スイングしなけりゃ意味ないね Duke Ellington; Irving Mills 4:38
2. 洗練された淑女 Duke Ellington; Irving Mills; Mitchell Parish 4:27
3. I Got It Bad and That Ain't Good Duke Ellington; Paul Francis Webster 5:52
4. 黒と茶の幻想 Bubber Miley; Duke Ellington 3:24
5. ムード・インディゴ Barney Bigard; Duke Ellington; Irving Mills 3:13
6. I Let a Song Go Out of My Heart Duke Ellington; Henry Nemo; Irving Mills; John Redmond 5:40
7. ソリチュード  Duke Ellington; Eddie DeLange; Irving Mills 3:42
8. キャラバン Duke Ellington; Irving Mills; Juan Tizol 5:55

メンバー編集

参照編集

  1. ^ a b c Murphy, Sean (2007年10月5日). “Thelonious Monk: Thelonious Monk Plays Duke Ellington”. PopMatters. 2013年2月21日閲覧。
  2. ^ Planer, Lindsay. “Plays Duke Ellington - Thelonious Monk”. Allmusic. Rovi Corporation. 2013年2月20日閲覧。
  3. ^ Rickert, David (2004年4月2日). “Thelonious Monk: Thelonious Monk Plays Duke Ellington”. All About Jazz. 2013年2月21日閲覧。
  4. ^ Franckling, Ken (1991). “Alone With Three Giants: A matter of homage, respect and growth”. JazzTimes 21 (2): 15.