メインメニューを開く

センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド

センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドThe Sensational Alex Harvey BandSAHB) は、1972年に結成されたイギリスのロック・バンドである。1970年代にイギリスの庶民から支持を得た。

目次

結成メンバー編集

テッドとヒューはいとこ同士。

途中参加メンバー編集

経歴編集

1950年代のイギリスにおけるスキッフル・ブームの最中にデビューしたハーヴェイは、ミュージカルヘアー』に出演したり、自らのソウル・バンドを組織してハンブルクへ遠征に出るなどして(同地ではゲイリー・グリッターとしのぎを削った)キャリアを積み重ねていた。

1970年代初頭、同郷出身のバンドティア・ガス(Tear Gus)と知り合い、意気投合。SAHB結成へ動く。

1972年、ヴァーティゴ・レコードよりアルバム『Framed』をリリースしデビューを飾る。基本となる音楽性はハードロックであったが、ハーヴェイの多彩な音楽遍歴を反映するかのように、ブルース、ブギ、ミュージカル曲など様々な要素を内包するバンドに成長していく。グレミンソンはピエロのメイクをして演奏し、ライブでは高い演奏技術を基本にしながら、滑稽なパフォーマンスやシアトリカルな演出をふんだんに織り込み、大きな庶民的人気を獲得。

1978年、ヒューが脱退。アイアーが加入するが、ハーヴェイの体調不良が影響し、同年バンドは分解する。

解散後のメンバーの経歴編集

ハーヴェイはアレックス・ハーヴェイ・ザ・ニュー・バンド(Alex Harvey-The New Band)、エレクトリック・カウボーイズ(the Electric Cowboys)などを率いるが、1982年、心臓発作で急死。

グレミンソンは1981年まで同郷のバンド、ナザレスに参加。グレンとテッドはマイケル・シェンカー・グループ(MSG)に参加(テッドはその前にロリー・ギャラガー、G-Forceの一員としてゲイリー・ムーアグレッグ・レイクと活動していた)し、2017年からはマイケル・シェンカーの新プロジェクト「マイケル・シェンカー・フェスト」にも参加[1]。アイアーはハーヴェイとの活動のほか、ゲイリー・ムーア、マイケル・シェンカー、グレッグ・レイクワム!などとも活動をともにした。

1990年代からは別のヴォーカリストを加え、SAHBが何度か再結成されるようになり(キーボードはヒュー)、2000年前後からは継続的なライブ活動を行うようになる。ステージではSAHBの往年の曲のほか、テッドとグレンの経歴を反映してMSGの曲も演奏されている。2008年にグレミンソンが脱退し引退を表明した。

エピソード編集

  • よこしまのシャツは、ハーヴェイのトレード・マーク。
  • ストーン・ザ・クロウズのギタリストだったレス・ハーヴェイはアレックスの実弟。1972年にステージ上で感電死。
  • ROLLYがSAHBのファンであることを公言している。すかんちのシアトリカルな要素はSAHBを参考に作り出したことを明かしている[2]

アルバム・ディスコグラフィー編集

  • Framed (1972)
  • Next (1973)
  • The Impossible Dream (1974)
  • Live (1975)
  • Tomorrow Belongs To Me (1975)
  • The Penthouse Tapes (1976)
  • SAHB Stories (1976)
  • Fourplay (1977) - ハーヴェイを除いた4人によるアルバム。
  • Rock Drill (1978)

脚注編集

  1. ^ マイケル・シェンカー・フェスト、ついにアルバム登場”. BARKS (2017年12月1日). 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ 『bounce book HR/HM STANDARDS』141ページ(2006年 TOKYO FM出版)