ソー・バッド・レビュー

ソー・バッド・レビュー[注 1]Sooo Baad Revue)は、関西を拠点とした8人編成のソウルファンクバンド。1975年ウエスト・ロード・ブルース・バンドを脱退した山岸潤史(ギター)を中心に結成。

ソー・バッド・レビュー
出身地 日本(関西)
ジャンル ファンクソウル
活動期間 1975年 - 1976年2014年
レーベル フィリップス・レコード
メンバー
  • 北京一(ボーカル)
  • 砂川正和(ボーカル・パーカッション)
  • 山岸潤史(ギター)
  • 石田長生(ギター)
  • 永本忠(ベース)
  • ベーカー土居(ドラム)
  • 国府輝幸(キーボード)
  • チャールズ清水(キーボード)

来歴 編集

1975年8月8日、大阪・万博記念公園において開催された「8.8 ROCK DAY」に「山岸潤史スーパーグループ」が出演(北、石田、永本、土居、清水が参加)。この3日後に山岸が渡米、11月下旬に帰国。この頃までにメンバーが揃い、バンド名を「ソー・バッド・レビュー」とする。この名前は、北が気に入っていた「Sooo Baad!(最高!)」という言葉をバンド名に使いたかったことから[1]1976年4月から、ロサンゼルスのエレクトラ・スタジオにおいてレコーディングを行う。同年8月8日、去年に引き続き8.8 ROCK DAYに出演。その直後、清水が脱退[1]。8月25日、デビュー・アルバム『ソー・バッド・レビュー』をリリース。11月頃、大隈講堂で行われたライブを最後に解散[1]。メンバーは、それぞれ個々の活動へ移行する。解散後も、石田、砂川、国府が参加した「ザ・ボイス・アンド・リズム」、山岸、石田が参加した「勉強トリオ」、土居、国府、永本が参加した「ベーカーズ・ショップ」といったバンド活動またはセッションを通じてメンバー同士の共演が行われている。

2004年10月11日、砂川が他界[2]

2014年7月25日、フジロックフェスティバルにおいて、北、山岸、石田、永本、土居、清水の6人でソー・バッド・レビューとして一日限定の再結成ライブを行う[3]

2015年7月8日、石田長生が他界[4]

メンバー 編集

  • 北京一(ボーカル)
  • 砂川正和(ボーカル、パーカッション)
  • 山岸潤史(ギター)
  • 石田長生(ギター)
  • 永本忠(ベース)
  • ベーカー土居(ドラム)
  • 国府輝幸(キーボード)※現・国府利征
  • チャールズ清水(キーボード)

ディスコグラフィー 編集

シングル 編集

  • 最後の本音/おおきにブルース(1976年)

アルバム 編集

  • ソー・バッド・レビュー(1976年)
  • ライブ!(1977年)※1976年9月および10月のライブ音源
  • ジ・アザー・サイド・オブ・ソー・バッド・レビュー(2022年)※1976年1月のライブ音源[5]

オムニバス・アルバム 編集

  • '75 8.8 ROCK DAY(1975年)
    • 「山岸潤スーパーグループ With 北京一/With 北京一&石田長生」表記で2曲収録

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 作品によっては「ソー・バッド・レュー」と表記されている。

出典 編集

  1. ^ a b c 『ジ・アザー・サイド・オブ・ソー・バッド・レビュー』CDブックレット内「ソー・バッド・レビュー座談会~The 最後の本音 of Sooo Baad Revue」(2022年6月)
  2. ^ スナガワ マサカズ PROFILE”. sunagawa masakazu official page. 2022年6月23日閲覧。
  3. ^ LIVE REPORT - SOOO BAAD REVUE”. FUJIROCK EXPRESS 2014 (2014年7月25日). 2022年6月23日閲覧。
  4. ^ 石田長生Twitter” (2015年7月8日). 2022年6月23日閲覧。
  5. ^ ソー・バッド・レビュー / The Other Side of Sooo Baad Revue”. BRIDGE INC. ONLINE STORE. 2022年6月23日閲覧。

関連項目 編集

  • 加川良 - アルバム収録曲に詞を提供