メインメニューを開く

北京一・京二(きた きょういち・きょうじ)は、北京一と北京二の2人からなる日本のお笑いコンビ和光プロダクション所属。

北京一・京二
メンバー 北京一
北京二
結成年 1971年
事務所 和光プロダクション
活動時期 1971年 - 1973年
2018年 -
現在の活動状況 ライブ中心(舞台中心)
芸種 漫才
テンプレートを表示

メンバー編集

北 京一(きた きょういち)
ゼンジー北京の弟子で最初は2代目ゼンジー一億の名で北京の後見を務める。1971年9月に北京二と漫才コンビ北京一・京二として結成、1973年コンビ解散、その後1974年には渡米し舞台の修行、同地で黒人女性と結婚(後離婚)、傍らロックバンドSoo Baad Revue」を結成しボーカルを務める。渡仏してパントマイムエティエンヌ・ドゥクルー 英語版に師事。ドイツではダンススクールを開校。帰国後もパントマイム、舞台演出で活躍。2004年にバンド・金子マリ presents「5th Element will」を結成。
北 京二(きた きょうじ)
1971年、北京一と北京一・京二としてコンビ結成、1973年、コンビ解散。その後京二はコンサート、DJなどを中心に活動するが、スキルアップの為に渡米。ロサンゼルスにてLIVEとレコーディングを収め帰国。その後、それまでの芸能実体験を生かした感性をベースに、総合プロデューサーとしてラジオ・CF・テーマソング・CMソング、ステージ各種イベント等の企画制作行や、国内外アーティストのプロデュース、イベント等を手がけた実績を持つ。現在は、自らバンドを率いライブ活動を中心に活動中。

経歴編集

1971年9月に同じプロダクション同士の漫才コンビ北京一・京二としてコンビ結成後本格漫才師として人気を集め新世界新花月道頓堀角座等の寄席や数々の番組に出演し活躍が大いに期待されたが2年半活動した後1973年に突然解散。長らくそれぞれの道を歩んでいたが2009年に北京二と一夜限りの漫才コンビを復活、2013年にも「北京一・京二」コンビとして舞台に立った、2018年漫才コンビとして正式に再結成、現在天満天神繁盛亭等に出演、伝説の漫才師として活躍が期待される。

ディスコグラフィー編集

ソー・バッド・レヴュー(Soo Baad Revue) 名義
  • SOOO BAAD REVUE(1975年、徳間ジャパンコミュニケーションズ)
  • Live(1976年、徳間ジャパンコミュニケーションズ)

関連項目編集

外部リンク編集