タウンゼンドジリス

タウンゼンドジリス (Urocitellus townsendii ) は、哺乳綱ネズミ目(齧歯目)リス科に分類されるジリスの1

タウンゼンドジリス
Townsend's ground squirrel.jpg
タウンゼンドジリス
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
: リス科 Sciuridae
亜科 : Xerinae
: Marmotini
: Urocitellus
: タウンゼンドジリス
U. townsendii
学名
Urocitellus townsendii
Bachman1839
シノニム

Spermophilus townsendii Bachman1839

和名
タウンゼンドジリス
英名
Townsend's ground squirrel
亜種
  • U. t. nancyae
  • U. t. townsendii

アメリカ合衆国ワシントン州の高地の乾燥した草地に生息する。

分布編集

アメリカワシントン州中南部、コロンビア川北部および西部[2]

形態編集

体長(頭胴長)200-232ミリメートル[2]、尾長32-54ミリメートル[2]体重82-325グラム[3]、平均174グラム[2]。 被毛はピンクがかった黄褐色で、根元は淡い煙灰色[2]。斑点や縞などの模様がないことで他のジリスと判別できる[4]

生態編集

高地の乾燥したヤマヨモギの草地や耕作地に生息する[2]

オスは5月下旬から、メスと子どもは6月から冬眠に入り、1月下旬-2月に目覚める[2]。冬眠は、7.5-9か月の間も続く[5][6]。雨の多い年には食糧となる植物が夏の終わりにも手に入るため、乾燥した年よりも休眠が短くなる[7][5]

繁殖は年1回、1月下旬または2月上旬頃、冬眠から目覚めてすぐに行われる[7]。妊娠期間は約24日間で[5]、巣穴の中で6-10頭の子どもを産む[8]。子どもは無毛、閉眼で生まれる。生後初期の発達は、他のジリスの発達と比べると比較的遅く、生後19-22日で目が開き、その後じきに離乳する[8]。生後4週になる3月下旬-4月頃に巣穴から現れる[2]

主にアメリカアナグマに捕食され、他にもコヨーテアカケアシノスリ (Buteo regalis)[9]ソウゲンハヤブサ[10][11]などの猛禽類ワタリガラスが捕食者として挙げられる[2]

食性編集

主に草食性で、芽、葉、花、イネ科植物、広葉草本、灌木種子、農作物を食べるが、昆虫を食べることもある[2][12][13]。種子は、冬眠前の重要なカロリー源となる[14]

ワシントン州東部の保護区 (Arid Land Ecology Reserveでは、3月から5月にかけて、食物の49パーセントがイネ科のサンドバーグ・ブルーグラス (Sandberg bluegrass、11パーセントがウェスタン・ヤロウ(セイヨウノコギリソウの変種、Achillea millefolium var. occidentalis)、8パーセントがクジラグサ (Descurainia pinnata) の種子、31パーセントがその他の植物(大部分が広葉草本)、1パーセントが昆虫だった[13]

分類編集

2亜種が確認されている[2]


以下の2種およびその亜種は、かつてタウンゼンドジリスの亜種とされていた[2][15][16]

保全状況評価編集

生息域の多くの地域で、農地を荒らす害獣とみなされ毒殺や狩猟が行われており、個体数は減少傾向にある[2]IUCNレッドリストでは、Vulnerable (VU) 絶滅危惧II類に指定されている[1]

脚注編集

  1. ^ a b Yensen, E. & Hammerson, G. (2008). "Spermophilus townsendii". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2008. International Union for Conservation of Nature. 2009年1月8日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Richard W. Thorington, Jr. (2012). Squirrels of the World. Johns Hopkins University Press. pp. 363-364 
  3. ^ Fifield, E (2013年). “"Spermophilus townsendii" (On-line), Animal Diversity Web.”. 2014年7月16日閲覧。
  4. ^ a b c Roland W. Kays and Don E. Wilson (2002). Mammals of North America. Princeton field guides. Princeton University Press. pp. 60-61 
  5. ^ a b c Alcorn, J. R. (1940). “Life history notes on the Piute ground squirrel”. Journal of Mammalogy 21 (2): 160–170. doi:10.2307/1374972. JSTOR 1374972. 
  6. ^ Rickart, Eric A. (1982). “Annual cycles of activity and body composition in Spermophilus townsendii mollis”. Canadian Journal of Zoology 60 (12): 3298–3306. doi:10.1139/z82-418. 
  7. ^ a b Smith, Graham W.; Johnson, Donald R. (1985). “Demography of a Townsend ground squirrel population in southwestern Idaho”. Ecology 66 (1): 171–178. doi:10.2307/1941317. JSTOR 1941317. 
  8. ^ a b Rickart, Eric A. (1987). Spermophilus townsendii. Mammalian Species 268: 1–6. http://www.science.smith.edu/departments/Biology/VHAYSSEN/msi/pdf/i0076-3519-268-01-0001.pdf. 
  9. ^ Kindschy, Robert R. (1986). “Rangeland vegetative succession – implications to wildlife”. Rangelands 8 (4): 157–159. http://globalrangelands.org/dlio/39530. 
  10. ^ Nydegger, Nicholas C.; Smith, Graham W. 1986. Prey populations in relation to Artemisia vegetation types in southwestern Idaho. In: McArthur, E. Durant; Welch, Bruce L., compilers. Proceedings – symposium on the biology of Artemisia and Chrysothamnus; 1984 July 9–13; Provo, UT. Gen. Tech. Rep. INT-200. Ogden, UT: U.S. Department of Agriculture, Forest Service, Intermountain Research Station: 152–156
  11. ^ Ogden, Verland T.; Hornocker, Maurice G. (1977). “Nesting density and success of prairie falcons in southwestern Idaho”. Journal of Wildlife Management 41 (1): 1–11. doi:10.2307/3800084. 
  12. ^ Clary, Warren P.; Medin, Dean E. 1992. Vegetation, breeding bird, and small mammal biomass in two high-elevation sagebrush riparian habitats. In: Clary, Warren P.; McArthur, E. Durant; Bedunah, Don; Wambolt, Carl L., compilers. Proceedings – symposium on ecology and management of riparian shrub communities; 1991 May 29–31; Sun Valley, ID. Gen. Tech. Rep. INT-289. Ogden, UT: U.S. Department of Agriculture, Forest Service, Intermountain Research Station: 100–110
  13. ^ a b Johnson, Mark K. (1977). “Food of Townsend ground squirrels on the Arid Land Ecology Reserve (Washington)”. The Great Basin Naturalist 37: 128. https://ojs.lib.byu.edu/ojs/index.php/wnan/article/viewArticle/2569. 
  14. ^ Rickart, Eric Allan. 1982. The ecology of Townsend's ground squirrel, Spermophilus townsendii mollis. Salt Lake City, UT: University of Utah. Dissertation
  15. ^ "Urocitellus mollis" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2014年7月16日閲覧
  16. ^ "Urocitellus canus" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2014年7月16日閲覧

外部リンク編集