タマラ・ジダンシェク

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ターマラ・ジダンセク

タマラ・ジダンシェクTamara Zidanšek, 1997年12月16日 - )は、スロベニア出身の女子プロテニス選手。身長168cm、右利き。キャリアでシングルス1勝・ダブルス3勝。WTA自己最高位はシングルス37位・ダブルス56位。2021年現在のコーチはPancho Alvariño。2021年全仏オープンシングルスでベスト4。

タマラ・ジダンシェク
Tamara Zidanšek
Tennis pictogram.svg
Tamara Zidansek (49986143201) (cropped).jpg
2019年ローランギャロス
基本情報
愛称 Tami
国籍 スロベニアの旗 スロベニア
出身地 同・ポストイナ
居住地 カタールの旗ドーハ
生年月日 (1997-12-26) 1997年12月26日(24歳)
身長 168cm
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2018年
ツアー通算 4勝
シングルス 1勝
ダブルス 3勝
生涯獲得賞金 1,980,467 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦 (2019, 2020)
全仏 ベスト4(2021)
全英 2回戦 (2019)
全米 1回戦 (2018, 2019)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦 (2021)
全仏 2回戦 (2020, 2021)
全英 2回戦 (2020)
全米 1回戦 (2019)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 37位 (2021年7月19日)
ダブルス 56位 (2021年5月31日)
2021年6月7日現在

略歴編集

2018年全米オープンのシングルスで初めてグランドスラム本戦入りし、同年9月にWTA250のダブルスでツアー初優勝。2019年5月にWTA250のシングルスで初めて決勝進出など、シングルス自己最高位の56位を記録。2021年に93位までランキングを落とすが、ダブルスでは自己最高位の56位を記録。 同年の全仏オープンのシングルスで、1回戦第6シードのアンドレースクをフルセットデスマッチの末、ファイナルセット7-9で下す金星を挙げ、全仏シングルスで初勝利。その後も2回戦のブレングル英語版を2-0, 3回戦のシニアコバを2-1、4回戦のクルステアを2-0、準々決勝のバドーサをデスマッチの末2-1で下した。準決勝でパブリュチェンコワに0-2で敗れ、ベスト4となった。同年7月のローザンヌでシングルスで初めてツアー優勝を挙げる。

得意サーフェスはクレーコート

裁判官である父親の影響でテニスを始めた。ジュニア時代は夏季はテニス、冬季はウィンタースポーツを兼任していて、スノーボードの国内大会で3回優勝している。寒さが苦手でプロはテニスを選択した[1]

スロベニア語のほか、セルビア・クロアチア語英語ドイツ語が話せる。

グランドスラム・マスターズ・国別対抗戦戦績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

シングルス
大会 2017 2018 2019 2020 2021 勝-敗
グランドスラム
全豪オープン Q1 Q2 2R 2R 1R 2-3
ローラン・ギャロス Q1 Q2 1R 1R SF 5-3
ウィンブルドン Q1 Q3 2R NH 1R 1-2
全米オープン A 1R 1R A 0-2
勝-敗 0-0 0–1 2–4 1–2 5-2 8-9
WTA1000
ドバイ/カタール A A A A A 0-0
インディアンウェルズ A A A A 0–0
マイアミ A A 1R NH Q2 0-1
マドリード A A A NH 2R 1–1
ローマ A A 1R A 1R 0–2
カナダ A A A NH 0–0
シンシナティ A A A A 0–0
武漢 A A 1R NH 0-1
北京 A A A NH 0–0
勝-敗 0–0 0–0 0–3 0-0 1-2 1-5
国別対抗戦
オリンピック Not Held 0–0
BJKカップ Z2 A A A 3-0
年末の順位 132 70 64 87 $1,167,810
ダブルス
大会 2018 2019 2020 2021 勝-敗
グランドスラム
全豪オープン A A 1R 2R 1-2
ローラン・ギャロス A 1R 2R 2R 2-3
ウィンブルドン A 2R NH 2R 2-2
全米オープン A 1R A 0-1
勝-敗 0-0 1-3 1-2 2-2 4-7
WTA1000
マイアミ A A NH 1R 0-1

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 1勝2敗編集

階級別勝敗
グランドスラム (0–0)
プレムアM・プレミア5 / WTA 1000 (0–0)
プレミア / WTA 500 (0–0)
インターナショナル / WTA 250 (1–2)
サーフェス別勝敗
ハード (0–0)
グラス (0–0)
クレー (1–2)
結果 勝-敗 日時 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 0–1 2019年5月   ニュルンベルク クレー   ユリア・プチンツェワ 6–4, 4–6, 2–6
準優勝 0–2 2021年4月   ボゴタ クレー   マリーア・カミーラ・オソリオ・セラーノ英語版 7–5, 3–6, 4–6
優勝 1–2 2021年7月   ローザンヌ クレー   クララ・ビュレル英語版 4-6, 7-6(7-5), 6-1

ダブルス: 3勝1敗編集

階級別勝敗
グランドスラム (0–0)
プレムアM・プレミア5 / WTA 1000 (0–0)
プレミア / WTA 500 (0–1)
インターナショナル / WTA 250 (3–0)
サーフェス別勝敗
ハード (2–1)
グラス (0–0)
クレー (1–0)
結果 勝-敗 日時 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1–0 2018年9月   タシケント ハード   オルガ・ダニロビッチ英語版   イリーナ=カメリア・ベグ
  ラルカ・オラル英語版
7–5, 6–3
準優勝 1–1 2019年9月   鄭州英語版 ハード   ヤニーナ・ヴィクマイアー   ニコール・メリカー英語版
  クベタ・ペシュケ
1–6, 6–7(2–7)
優勝 2–1 2020年8月   パレルモ クレー   アランチャ・リュス英語版   エリザベッタ・コッチャレット英語版
  マルティーナ・トレヴィザン英語版
7–5, 7–5
優勝 3–1 2020年11月   リンツ ハード (屋内)   アランチャ・リュス   ルツィエ・ハラデツカ
  カテリナ・シニアコバ
6–3, 6–4

脚注編集

  1. ^ From junior champion snowboarder to upsetting Andreescu, meet Zidansek”. WTATennis.com. 2021年6月8日閲覧。

外部リンク編集