メインメニューを開く

イリーナ=カメリア・ベグIrina-Camelia Begu, 1990年8月26日 - )は、ルーマニアブカレスト出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス4勝、ダブルス8勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス22位、ダブルス22位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長181cm、体重67kg。

イリーナ=カメリア・ベグ
Irina-Camelia Begu
Tennis pictogram.svg
Begu US16 (14) (29749662892).jpg
イリーナ=カメリア・ベグ
基本情報
国籍  ルーマニア
出身地 同・ブカレスト
生年月日 (1990-08-26) 1990年8月26日(29歳)
身長 181cm
体重 67kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 12勝
シングルス 4勝
ダブルス 8勝
生涯獲得賞金 5,119,986 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2015)
全仏 4回戦(2016)
全英 3回戦(2015)
全米 2回戦(2012・14・18)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2018)
全仏 ベスト8(2017)
全英 ベスト8(2018)
全米 3回戦(2015)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 22位(2016年8月22日)
ダブルス 22位(2018年10月1日)
2018年10月4日現在

来歴編集

3歳からテニスを始め2005年にプロに転向。

2011年4月の アンダルシア・テニス・エクスペリエンスでは予選から勝ち上がり、準決勝で当時世界14位のスベトラーナ・クズネツォワを 3-6, 7-6(3), 6-4 で破る殊勲を挙げツアーで初めての決勝に進出。決勝では当時6位のビクトリア・アザレンカに 3–6, 2–6 で敗れ準優勝となった。2011年全仏オープン4大大会に初出場し1回戦でアラバン・レザイを 6-3, 6-3 で破り初勝利を挙げ2回戦でスベトラーナ・クズネツォワに 1-6, 1-6 で敗れた。7月のブダペスト・グランプリでも決勝に進出しロベルタ・ビンチに 4–6, 6–1, 4–6 で敗れた。これらの活躍によりベグは2011年のWTAアワードの年間最優秀新人賞を受賞した。

2012年1月のモーリラ・ホバート国際ではモニカ・ニクレスクと組んだダブルスで決勝に進出し荘佳容&マリーナ・エラコビッチ組を 6–7(4), 7–6(4), [10–5] で破りツアー初優勝を果たした。全豪オープンでもニクレスクとのペアでベスト8に進出した。ロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス1回戦で第1シードのビクトリア・アザレンカに 1-6, 6-3, 1-6 で敗れた。全米オープンでは1回戦で第8シードのキャロライン・ウォズニアッキを 6-2, 6-2 で破った。9月のタシケント・オープンでツアー3度目の決勝に進出しドナ・ベキッチを 6–4, 6–4 で破りシングルス初優勝を果たした[1]

2015年全豪オープンでは1回戦で第9シードのアンゲリク・ケルバーを 6-4, 0-6, 6-1 で破って勝ち進み4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦ではウージニー・ブシャールに 1-7, 7-5, 2-6 で敗れた。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 7回 (4勝3敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–1)
インターナショナル (4–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2011年4月10日   マルベーリャ クレー   ビクトリア・アザレンカ 3–6, 2–6
準優勝 2. 2011年7月10日   ブダペスト クレー   ロベルタ・ビンチ 4–6, 6–1, 4–6
優勝 1. 2012年9月15日   タシケント ハード   ドナ・ベキッチ 6–4, 6–4
準優勝 3. 2014年10月19日   モスクワ ハード (室内)   アナスタシア・パブリュチェンコワ 4–6, 7–5, 1–6
優勝 2. 2015年9月27日   ソウル ハード   アリャクサンドラ・サスノビッチ 6–3, 6–1
優勝 3. 2016年8月5日   フロリアーノポリス ハード   ティメア・バボシュ 2–6, 6–4, 6–3
優勝 4. 2017年7月23日   ブカレスト クレー   ユリア・ゲルゲス 6–3, 7–5

ダブルス: 16回 (9勝7敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2012年1月14日   ホバート ハード   モニカ・ニクレスク   荘佳容
  マリーナ・エラコビッチ
6–7(4), 7–6(4), [10–5]
準優勝 1. 2012年4月28日   フェズ クレー   アレクサンドラ・カダントゥ   ペトラ・チェトコフスカ
  アレクサンドラ・パノワ
6–3, 6–7(5), [9–11]
準優勝 2. 2012年10月20日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  モニカ・ニクレスク   アンドレア・フラバーチコバ
  ルーシー・ハラデツカ
3–6, 4–6
優勝 2. 2013年6月21日   スヘルトーヘンボス   アナベル・メディナ・ガリゲス   ドミニカ・チブルコバ
  アランチャ・パラ・サントンハ
4–6, 7–6(3), [11–9]
優勝 3. 2014年2月22日   リオデジャネイロ クレー   マリア・イリゴエン   ヨハンナ・ラーション
  シャネル・シェパーズ
6–2, 6–0
優勝 4. 2014年9月21日   ソウル ハード   ララ・アルアバレナ   モナ・バルテル
  マンディ・ミネラ
6–3, 6–3
準優勝 3. 2015年2月21日   リオデジャネイロ クレー   マリア・イリゴエン   ヤサリン・ボナベンチャー
  レベッカ・ピーターソン
0–3, 途中棄権
準優勝 4. 2015年10月3日   武漢 ハード   モニカ・ニクレスク   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
2–6, 3–6
準優勝 5. 2015年10月23日   モスクワ ハード
(室内)
  モニカ・ニクレスク   ダリア・カサキナ
  エレーナ・ベスニナ
3–6, 7–6(7), [5–10]
優勝 5. 2017年7月23日   ブカレスト クレー   ラルカ・オラル   エリーズ・メルテンス
  デミ・スゥース
6–3, 6–3
優勝 6. 2017年10月15日   天津 ハード   サラ・エラニ   ダリラ・ヤクポビッチ
  ニナ・ストヤノビッチ
6–4, 6–3
優勝 7. 2018年1月6日   深圳 ハード   シモナ・ハレプ   バルボラ・クレイチコバ
  カテリナ・シニアコバ
1–6, 6–1, [10–8]
準優勝 6. 2018年6月30日   イーストボーン   ミハエラ・ブザルネスク   ガブリエラ・ダブロウスキー
  徐一幡
3–6, 5–7
優勝 8. 2018年7月22日   ブカレスト クレー   アンドレア・ミトゥ   ダンカ・コビニッチ
  マリナ・ザネフスカ
6–3, 6–4
準優勝 7. 2018年9月29日   タシケント ハード   ラルカ・オラル   オルガ・ダニロビッチ
  タマラ・ジダンセク
3–6, 3–6
優勝 9. 2019年2月3日   ホアヒン ハード   モニカ・ニクレスク   アンナ・ブリンコバ
  王雅繁
2–6, 6–1, [12–10]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A LQ 1R 2R 1R 4R 1R 2R 2R 2R 7–8
全仏オープン LQ A 2R 2R 1R LQ 3R 4R 1R 3R 3R 11–8
ウィンブルドン LQ LQ 1R 1R 1R 2R 3R 1R 2R 1R LQ 4–8
全米オープン LQ A 1R 2R 1R 2R 1R 1R 1R 2R 3–8

脚注編集

外部リンク編集

受賞
先代:
  ペトラ・クビトバ
WTA年間最優秀新人賞
2012
次代:
  ローラ・ロブソン