メインメニューを開く

ダウン』(原題:Down[1])は、2001年アメリカで製作されたホラー映画1983年オランダで製作されたホラー映画、『悪魔の密室』のリメイク作品。

ダウン
Down[1]
監督 ディック・マース
脚本 ディック・マース
製作 ローレンス・ギールス
ディック・マース
製作総指揮 ウィリアム・S・ギルモア
出演者 ナオミ・ワッツ
ジェームズ・マーシャル
撮影 マーク・フェルペルラン
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年5月20日
日本の旗 2002年9月28日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オランダの旗 オランダ
言語 英語
製作費 $15,000,000(見積値)[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

マンハッタンに建造された超高層ビル「ミレニアム」。最新鋭の技術が備わったこのビルで、ある日突然、エレベーターが誤作動を起こす。その報せを受け派遣されたエンジニアのマークは、そのエレベーターに潜む異様な何かを感じ、これから起こる不吉な出来事を予感するのであった。その予感は現実となり、エレベーターが原因の様々な事故が発生する。立て続けに起こる残酷な事故を不思議に思った女性記者のジェニファーは、マークと共に調査を進めるが、そこで驚くべき真相を知る。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ディック・マース
  • 製作:ローレンス・ギールス、ディック・マース
  • 製作総指揮:ウィリアム・S・ギルモア
  • 脚本:ディック・マース
  • 撮影:マーク・フェルペルラン

脚注編集

  1. ^ a b アメリカで発売されたDVDのタイトルは『The Shaft』。
  2. ^ Down (2001) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年6月13日閲覧。

外部リンク編集