ダン・ハートマン

ダン・ハートマンDan Hartman1950年12月8日 - 1994年3月22日)は、アメリカ合衆国のミュージシャンである。シンガーソングライター、そして音楽プロデューサーとして活躍した。出生名はダニエル・アール・ハートマンであるが、ほとんどがダン・ハートマンとしてクレジットされていた。

ダン・ハートマン
Dan Hartman
Edgar Winter Group with Rick Derringer 1975.JPG
エドガー・ウィンター・グループ時代(右から2人目)
基本情報
出生名 ダニエル・アール・ハートマン
Daniel Earl Hartman
生誕 (1950-12-08) 1950年12月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルヴェニア州、ドーフィン郡
死没 (1994-03-22) 1994年3月22日(43歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネティカット州、ウェストポート
活動期間 1963–1994
レーベル Blue SkyAtlanticMCA
共同作業者 エドガー・ウィンター・グループ、3V、KC&ザ・サンシャイン・バンド
公式サイト danhartman.com
Vocals, guitar, keyboards, bass guitar

ハートマンが曲を作って録音したものの中には、 エドガー・ウィンター・グループとの『フリー・ライド』やソロ・シンガーとしてのヒット曲『インスタント・リプレイ』、『あなたを夢みて』、『ウィ・アー・ザ・ヤング』、『セカンド・ネイチャー』がある。最も成功した曲の『あなたを夢みて』は、1984年のビルボード・ホット100で最高位第6位になった[1]

また、さらに成功した曲は、ハートマンが共作してプロデュースした、ジェームス・ブラウンの『リヴィング・イン・アメリカ』で、1985年にビルボードのホット100で4位まで上昇した。そして、ハートマン作でロリータ・ハラウェイが歌った『ラヴ・センセーション』を、ブラック・ボックスが1989年に『ライド・オン・タイム』でサンプリング使用してリリースしたもので、UKを含むいくつかの国で1位になった[2]

経歴編集

ハートマンはペンシルヴェニア州の州都であるハリスバーグの近くのドーフィン郡ウエスト・ハノーヴァー・タウンシップで生まれた。家族は父カールと母ポーリン、そして兄デイヴィッド(デイヴ)と妹キャシーの構成であった[3]

13歳で、兄デイヴがメンバーだったバンドの"The Legends"に参加した。ハートマンはフル・タイムで銀行での勤務を行いながら、バンド内でキーボードを担当して多くの曲を作った。しかし、数多くのシングル盤をリリースしたもののヒットした曲はなかった。そして、1972年からは ジョニー・ウィンター・バンドをサポートする時期を過ごした。

その後ハートマンはエドガー・ウィンター・グループに加入した。グループの『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』(1972年)、『恐怖のショック療法』(1974年)、そして『謎の発光物体』(1975年)の3枚のアルバムで、ハートマンはベースを担当し、多くの曲を作ってヴォーカルを受け持った。ハートマンが曲作りとヴォーカルを担当した1972年の『フリー・ライド』はグループの2番目にヒットした代表曲になった。また、アルバム『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』に収録されているハートマン作の『オータム』は、ニュー・イングランド地域での放送局でのヒットとなった。

ハートマンは、1976年にソロとしてキャリアを開始した。まず、ジョニー・ウィンターとエドガー・ウィンター、そしてエドガー・ウィンター・グループのアルバム曲を収録したコンピレーション・アルバム『Who Is Dan Hartman?』(1976年)をリリースした。そして2枚目に、正しい意味のファースト・アルバムである『衝撃のイメージ』(1976年)をリリースした。エドガー・ウィンター・グループのメンバーであるエドガー・ウィンター、ロニー・モントローズリック・デリンジャーが参加して、ゲストとしてクラレンス・クレモンズランディ・ブレッカーをフィーチャーしたアルバムであった。

1977年10月21日から11月5日まで、ブルースの伝説のマディ・ウォーターズは、コネティカット州ウェストポートにあるハートマンのレコーディング・スタジオのスクールハウスを使用してセッションを行った。ハートマンはジョニー・ウィンターがプロデュースしたレコーディング・ボードに従って、アルバム『アイム・レディ』の制作に協力した[4]

ハートマンのディスコ・シングル『インスタント・リプレイ』は、1978年にダンス・チャートの第1位になった。そして、1979年のビルボード・ホット100では第29位になり、UKチャートでもトップ10ランク・インした。この曲に関連したアルバムでは、ハートマンはミュージシャンとしてヴィニー・ヴィンセントやG・E・スミスの協力を得たものであった。また、この曲はUKのデュオYell!のカヴァー・ヴァージョンが1990年1月のトップ10にランクインした。

続いて、友人のロリータ・ハラウェイをヴォーカルにフィーチャーした『リライト・マイ・ファイア』が、1979年にダンス・チャートの第1位になった。この曲は後にNBCトークショーTomorrowのテーマ曲に使用された。UKのグループテイク・ザットルルをフィーチャーして、『リライト・マイ・ファイア』をカヴァーして1993年にリリースした。この曲はUKチャート第1位のヒットになった。

ハートマンのディスコ・ヒット曲『ラヴ・センセーション』は1980年にアメリカのR&B歌手ロリータ・ハラウェイがパフォームしたもので、この曲がリリースされて以降185回サンプリングされている。

1984年に、映画『ストリート・オブ・ファイヤー』に使用されて、アルバム『あなたを夢みて』に収録された、同じタイトルのシングル『あなたを夢みて』でハートマンはチャートに戻ってきた。USチャートでは第6位に、再リリース時にUKチャートでは第12位にランク・インした。この曲は、映画『ストリート・オブ・ファイヤー』でストーニー・ジャクソンがリード・シンガーを演じた架空のグループ"The Sorels"によってパフォーマンスが行われていた。映画でのヴォーカルはウィンストン・フォードによるものが使用されていたが、サウンドトラックとシングル用に作成された2種類のMVではハートマンのヴォーカルが使用された。このMVの片方はハートマンがバーテンダーとして出演したもので、MTVで何度も繰り返し放送された。

ジョエル・シルバーグ監督の1984年の映画『ブレイクダンス』のサウンドトラックのためにハートマンはチャーリー・ミッドナイトと「3V」というグループ名で、『Heart of the Beat』を提供した。1984年にシングル『ウィ・アー・ザ・ヤング』がダンス・チャートで3番目の第1位になり、同じ期間中に『セカンド・ネイチャー』もダンス・チャート第40位にランク・インした。また1985年にはハートマンの曲『Talking To The Wall』が、ジェイミー・リー・カーティスジョン・トラボルタが出演した映画『パーフェクト』のサウンドトラックに使用された。

1985年とから1986年にかけて、ハートマンは『White Boy』として、後日リリース予定されていたスタジオアルバムに取り組んだ。ハートマンはアルバムに、以前の作品よりエッジの効いたより成熟したサウンドを求めていた。録音は1986年に完成したが、レコード・レーベルのMCAは以前の作品、特にアルバム『あなたを夢みて』と比較して、ハートマンのイメージに合っていないと考えて、最終的にアルバムのリリースは見送られた[5]。アルバム『White Boy』は公式にリリースされたことはなかったが、現在は、一部のテスト・プレスはコレクターが所有保していて、アルバムの一部の曲はインターネットで利用可能な状態となっている。

1988年に、ハートマンはウォルト・ディズニーのアニメーション映画『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』のために『Why Should I Worry?』をチャーリー・ミッドナイトと共作した。

1989年に、彼は最後のオリジナル・アルバムとなった、インストルメンタルによるニュー・エイジ・スタイルのスタジオ・アルバム『ニュー・グリーン』をリリースした。また、長年のコラボレーターであるチャーリー・ミッドナイトとの共作で、1990年に映画『ミュータント・タートルズ』に"Spunkadelic"よる曲の『9.95』を提供した。そして1991年には、映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ2』に『The Secret of the Ooze』を提供した。

1994年に、アルバム『ベスト・オブ・ダン・ハートマン(Keep the Fire Burnin')』がハートマンの死後にリリースされた。アルバムには、以前のヒット曲と未発表曲の素材のリミックスを収録したコンピレーション・アルバムであった。 このアルバムからは2つのシングルがリリースされた。ロリータ・ハラウェイとのデュエットによる『Keep the Fire Burnin'』および『The Love in Your Eyes』である。

ほぼ10年間、ハートマンはソングライターおよびプロデューサーとして活躍した。対象となったアーティストはティナ・ターナーダスティ・スプリングフィールドジョー・コッカーボニー・タイラーポール・ヤングジェームス・ブラウン、ノーナ・ヘンドリックス、ホリー・ジョンソン、リヴィング・イン・ア・ボックスプラズマティックススティーヴ・ウィンウッドの名前が挙げられている。

ハートマンがプロデュースして共作した、ジェームス・ブラウンの『リヴィング・イン・アメリカ』はビルボードのホット100で第4位のヒットとなった。この曲は1985年の映画『ロッキー4/炎の友情』のサウンドトラックに含まれていて、ジェームス・ブラウンのビルボードのトップ10にランク・インした最後のシングルとなった。そしてハートマンがプロデュースしたジェームス・ブラウンのアルバム『グラヴィティ(Gravity)』にも収録された。

私生活編集

ハートマンは結婚歴がなく、子供もいなかった。ハートマンが亡くなって、ハートマンの家族、両親と兄、そして妹が残された。ハートマンは公にはオープンにしていなかったゲイで、1980年代後半にHIVポジティヴと診断されていた。ハートマンの友人で共作者であったホリー・ジョンソン(元フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのメンバー)は、1991年に自身のHIVステータスを発表したが、ハートマンは終始HIVステータスを公にはしていなかった[6][7][6]

編集

コネティチカット州ウェストポートのスクールハウス("The Shcoolhous")からマルティレヴェル("Multilevel")に移り住んでいたハートマンは、1994年3月22日にAIDSに関連した脳腫瘍で自宅で亡くなった。そして遺体は火葬された。その時点でハートマンの音楽は、『リライト・マイ・ファイア』のカヴァー・ヴァージョンを好例として、ある種のリヴァイヴァル状態であった[7][1]

ハートマンのソロおよびグループでの録音、プロダクション、ソングライティングそしてコンピレーションを含めると、録音物の売上は世界中で5000万枚を超えていた。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

タイトル USA 収録曲
1976 Images -衝撃のイメージ
  • レーベル: Blue Sky
  • フォーマット: LP(PZ 34322)
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Hear My Song」  
2.「High Sign」  
3.「On The Telephone」  
4.「Thank You For The Good Times」  
5.「Lighthouse」  
6.「My Love」  
7.「Shake It Down」  
8.「Love It Too Much」  
9.「If Only I Were Stronger」  
10.「Can't Stand In The Way Of Love」  
11.「The Party's In The Back Room」  
1978 Instant Replay - インスタント・リプレイ
  • レーベル: Blue Sky
  • フォーマット: LP(JZ 35641)
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Instant Replay」  
2.「Countdown/This Is It」  
3.「Double-O-Love」  
4.「Chocolate Box」  
5.「Love Is A Natural」  
6.「Time And Space」  
1979 Relight My Fire - リライト・マイ・ファイア
  • レーベル: Blue Sky
  • フォーマット: LP(JZ 36302),Cass(JZT 36302)
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Hands Down」  
2.「Love Strong」  
3.「Vertigo / Relight My Fire」  
4.「Just For Fun」  
5.「I Love Makin' Music」  
6.「Free Ride」  
1981 It Hurts to Be in Love
  • レーベル: Blue Sky
  • フォーマット: LP(JZ 37045)
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「It Hurts To Be In Love」  
2.「Heaven In Your Arms」  
3.「My Desire」  
4.「Forever In A Moment」  
5.「All I Need」  
6.「Pick It Up」  
7.「I Still Remember」  
8.「Positive Forces」  
9.「Letter In A Song」  
10.「Hello Again」  
1984 I Can Dream About You - あなたを夢みて
  • レーベル: MCA Records
  • フォーマット: LP(MCA-5525),CD(MCAD-5525),Cass(MCAC-5525)
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「We Are The Young」  
2.「I Can Dream About You」  
3.「Shy Hearts」  
4.「I'm Not A Rolling Stone」  
5.「Rage To Live」  
6.「Name Of The Game」  
7.「Power Of A Good Love」  
8.「Second Nature」  
9.「I Can't Get Enough」  
10.「Electricity」  
1989 New Green Clear Blue - ニュー・グリーン
  • レーベル: Private Music
  • フォーマット: CD(259 937),Cass(2032-4-P)
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Sigh Of Relief」  
2.「Romance」  
3.「New Green/Clear Blue」  
4.「The Swan」  
5.「Beautiful Mist」  
6.「Alpha Waves」  
7.「Adrift In A Red Sky」  
8.「Scaramanga」  
9.「Soviet Nights」  
10.「Hope Of No End」  
11.「Home」  

リリースされなかったアルバム編集

タイトル USA 収録曲
1986 White Boy
  • レーベル: MCA Records
Standard edition
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.Waiting to See YouDan Hartman, Charlie MidnightDan Hartman, Charlie Midnight
2.「I'm Only Foolin' Myself」Hartman, MidnightHartman, Midnight
3.「The Mystery of Love」Hartman, MidnightHartman, Midnight
4.「The Age of Simulation」Hartman, MidnightHartman, Midnight
5.「In the Heat of the Night」Hartman, MidnightHartman, Midnight
6.「Circle of Light」Hartman, MidnightHartman, Midnight
7.「The First Impression」Hartman, MidnightHartman, Midnight
8.「So Many Nights Alone Without You」Hartman, MidnightHartman, Midnight
9.「Ballerina (Let Me Take You Home)」Hartman, MidnightHartman, Midnight
  • Waiting to See You (ウェイティング・トゥ・シー・ユー) - 殺したい女サウンドトラックに収録されて、1986年にシングルとして発売された。
  • 『アイム・オンリー・フーリン・マイセルフ』と『ウェイティング・トゥ・シー・ユー』の2曲は、1986年にUKのTVショー"Rock Around the Dock"で、ハートマンによってパフォーマンスが行われた。
  • I'm Only Foolin' Myself (アイム・オンリー・フーリン・マイセルフ) - ポール・ヤングのカヴァーが、アルバム『From Time to Time – The Singles Collection』に収録されて1991年に発売された。また、1992年にシングルとして発売された。

コンピレーション・アルバム編集

  • Who Is Dan Hartman? (1976年)
  • April Music (1981年)
  • 『ベスト・オブ・ダン・ハートマン』 - Keep the Fire Burnin' (1994年)
  • 『スーパーヒッツ』 - Super Hits (2004年)

MV編集

  • This Is It (1978年)
  • Instant Replay (1978年)
  • Heaven in Your Arms (1981年)
  • I Can Dream About You (1984年)
  • We Are the Young (1984年)
  • Second Nature (1984年)
  • Get Outta Town (1985年)
  • Waiting to See You (1986年)

シングル編集

Year Song U.S. Hot 100[8] U.S. R&B[9] U.S. A.C.[10] U.S. Dance[11] UK Singles Chart[12] Australian Singles Chart|Kent Music Report|Australian Singles Chart Album
1976 ハイ・サイン
"High Sign"
- - - - - - 衝撃のイメージ
Images
ライトハウス
"Lighthouse"
- - - - - -
1978 インスタント・リプレイ
"Instant Replay"
29 44 - 1 8 6 インスタント・リプレイ
Instant Replay
"Chocolate Box" - - - - - -
"Time and Space" - - - - - -
"This Is It" 91 - - - 17 -
1979 ハンズ・ダウン
"Hands Down"
- - - 26 - - リライト・マイ・ファイア
Relight My Fire
フリー・ライド
"Free Ride" 1
- - - -
ヴァーティゴ~リライト・マイ・ファイア
"Vertigo"/"Relight My Fire"
105 - - 1 - -
"Boogie All Summer" - - - - - - non-album single
1981 "It Hurts to Be in Love" 72 - - 48 - - It Hurts to Be in Love
"Heaven in Your Arms" 86 - - - - -
"All I Need" 110[13] - 41 - - -
1984 あなたを夢みて
"I Can Dream About You" 2
6 60 7 8 12 3 あなたを夢みて
I Can Dream About You
ウィ・アー・ザ・ヤング
"We Are the Young"
25 58 - 1 - -
ザ・ネーム・オブ・ザ・ゲーム
"The Name of the Game"
- - - - - -
セカンド・ネイチャー
"Second Nature"
39 - 19 40 66 -
1985 "Get Outta Town" - - - - 99 - フレッチ/殺人方程式(サウンドトラック)
Fletch (soundtrack)
1986 ウェイティング・トゥ・シー・ユー
"Waiting to See You"
- - - - - - 殺したい女(サウンドトラック)
Ruthless People (soundtrack)
1988 "The Love You Take"
with Denise Lopez(デニース・ロペス)
- - - - - - 3人のゴースト(サウンドトラック)
Scrooged (soundtrack)
1994 "Keep the Fire Burnin'"
with Loleatta Holloway (ロリータ・ハラウェイ)
- - - - 49 - ベスト・オブ・ダン・ハートマン
Keep the Fire Burnin'
"The Love in Your Eyes" - - - - - -

サウンドトラック編集

(プロデューサーとして参加したものと新曲を使用したサウンドトラック)

  • Voyage of the Rock Aliens (producer: "New Orleans") 1984
  • Breakin' - ブレイクダンス (producer: "Heart of the Beat") / (writer: "Heart of the Beat") 1984
  • Streets of Fire - ストリート・オブ・ファイヤー (producer: "I Can Dream About You") / (writer: "I Can Dream About You") 1984
  • Perfect - パーフェクト (performer: "Talking to the Wall") / (producer: "Talking to the Wall") / (writer: "Talking to the Wall") 1985
  • Fletch - フレッチ/殺人方程式 (performer: "Fletch, Get Outta Town", "Name Of The Game") / (producer: "Fletch, Get Outta Town", "Name Of The Game") / (writer: "Fletch, Get Outta Town") 1985
  • Rocky IV - ロッキー4/炎の友情 (producer: "Living In America") / (writer: "Living In America") 1985
  • Ruthless People - 殺したい女 (performer: "Waiting To See You") / (writer: "Waiting To See You") 1986
  • Harry and the Hendersons - ハリーとヘンダスン一家 (producer: "Love Lives On") 1987
  • Casual Sex? - カジュアル・セックス? (producer: "Behind Your Eyes") / (writer: "Behind Your Eyes") 1988
  • Oliver & Company - オリバー ニューヨーク子猫ものがたり (writer: "Why Should I Worry?", "Why Should I Worry? (reprise)") 1988
  • Scrooged - 3人のゴースト (performer: "The Love You Take") / (producer: "The Love You Take") / (writer: "The Love You Take") 1988
  • Teenage Mutant Ninja Turtles II - The Secret of the Ooze - ミュータント・ニンジャ・タートルズ2 (performer: "(That's Your) Consciousness") / (writer: "(That's Your) Consciousness") 1991

プロデュースしたアルバム編集

  • 38 Special - (38 Special album) - 1977 『38スペシャル』 38スペシャル
  • Blast (Holly Johnson album) - 1989 『ブラスト』 ホリー・ジョンソン
  • Coup de Grace (Plasmatics album) - 2000
  • Cupid's in Fashion (Average White Band Album) - 1982 『キューピッズ・イン・ファッション』 アヴェレイジ・ホワイト・バンド
  • Dreams That Money Can't Buy (Holly Johnson Album) - 1991 『ドリームス・ザット・マネー・キャント・バイ』 ホリー・ジョンソン
  • Gravity (James Brown album) - 1986 『グラヴィティ』 ジェームス・ブラウン
  • Joy (Paul King album) - 1987 『JOY-歓び-』 ポール・キング
  • Night Shift (Foghat album) - 1976 『ナイト・シフト』 フォガット
  • Put Your Love in Me: Love Songs for the Apocalypse (Plasmatics greatest hits album) - 2002
  • Reputation (Dusty Springfield album) - 1990 『レピュテーションダスティ・スプリングフィールド
  • Reputation and Rarities (Dusty Springfield album) - 1997
  • Special Delivery (38 Special album) - 1978 『スペシャル・デリバリー』 38スペシャル
  • Unchain My Heart (Joe Cocker album) - 1987 『アンチェイン・マイ・ハート』 ジョー・コッカー

レガシー編集

参照編集

  1. ^ a b “Dan Hartman Dies; Songwriter Was 43”. The New York Times. (1994年4月7日). オリジナルの2012年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120412020056/https://www.nytimes.com/1994/04/07/obituaries/dan-hartman-dies-songwriter-was-43.html 2012年1月22日閲覧。 
  2. ^ “Soul icon Loleatta Holloway dies from heart failure at age 64”. Daily Mail. (2011年3月23日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1368889/Loleatta-Holloway-dies-heart-failure-age-64.html 2015年11月22日閲覧。 
  3. ^ Dan Hartman - Biography”. 2012年9月13日閲覧。
  4. ^ Muddy Waters: Life After Chess”. 2016年8月16日閲覧。
  5. ^ Dan Hartman manages to turn a career valley into a peak, Mary Campbell, AP, March 7, 1989
  6. ^ a b Tribute from Holly Johnson”. Danhartman.com. 2016年8月7日閲覧。
  7. ^ a b Johnson, Bryan (December 18, 2011). "10 More Notable People Who Died from AIDS @Listverse.com Retrieved 12-10-2017.
  8. ^ Whitburn, Joel. Top Pop Singles 1955–2002. Menomonee Falls, WI; Record Research Books, 2003, p. 304
  9. ^ Whitburn, Joel. Top R&B Singles 1942–1995. Menomonee Falls, WI; Record Research Books, 1996, p. 184.
  10. ^ Whitburn, Joel. Top Adult Contemporary 1961–2001. Menomonee Falls, WI; Record Research Books, 2002, p. 112.
  11. ^ Whitburn, Joel. Hot Dance/Disco 1974–2003. Menomonee Falls, WI; Record Research Books, 2004, p. 118.
  12. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 245. ISBN 1-904994-10-5 
  13. ^ Bubbling Under – Singles and Albums – 1998 Edition: Joel Whitburn: 9780898201284: Amazon.com: Books
  14. ^ Here Are Hundreds More Artists Whose Tapes Were Destroyed in the UMG Fire”. The New York Times (2019年6月25日). 2019年6月28日閲覧。

外部リンク編集