メインメニューを開く
チキン弁当
(NRE大増製造・関東版)

チキン弁当(チキンべんとう)は、1964年10月に日本食堂(現:日本レストランエンタプライズ)が発売開始した駅弁である。献立の内容は何度か変更されているが、中心は「チキンライス(ケチャップライス)に唐揚げ」であることに変化はない。2009年3月からはジェイアール東海パッセンジャーズからも同名の駅弁の発売が開始された。

目次

献立編集

日本レストランエンタプライズ編集

現在、関東地方版があり、関東地方版は羽田空港空弁)、鉄道博物館でも販売されている。 また、仙台地区版が一時存在していた(販売休止中)。

関東地方版(NRE大増製)
卵そぼろとグリンピースの乗ったチキンライス、鶏唐揚げ、付け合わせ(ポテトサラダスモークチーズなど)
羽田空港、鉄道博物館でも販売
仙台地区版(NRE仙台調理センター製)
卵そぼろとグリンピースの乗ったチキンライス、鶏唐揚げ、オニオンリングフライ、ポテトフライ、サンチェ

復刻チキン弁当編集

イベント等で売られる復刻版の献立は以下の通りである。価格は通常版と同一。

マッシュルームとグリンピースの乗ったチキンライス、鶏唐揚げ、ポテトチップ、生姜甘酢漬け

ジェイアール東海パッセンジャーズ編集

2009年3月1日から東京駅品川駅新横浜駅名古屋駅京都駅新大阪駅の売店及び一部の東海道新幹線車内で発売が開始された。国産鶏を使用した唐揚げはカレー味と生姜味の2種類がある。

歴史編集

  • 1964年10月 - 発売開始。ごはんとおかずの二段重ねのパッケージ。販売価格(200円)は当時の幕の内弁当の価格(150円)よりも高価であった。
    • 復刻版に同梱のしおりによれば、新幹線食堂車の洋食コックが新幹線乗務前に日本食堂品川営業所にて調製していたのがはじまりという。
  • 1974年 - 東京駅で販売される商品のパッケージを現在の一段タイプに変更。
  • 1988年 - 日本食堂がJR旅客6社のグループ企業に分社され、JR東海管内の事業がJダイナー東海(現:ジェイアール東海パッセンジャーズ)に移行、同社調製分はチキン弁当と同様の内容ながら商品名が「チキンバスケット」に変更された。
    • 「チキンバスケット」はその後姿を消すが、2009年に「チキン弁当」として再登場する。
  • 2004年2月 - 鳥インフルエンザの影響により鶏肉の入手が難しくなったため販売を中止。
  • 2004年7月 - 販売再開。
  • 2006年4月 - 登場当初のパッケージと内容を再現した復刻版「チキン弁当」を二日間限定で販売(なお、復刻版はその後も何度か販売している)。
  • 2009年3月 - ジェイアール東海パッセンジャーズからも「チキン弁当」が発売。
  • 2018年3月 - テレビアニメ新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の中で、主人公、速杉ハヤトの好物の駅弁として作中に登場。同年7月にはシンカリオン3体(E5・E6・E7)が描かれたパッケージのチキン弁当が販売された。[1]

著名人編集

  • 第125代天皇上皇明仁の好物である、という皇室担当記者による記事がある[2]
  • 泉麻人は、チキン弁当を買うのが常である[3]

脚注編集

外部リンク編集