メインメニューを開く

あらすじ編集

南北戦争後のニューメキシコ。ペコス川周辺の広大な土地を所有する大牧場主チザムは、法律を遵守し、かつて戦ったコマンチに対しても尊敬を忘れない、信念の男だった。戦争も終わり一見平和になったものの、リンカーンの町では、勢力を伸ばしてきたマーフィー商会が銀行を経営し、商店を買い取って町を牛耳り始めていた。 経営者のマーフィー(フォレスト・タッカー)は策略家で、保安官のブレイディ(ブルース・キャボット)は彼の手下も同然であり、さらにはならず者を雇って近隣の牧場から牛馬を盗むことを繰り返すだけでなく、軍隊や知事をも抱き込んでいこうとしていた。

そのような中、ボルティモアからやってきたチザムの姪のサリー(パメラ・マクマイラ)の歓迎会が開かれる。好意的な地主のヘンリー・タンストール(パトリック・ノウルズ)。そして彼に雇われている腕の立つ若者ウィリアム・ボニー(=ビリー・ザ・キッド)(ジェフリー・デュエル)。チザムの部下を助けたパット・ギャレット(グレン・コーベット)。そしてマーフィーに弁護士として雇われてたまたまサリーと同行して町に来たマクスウィーン(アンドリュー・プライン)夫妻なども招待されていた。ビリーの無頼の過去を知っていたチザムではあったが、惹かれあっていく二人にあえて口出しはしなかった。

やがて、勢力拡大を狙って無謀な値上げを行うなどのマーフィー商会の専横に、チザムとタンストールは銀行や雑貨店を設立して対抗することに決める。経営は、マーフィーのやり方に賛同できずに彼の下を離れたマクスウィーンに任されることになる。

さっそくサンタフェまでの雑貨買い付けの荷馬車隊が出発し、ビリーとパットは警護のために同行する。マーフィーに雇われているエヴァンス(リチャード・ジャッケル)に荷馬車隊は襲われるが、十分に武装されていて撃退してしまう。ビリーは戦闘で負傷し、襲撃に怒ったチザムはマーフィーと対決しようとするが、タンストールとマクスウィーンにたしなめられ、決戦を予感しつつも一旦怒りを収める。

マクスウィーンの店と銀行は繁盛し、マーフィー商会は追い込まれていく。更に、タンストールは不正を告発しようと、知事のいるサンタフェへと出発するが、牛泥棒の濡れ衣を着せられ、保安官助手に殺されてしまう。 判事が町に到着し、一旦事態は落ち着くかに見えたものの、復讐に燃えるビリーが保安官助手、そして保安官も射殺して逃亡し、事態はいよいよ抜き差しならなくなっていく。

マーフィーは、ビリーに恨みを持つ賞金稼ぎのノディーン(クリストファー・ジョージ)を後任の保安官に据え、ビリーを捕まえてチザムを追いつめようとする。ビリーはマクスウィーンの店にダイナマイトを手に入れにようと侵入するが、ノディーンに気付かれ、町中で銃撃戦が始まる。

解放されたスー(リンダ・デイ・ジョージ)の知らせで、チザムも覚悟を決めて町へ決着をつけに乗り込んでいく。道に築かれたバリケードは牛の大群に打ち破られ、なだれ込んだチザム一家は、マーフィーの一味を一掃する。

紛争は終結し、ビリーは逃走したノディーンを追って町を去り、保安官に任命されたパットは、サリーと暮らし始めていく。

キャスト編集

※テレビ放映:NET日曜洋画劇場1975年11月16日

スタッフ編集

外部リンク編集