井上真樹夫

日本の俳優、男性声優、作詞家 (1938-2019)

井上 真樹夫(いのうえ まきお、1938年昭和13年〉11月30日[5][9][注 1] - 2019年令和元年〉11月29日[10])は、日本俳優声優作詞家山梨県甲府市出身[4][5][3]青二プロダクションに所属していた。

いのうえ まきお
井上 真樹夫
1962年
1962年
プロフィール
本名 井上 孝夫(いのうえ たかお)[1][2][3]
愛称 マッキー
性別 男性
出身地 日本の旗 日本山梨県甲府市[4][3]
死没地 日本の旗 日本千葉県
生年月日 (1938-11-30) 1938年11月30日
没年月日 (2019-11-29) 2019年11月29日(80歳没)
血液型 O型[5]
職業 俳優声優作詞家
事務所 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 あり
公式サイト 井上真樹夫 オフィシャルWEB
公称サイズ(時期不明)[7]
身長 / 体重 165[6] cm / 58 kg
声優活動
活動期間 1960年 - 2019年
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作ドビーの青春[8]
俳優活動
活動期間 1954年 - 2019年
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

略歴 編集

生い立ち 編集

山梨県甲府盆地の南端の田園地帯で生まれ育つ[9]。小学2年生の時には兄に手を引かれ、田んぼの向こうの工場で行われた村芝居を見ていたという[2][9]。その後、一家とともに東京に移住し[9]、中学生の時、移動劇団の『チルチルミチル』を観劇したことがきっかけで芝居の道を志す[11]

東京都立文京高等学校[2][12]に進学後、在校中に東京アナウンス・アカデミーへ入学[9]。16歳頃にはテレビドラマに出演を開始し、演劇部の活動にも熱中[9]。高校3年生の時には教師に「芝居はほどほどにして受験勉強を」と説教されるが、これに猛反発し「だったら意地でも芝居やってやる」と決意[2]。卒業間近であったが、東京都立北園高等学校[2][12]夜間部に転校した[9]

キャリア 編集

1960年頃には寺山修司インスパイアされ、寺山と対面したのち[13]、友人と共にアングラ劇団(劇団表現座)を設立[8]。旗揚げ公演の『アダージョ』では主演を務めた[14]。なお、設立直後には寺山から天井桟敷の設立に誘われたことがあったという[15]

しばらくして、舞台の成立が困難になったり生活が苦しくなったりしたため「お金を稼がなきゃ」と思っていたところ、知り合いのマネージャーに誘われ『ドビーの青春』の吹き替えオーディションに参加、主役に抜擢され出演したことがきっかけとなり、声優業を行うようになる[8][16]。アニメでのデビューは『鉄腕アトム (アニメ第1作)[3]

児童劇団白樺[17]、蟻の会[17]、つくしグループ(創立メンバー)[17]文学座[18]、草の会[18]、劇団表現座[18]、富士放送プロを経て青二プロダクションに所属、アニメにも多数出演するようになり、第1次声優ブームが起きると富山敬神谷明と共に「声優御三家」の一人となる[19]

晩年・死去 編集

2017年10月から自身のTwitterアカウントを開設し[注 2][20]、80歳を超えた後も「キングダム ハーツ シリーズ」でマスター・エラクゥス役として出演していた他、講演会・読み聞かせの開催、「伊能 絵巻(いのう えまき)」名義での作詩活動や小説の執筆など晩年も精力的に活動を行っていた。死去の4ヶ月前には「生涯現役プロジェクト」を掲げ、10月からYouTubeチャンネルを開設し、スタッフとのウェブラジオ配信も開始していた[20][21]

自身の誕生日の前日である2019年11月29日、持病の狭心症が悪化し急性心臓死を発症したため、千葉県内の自宅で死去[10][22]。80歳没。ゲーム『スーパーロボット大戦T』でのハーロックが遺作となり[23]、声優としての最後の仕事は、同年2月に収録された『劇場版銀河鉄道999』40周年記念企画上映会用のコメントとなった[24]。「生涯現役プロジェクト」についてはスタッフや井上の家族により、今後も継続されることが発表された[25][26]

特色・人物 編集

声種バリトン[27]

声優業では主人公から悪役までさまざまな役をこなしている。『宇宙海賊キャプテンハーロック』のハーロックの前に主役を演じていたのは『男どアホウ甲子園』の藤村甲子園、『ミクロイドS』のヤンマといった明るいキャラクターが多かった[28]。なかでもクールな二枚目役を得意とし[4]花形満などのライバル役を演じることが多かった。井上自身は1970年代のインタビューで「半分大人っぽいような、半分子どもっぽいような不安定な年齢層の役が多いですね。言いかえれば少年あがりの青年役ですか」「僕の中に演技的な流れがあるとすれば、少年風なものとニヒルでクールなものの二つの流れだと思うんです」としている[16]

第二次世界大戦を経験。7歳頃に甲府空襲で自宅を失い、その影響による栄養失調で乳幼児だった末弟を亡くしている[29][30][31]。このことは「思い出したくない」と長年公表していなかったが、最晩年には戦争体験を語れる世代が減り「戦争をしたがる人、不感症の人が増えてきた」と感じたことから、SNSや講演会で話すことがあった[32][33]

漫画家になりたかった時期もあり、小学校時代は、家に帰ると、隣の男子と物置きに閉じこもっており、画用紙とペンを持って毎日一生懸命描いていたという[3]。あの頃は手塚治虫がうけていたことから、手塚治虫の模写を一生懸命していたという[3]

役者になる前は詩人になることを志望しており、学生時代には吉田一穂門下の添田邦裕に弟子入りしたこともある。そのため、日本作詩家協会に所属していたほか、『アニメージュ』で詩の連載をしたこともあった[注 3]。なお、芸名の「真樹夫」は、弟子入りの際名付けられた筆名「真樹岑」(読み同じ)を読みやすく変えたものである[34]

かつてはフランス映画が好きであり、それが高じて高校卒業後はアテネ・フランセ仏語科に進学していた。同期生にはなかにし礼がいる[35]

晩年は禅宗となり、慈孝という僧名を持っていた[36]ほか、千葉県内の寺で住職を務めていた[10]小林清志羽佐間道夫との対談で井上が「住職の息子」だと発言している[37]が、これについて井上本人は「息子ではない」と否定している[38]。また、長期休暇には山寺に籠もり数日間ひたすら坐禅するなど修行の旅にも出ていた[39]

趣味は古書収集[40]。読書家であり、小林清志は井上を追悼コメントの中で「なかなかの文学青年だった」と評している[41]。また、パソコンにも造詣が深く、本人曰く「8ビット時代から25台ほどつぶしている」とのこと[42]

落語家三遊亭小圓遊は同じ高校の1年先輩であり、演劇部で一緒だったことから親交があった[43][44]

ルパン三世』で共演していた栗田貫一は、追悼の際に「いつもいつも優しくしてくれた素晴らしい大先輩でした」とコメントしている[41]

仕事に対する姿勢 編集

井上がデビューしたころの声優業は、「あいつは吹き替えをやっている」と笑われることもあるなど「舞台俳優が片手間にアルバイト感覚でやっている」という認識が強く、自身も稼ぐために始めたこともあって、しばらくは声優業に否定的な考えを持ちながら行なっていた[8]。だが、アニメや声優がブームになり地位が確立されると、徐々に「やりがいのある仕事」に変わっていったという[3]。また、ブームを支持したファンには「仕事そのものの価値が今までの僕等の価値観ではとらえられないものに変ったんですね。その価値を皆さんが与えて下さったんです」「僕の人生観を変えさせてくれ、わずかではあるけども演技観も変えさせてくれるものだった」と感謝を表している[3]

「声優である以前に俳優である」という姿勢とポリシーを抱いており、「声優」という呼ばれ方はあまり好ましく思っていなかった[45]。また、そのようにありたいという思想から、1990年代には舞台を敬遠する若手声優に「憤りの感情を抱いている」という主旨の発言をしていた[45]。ただし、晩年の2017年には「確かに昔はそういうことをずいぶん言っていましたけど、今はもうそういうことを言っても仕方がない」とも語っている[46]

近年の若手声優に対しては「最近は即席の声優がたくさん出てきているが、演技の勉強が根本的に足りていない。もちろん、素晴らしい演技をしている声優はたくさんいる。でも、『これはまだだな』という演技の子も平気で活躍しているのは、あまり良いことではない」と語り、「どこかで聞いたことのあるような、口先の演技が横行していることはどうしても許せない。プロである以上は、オリジナリティを出してほしい。真似はダメだ」という思いを述べている[46]

役作りについて「アニメだろうが、洋画だろうが、そのキャラクターの内面を想像して、その中に自分を入れ込む作業だから、何かを持ってきて参考にして、というのはやらない。もし、それをやってしまったらどこか物まね的になってしまう。とことん自分が考え、思い詰めていく中で何かが出てくる、それが役者の仕事なんだよ」と発言している[47]

役作りの一環として、アフレコの際は演じる役と同じ、またはそれに近い衣装を着て行なっている[48]。『ルパン三世』の石川五ェ門を演じる際は、作務衣を着ていたという[37][49]

エピソード 編集

洋画の吹き替えで思い出深い作品に、これまで『冬のライオン』『ロンリーマン』『誓いの休暇』『陽のあたる場所[50]』を挙げている[16]

花形満 編集

巨人の星』の花形満について、演じた際には「キャラクターとの関係と役者との関係も同じようにする」というスタンスでライバル関係である星飛雄馬役の古谷徹とは意図的に親しく接することはなく、収録が終わってからそれは演技に集中するためだったと古谷に明かして謝ったという。ただし後年、この話題に「それはちょっと誤解が入ってる。俺の言い方が悪かったのかもしれないけど、実際は別にそんな避けていたわけじゃない。単に、あっちが中学生で話題がなかったんだよ。当時俺はもう29歳だったけど、アイツはスタジオで宿題とかやってるんだから(笑)」とも語っている[51]

石川五ェ門 編集

ルパン三世』シリーズでは、1977年昭和52年)放送の『ルパン三世』(TV第2シリーズ)から2010年平成22年)放送の『ルパン三世 the Last Job』まで、二代目として長年にわたり石川五ェ門を演じていた。

ルパン三世』(TV第1シリーズ)での大塚周夫から引き継ぐ形であったが、起用に際して「ハードな殺気をまとう男から若く甘いイケメンの剣豪へとキャラクターが代わり、声優交代が必要だ」と説明を受けたという[52]。そのため、視聴者から大塚と比較されることへの苦悩もありつつ[53]、演じる際は自身のカラーを出すことに留意したという[54]

井上は五ェ門について、自身の代表作の一つであり大事なキャラクターで、「人生に有形無形の関りがあった」と発言している[54]。また「(五ェ門は)当初は二枚目だったが、途中からストーリーの都合で性格が一番変化させられることが多いキャラクターとなり、それも作品の深まりと捉え楽しくやることができた」と語っている[54]ほか、少ない台詞の中で存在感を出すことがいつも苦労する[55]と共に、五ェ門を演じる醍醐味でもあったという[56]

これまで演じた中で思い出深いルパン作品には、『TV第2シリーズ』第112話「五右ヱ門危機一髪」や『ルパン三世 燃えよ斬鉄剣』を挙げている[54][57]

ルパン三世 風魔一族の陰謀』でレギュラー声優陣が一新された際は五ェ門役も一時的に塩沢兼人に交代したが、この件については2019年に「(Wikipediaの本項を通読した限りで感じたこととして)声優陣の交替は制作者の反乱である」と評し「残念なのは原作者の厳命を裏切り、声優に極秘だった点だ。セコさが悲しい」と語っている[58]

原作者のモンキー・パンチが死去した際は「漫画・アニメ界の『巨星墜つ』の感一入です。「ルパン三世」ラストジョブまで33年間大変お世話になりました」とコメントし、報道のあった日はSNSを控え喪に服した[59]。その後、井上が死去した際には長年同シリーズで共演した小林清志が「五ェ門おまえもか!残されたのは不二子ちゃんとオレ次元と二人だけ[注 4]になっちまった。斬鉄剣も泣いている。」と追悼コメントを出している[41]

ハーロック 編集

『宇宙海賊キャプテンハーロック』の主人公・ハーロックという役はどういう経緯で話が来たのかは分からないが、当時は2004年時点ほどのアニメブームではなく、軽い気持ちで引き受けたという[28]。「あのマンガで有名なハーロックを俺がやるんだ」という気負った感じはなく、「お仕事1本入りました〜」のような割と気楽な感じであった[28]。当時、井上も含め多くの大人はアニメ自体に2004年時点ほど魅力を感じておらず、期待もしていなかった[28]。ただし、段々とアニメブームが盛り上がってきて、「これはすごいことになるな」という予感はしていたという[28]

ハーロックを演じるにあたり、原作のファンにとっては固定したハーロックのイメージがあるので、その期待にこたえられるか不安だったという。役作りでは今までで一番苦労したとのことで、男の悲哀や強さをさまざまな場面、台詞で重層的に表現しなくてはならず、声や口調もそれまでのアニメの主人公と違って派手に叫んだりはせず、抑えて演じたとのことである[60]

声帯ポリープ切除のため[61]2話分休演しており、全話出演を果たせなかったことについては心残りだと語っている[60]。その一方で、代演を務めた徳丸完には感謝をしており[62]、井上の復帰と続投を決めたプロデューサーの田宮武に関しては「恩人」と語っている[63]

2001年頃を境にハーロックは演じる機会はなかったが、2014年の『アオイホノオ』の劇中アニメで13年ぶりに、更に5年後の2019年にはゲーム『スーパーロボット大戦T』で再びハーロックを演じたが、前述したとおりこれが井上の遺作になった。同作プロデューサーの寺田貴信は「井上さんは物凄く拘ってハーロックを演じておられ、こちらからOKを出した台詞を自らリテイクされるなど、ご年齢を感じさせないお仕事ぶりでした」と語っている。そして収録後には「この歳になって、またハーロックを演じられるとは思っていなかった。ありがとう」という旨の言葉をもらったという[23]

実写作品 編集

2013年には製作者たちが井上のファンであったことから、TBSドラマ『安堂ロイド』に俳優として大物政治家役でゲスト出演、続けて翌2014年にドラマ『家族狩り』にレギュラー出演し、認知症老人の役を演じている[64]

年齢を重ねてからの実写作品での活躍について井上は、「(それまでハンサムな役が多かったため)僕をイケメンだと思ってくださる方もいて、ずっとプレッシャーでした。この年齢になって、自分の姿で演じることができて本当に嬉しいです」と喜びを語っている[65]

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ 編集

映画 編集

テレビアニメ 編集

1963年
1964年
1965年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

劇場アニメ 編集

1969年
1978年
1979年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1995年
1996年

OVA 編集

ゲーム 編集

1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2008年
2010年
2013年
2014年
2019年

吹き替え 編集

俳優 編集

キア・デュリア

デヴィッド・マッカラム

ホルスト・ブッフホルツ

映画 編集

テレビドラマ・番組 編集

海外人形劇 編集

  • キャプテン・スカーレット ミステロン探知機を出せ!(インディゴ大尉)
  • サンダーバード
    • 原子炉の危機(オーストラリア灌漑用原子ステーションのアナウンス、広報士官、アフリカ灌漑用原子炉管制官コリンズ)
    • 火星人の来襲(ブライアン)

海外アニメ 編集

テレビ番組 編集

ナレーション 編集

特撮 編集

人形劇 編集

CM 編集

※以下は花形満役で声の出演

パチンコ 編集

ラジオ 編集

Web配信 編集

  • マッキーとSui-seiのダベラジッ!(2019年、YouTube)※事実上の遺作。

ラジオドラマ 編集

レコード 編集

その他 編集

執筆 編集

著作 編集

  • 虹のシャワー(朝日ソノラマISBN 978-4-257-60016-9)※エッセイ集、1982年8月発売
  • たんぽぽぽんぷぷかぷかどんどん(アニメージュで1年間連載された詩画集)
  • 声優殺しはなぜ起きたか?(未発表作[137]

文庫解説 編集

脚本・演出 編集

  • ファンキー・ホラー・ナイト(ラジオドラマ)

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 各種『俳優名鑑』などのデータベースには「1940年生まれ」と紹介されていたが、2012年頃のTwitterでのファンとのやり取りで1938年の同日生まれである事を公言した[信頼性要検証]
  2. ^ 現在は削除されているが、2012年頃にも「声詩禅(abbr.)」としてアカウントを開設していた時期があった。
  3. ^ 「たんぽぽぽんぷぷかぷかどんどん」
  4. ^ 長期にわたり固定され、広く知られていた『TV第2シリーズ』以降のキャスト中であることを指している。
  5. ^ 40、41話のみ。
  6. ^ 「時間城の海賊」を映像化した第79-81話での、エンディングのクレジット表記。正体はハーロック。

シリーズ一覧

  1. ^ 『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『PORTABLE』(2006年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』『3D』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)
  2. ^ 『イスカンダルへの追憶』(2004年)、『暗黒星団帝国の逆襲』『 二重銀河の崩壊』(2005年)

出典 編集

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、360頁。ISBN 4-415-00878-X 
  2. ^ a b c d e f アニメージュ編集部「井上真樹夫 マイクにぶつける"端正"な生きざま」『アニメ声優24時』徳間書店、1981年7月31日、37-42頁。 
  3. ^ a b c d e f g h i 「声優インタビュー 井上真樹夫さんの巻」『月刊OUT』1980年4月号、みのり書房、1980年4月、57-62頁。 
  4. ^ a b c d さらば五ェ門、花形満…声優・井上真樹夫さん逝く」『』デイリースポーツ online、2019年12月3日。2019年12月16日閲覧。
  5. ^ a b c d 自己紹介”. 井上真樹夫 オフィシャルWEB. 2019年8月10日閲覧。
  6. ^ 青二プロダクション 井上真樹夫(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2019年12月16日閲覧。
  7. ^ 井上 真樹夫” (PDF). 青二プロダクション公式サイト. 青二プロダクション. 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月4日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 井上真樹夫『ハーロック、石川五エ門など数々の二枚目キャラを演じてきた声優・井上真樹夫の役者道』(インタビュアー:古川登志夫平野文)、otocoto、2017年1月27日https://otocoto.jp/interview/inouemakio-1/2019年5月23日閲覧 
  9. ^ a b c d e f g h 勝田久「file No.3 井上真樹夫」『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年2月22日、123-128頁。ISBN 978-4-905447-77-1 
  10. ^ a b c d 五ェ門死す…井上真樹夫さん80歳、急性心臓死 声優以外にもマルチな才能」『Sponichi Annex』、2019年12月3日。2022年9月6日閲覧。
  11. ^ InoueMaquioの2019年4月11日のツイート2022年9月6日閲覧。
  12. ^ a b 「勝田久の日本声優列伝」『マイアニメ』1981年6月号、秋田書店、1981年5月、132-133頁。 
  13. ^ InoueMaquioの2019年7月7日のツイート2023年1月27日閲覧。
  14. ^ InoueMaquioの2018年9月24日のツイート2023年1月27日閲覧。
  15. ^ InoueMaquioの2019年7月7日のツイート2023年1月27日閲覧。
  16. ^ a b c d 阿部邦雄「第2部 人気声優インタビュー60人集」『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』近代映画社、1979年、181-183頁。ASIN B000J8GGHO 
  17. ^ a b c 「い」『タレント名鑑』《NO2》芸能春秋社、1963年、8頁。 
  18. ^ a b c 『近代映画』9月号、近代映画社、1979年。 
  19. ^ 肝付兼太あの声、あのキャラ、あの作品 肝付兼太と『ギャートルズ』(3)』(インタビュー)、スタジオ雄、2005年7月18日http://www.style.fm/as/13_special/mini_050718.shtml2019年5月23日閲覧 
  20. ^ a b c 【訃報】「ルパン三世」石川五ェ門役などで知られる声優・井上真樹夫さん死去」『GIGAZINE』、2019年12月2日。2019年12月2日閲覧。
  21. ^ 『ルパン三世』石川五ェ門役(二代目)の井上真樹夫さん死去 今年「生涯現役プロジェクト」を掲げ精力的に活動」『おたぽる』、2019年12月2日。2019年12月2日閲覧。
  22. ^ 声優・井上真樹夫さん死去 「ルパン三世」二代目・石川五ェ門役」『ORICON NEWS』、2019年12月2日。2019年12月2日閲覧。
  23. ^ a b c 寺田貴信 (2019年12月3日). “追悼 井上真樹夫さん”. スーパーロボット大戦 オフィシャルブログ 熱血!必中!スパログ!. 2019年12月7日閲覧。
  24. ^ 声優・井上真樹夫さん死す 石川五ェ門、花形満など数々の役こなす」『サンケイスポーツ』、2019年12月3日。2022年6月5日閲覧。
  25. ^ maquiostuff1202468458287362049のツイート2022年9月6日閲覧。
  26. ^ MaquioSupportの2019年12月9日のツイート2022年9月6日閲覧。
  27. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、71頁。 
  28. ^ a b c d e f 「井上真樹夫」『甦る!東映アニメアンソロジー02 宇宙海賊キャプテンハーロック&銀河鉄道999 海賊+旅人』毎日コミュニケーションズ、2004年11月、22-26頁。ISBN 978-4-8399-1643-5 
  29. ^ InoueMaquioの2018年8月21日のツイート2022年11月23日閲覧。
  30. ^ InoueMaquioの2019年4月25日のツイート2022年11月23日閲覧。
  31. ^ InoueMaquioの2019年6月28日のツイート2022年11月23日閲覧。
  32. ^ InoueMaquioの2018年9月30日のツイート2022年11月23日閲覧。
  33. ^ InoueMaquioの2019年5月11日のツイート2022年11月23日閲覧。
  34. ^ InoueMaquioの2019年7月25日のツイート2022年9月6日閲覧。
  35. ^ InoueMaquioの2019年3月26日のツイート2022年9月6日閲覧。
  36. ^ InoueMaquioの2019年4月15日のツイート2022年9月6日閲覧。
  37. ^ a b c 『ルパン三世』次元大介役・小林清志が語る、声優とアニメの現在地”. 本がすき。. 2019年5月23日閲覧。
  38. ^ InoueMaquioの2019年6月6日のツイート2022年9月6日閲覧。
  39. ^ InoueMaquioの2019年5月6日のツイート2022年11月23日閲覧。
  40. ^ 「愛・勇気・青春 そして 君へ」プロフィール欄。
  41. ^ a b c d ルパン「いつも優しく」、次元「斬鉄剣も泣いている」 石川五ェ門声優・井上真樹夫さん悼む」『スポーツ報知』。2019年12月10日閲覧。
  42. ^ InoueMaquioの2019年3月26日のツイート2022年9月6日閲覧。
  43. ^ InoueMaquioの2019年5月26日のツイート2022年9月6日閲覧。
  44. ^ 週刊現代』、講談社、1980年10月26日、47 - 49頁。 
  45. ^ a b c 「座談会 ルパン三世、夢の風景」『声優グランプリ』、主婦の友社、1996年8月。 
  46. ^ a b c 井上真樹夫『ハーロック、石川五エ門など数々の二枚目キャラを演じてきた声優・井上真樹夫の役者道』(インタビュアー:古川登志夫、平野文)、otocoto、2017年1月26日https://otocoto.jp/interview/inouemakio-1/2/2019年5月23日閲覧 
  47. ^ a b 井上真樹夫『声優・井上真樹夫が語る『巨人の星』『ルパン三世』『機動戦士ガンダム』伝説のアニメ制作秘話』(インタビュアー:古川登志夫、平野文)、otocoto、2017年2月1日https://otocoto.jp/interview/inouemakio-2/2019年5月23日閲覧 
  48. ^ InoueMaquioの2019年4月9日のツイート2022年9月6日閲覧。
  49. ^ InoueMaquioの2019年4月24日のツイート2022年9月6日閲覧。
  50. ^ InoueMaquioの2019年4月9日のツイート2022年9月6日閲覧。
  51. ^ a b 井上真樹夫『声優・井上真樹夫が語る『巨人の星』『ルパン三世』『機動戦士ガンダム』伝説のアニメ制作秘話』(インタビュアー:古川登志夫、平野文)、otocoto、2017年1月26日https://otocoto.jp/interview/inouemakio-2/2/2019年5月23日閲覧 
  52. ^ InoueMaquioの2019年3月8日のツイート2023年1月27日閲覧。
  53. ^ InoueMaquioの2019年10月25日のツイート2023年1月27日閲覧。
  54. ^ a b c d e 井上真樹夫「THE PERFORMERS ―その声の魅力―」『ルパン三世 Master File』(DVD・Blu-ray)バップ、2012年。 オリジナルの2014年10月16日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20141016215527/http://lupin40.com/disk/index3.html2023年1月27日閲覧 
  55. ^ ルパン三世 バビロンの黄金伝説』映画パンフレットより
  56. ^ maquiostuffの2020年8月5日のツイート2022年9月6日閲覧。
  57. ^ InoueMaquioの2019年4月9日のツイート2022年9月6日閲覧。
  58. ^ 井上真樹夫 [@InoueMaquio] (2019年7月15日). "本人の投稿". X(旧Twitter)より2021年10月16日閲覧
  59. ^ InoueMaquioの2019年4月17日のツイート2022年9月6日閲覧。
  60. ^ a b c 『宇宙海賊キャプテンハーロック』徳間書店〈ロマンアルバム デラックス 30〉、1980年、75頁。ASIN B07G6L87SK 
  61. ^ InoueMaquioの2019年3月14日のツイート2022年9月6日閲覧。
  62. ^ InoueMaquioの2018年9月8日のツイート2023年1月27日閲覧。
  63. ^ InoueMaquioの2019年7月18日のツイート2023年1月27日閲覧。
  64. ^ 木俣冬ハーロックが認知症。アニメ世代に老いの現実を実感させる仕掛けなのか「家族狩り」2話」『エキサイトニュース』エキサイト、2014年7月18日。2014年7月26日閲覧。
  65. ^ 尾崎由美「TVフェイス」『朝日新聞』、2014年7月5日、29面。
  66. ^ a b 巨人の星”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  67. ^ a b 新・巨人の星”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  68. ^ a b 新・巨人の星II”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  69. ^ InoueMaquioの2019年6月5日のツイート2024年2月20日閲覧。
  70. ^ 原始少年リュウ”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  71. ^ さすらいの太陽”. メディア芸術データベース. 2022年9月6日閲覧。
  72. ^ a b 赤胴鈴之助”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月3日閲覧。
  73. ^ 読売新聞』1972年1月31日付朝刊テレビ欄。
  74. ^ a b 侍ジャイアンツ”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月3日閲覧。
  75. ^ ミクロイドS”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  76. ^ a b 岩佐陽一 編「『ゲッターロボ』『ゲッターロボG』ゲスト・キャスト一覧」『ゲッターロボ大全』双葉社、1998年10月15日、210頁。ISBN 4-575-28885-3 
  77. ^ katsuji_moriの2019年12月2日のツイート2022年9月6日閲覧。
  78. ^ 少年徳川家康”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  79. ^ キャンディ・キャンディ : 作品情報”. アニメハック. 映画.com. 2020年12月4日閲覧。
  80. ^ 大空魔竜ガイキング”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  81. ^ 岩佐陽一 編「第1章 超電磁ロボ コン・バトラーV 各話解析」『長浜忠夫ロマンロボットアニメの世界 コン・バトラーV ボルテスV ダイモス ダルタニアス大全』双葉社、2003年7月15日、43頁。ISBN 4-575-29575-2 
  82. ^ あしたへアタック!”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  83. ^ ルパン三世 PART2”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  84. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  85. ^ はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  86. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2022年9月6日閲覧。
  87. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. V-STORAGE. バンダイナムコフィルムワークス. 2022年9月6日閲覧。
  88. ^ 円卓の騎士物語 燃えろアーサー”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  89. ^ がんばれ元気”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  90. ^ ブレーメン4 地獄の中の天使たち”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月3日閲覧。
  91. ^ わが青春のアルカディア 無限軌道SSX|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月30日閲覧。
  92. ^ ルパン三世 PartIII”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  93. ^ “ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!”. トムス・エンタテインメント. https://www.tms-e.co.jp/alltitles/lupin/010201.html 2022年9月6日閲覧。 
  94. ^ ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  95. ^ ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  96. ^ ルパン三世 ロシアより愛をこめて”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  97. ^ ルパン三世 ルパン暗殺指令”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  98. ^ ルパン三世 燃えよ斬鉄剣”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  99. ^ ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  100. ^ ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  101. ^ ルパン三世 ワルサーP38”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  102. ^ ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  103. ^ ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  104. ^ ルパン三世 1$マネーウォーズ”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  105. ^ ルパン三世 アルカトラズコネクション”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  106. ^ ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  107. ^ 巨人の星【特別篇】猛虎 花形満”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  108. ^ ルパン三世 お宝返却大作戦!!”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  109. ^ ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  110. ^ ルパン三世 天使の策略(タクティクス) 〜夢のカケラは殺しの香り〜”. トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。
  111. ^ ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  112. ^ ルパン三世 霧のエリューシヴ”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  113. ^ ルパン三世 SWEET LOST NIGHT 〜魔法のランプは悪夢の予感〜”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  114. ^ ルパン三世VS名探偵コナン”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  115. ^ ルパン三世 the Last Job”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  116. ^ a b 巨人の星”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月3日閲覧。
  117. ^ a b 巨人の星 行け行け飛雄馬”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  118. ^ a b 巨人の星 大リーグボール”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  119. ^ a b 巨人の星 宿命の対決”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  120. ^ a b 劇場版巨人の星”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  121. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック アルカディア号の謎|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月30日閲覧。
  122. ^ ルパン三世 ルパンVS複製人間”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  123. ^ 銀河鉄道999|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月23日閲覧。
  124. ^ a b ルパン三世 カリオストロの城”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  125. ^ さよなら銀河鉄道999|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月23日閲覧。
  126. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  127. ^ a b わが青春のアルカディア”. 東映アニメーション. 2022年9月6日閲覧。
  128. ^ a b ルパン三世 バビロンの黄金伝説”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  129. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. https://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  130. ^ ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  131. ^ ルパン三世 DEAD OR ALIVE”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  132. ^ a b 作品データ”. ルパン三世NETWORK. 2016年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月2日閲覧。
  133. ^ ルパン三世 GREEN vs RED”. トムス・エンタテインメント. 2022年9月6日閲覧。
  134. ^ 『ガンダムネットワーク大戦』ララァやアイナが新指揮官として追加”. 電撃オンライン. 2022年7月14日閲覧。
  135. ^ InoueMaquioの2019年6月26日のツイート2022年9月6日閲覧。
  136. ^ InoueMaquioの2019年3月6日のツイート2022年9月6日閲覧。
  137. ^ InoueMaquioの2019年8月7日のツイート2022年9月6日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集