チャド・ロバート・ベティス(Chad Robert Bettis, 1989年4月26日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ラボック郡ラボック出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキース傘下所属。

チャド・ベティス
Chad Bettis
ニューヨーク・ヤンキース (マイナー)
Chad Bettis on July 26, 2016.jpg
コロラド・ロッキーズ時代
(2016年7月26日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ラボック郡ラボック
生年月日 (1989-04-26) 1989年4月26日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト2巡目
初出場 2013年8月1日 アトランタ・ブレーブス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

2007年MLBドラフト8巡目(全体261位)でヒューストン・アストロズから指名されたが、テキサス工科大学英語版へ進学した。

プロ入りとロッキーズ時代編集

2010年MLBドラフト2巡目(全体76位)でコロラド・ロッキーズから指名され、6月11日に契約。契約後、傘下のA-級トリシティ・ダストデビルズ英語版でプロデビューし、10試合(先発9試合)に登板して4勝1敗、防御率1.12、39奪三振を記録した。8月にA級アッシュビル・ツーリスツへ昇格。3試合に先発登板して2勝0敗、防御率0.96 、17奪三振を記録した。オフにはノースウェストリーグのオールスターチームに選出された[1]

2011年はA+級モデスト・ナッツでプレーし、27試合に先発登板して12勝5敗、防御率3.34 、184奪三振を記録した。オフにカリフォルニアリーグのMVPを受賞[2]。オールスターチームにも選出された[3]

2012年は右肩の故障でシーズンを全休した。

2013年、マイナーではAA級タルサ・ドリラーズでプレーし、12試合に先発登板して3勝4敗、防御率3.71、68奪三振を記録した。8月1日にロッキーズとメジャー契約を結び[4]、同日のアトランタ・ブレーブス戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ、2本の本塁打を含む6安打5失点5四球と結果を残せず、メジャー初黒星を喫した[5]。先発として8試合に登板し、防御率3.90だったが、9月11日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦からリリーフに転向。この年メジャーは16試合(先発8試合)に登板し、1勝3敗3ホールド、防御率5.64、30奪三振を記録した。

2014年3月9日にロッキーズと1年契約に合意[6]。自身初の開幕ロースター入りを果たした[7]

2015年は、AAA級アルバカーキ・アイソトープスで開幕を迎え、5月10日にメジャー昇格。以降は先発ローテーションとして起用され、8勝をマークした。

2016年オフに精巣がんが発見され、11月29日にがん切除手術を受けたことを12月13日に代理人を通じて発表した。手術は無事成功し、声明の中で「常日頃の体調管理が重要だ」と述べている[8]

2017年8月14日に復帰した[9]

2019年レギュラーシーズン終了後の10月30日にFAとなった[10]

ヤンキース傘下時代編集

2020年2月16日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結び、招待選手としてスプリングトレーニングに参加することになった[11]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2013 COL 16 8 0 0 0 1 3 0 3 .250 208 44.2 55 6 20 2 2 30 2 1 34 28 5.64 1.68
2014 21 0 0 0 0 0 2 0 1 .000 127 24.2 42 4 10 2 1 13 5 0 26 25 9.12 2.11
2015 20 20 0 0 0 8 6 0 0 .571 502 115.0 120 11 42 2 3 98 6 0 56 54 4.23 1.41
2016 32 32 1 1 1 14 8 0 0 .636 814 186.0 204 22 59 5 7 138 4 0 107 99 4.79 1.41
2017 9 9 0 0 0 2 4 0 0 .333 200 46.1 52 8 11 0 1 30 3 0 27 26 5.05 1.36
2018 27 20 0 0 0 5 2 0 1 .714 518 120.1 121 18 47 3 5 80 3 1 72 67 5.01 1.40
2019 39 3 0 0 0 1 6 1 4 .143 287 63.2 78 10 21 3 5 42 2 0 47 43 6.08 1.55
MLB:7年 164 92 1 1 1 31 31 1 9 .500 2656 600.2 672 79 210 17 24 431 25 2 369 342 5.12 1.47
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2013 COL 16 3 9 0 0 1.000
2014 21 0 10 1 0 .909
2015 20 12 11 0 0 1.000
2016 32 12 31 2 1 .956
2017 9 2 11 0 1 1.000
2018 27 9 22 0 1 1.000
2019 39 7 13 1 2 .952
MLB 164 45 107 4 5 .974
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 35(2013年 - 2019年)

脚注編集

  1. ^ Postseason All-Star Teams”. MiLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  2. ^ Danny Wild (2011年8月31日). “Nuts' Matthes, Bettis earn top honors”. MiLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  3. ^ California League Postseason All-Star Teams”. MiLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  4. ^ Rockies select contract of Chad Bettis”. MLB.com Rockies Press Release (2013年8月1日). 2014年4月11日閲覧。
  5. ^ Scores for Aug 1, 2013”. ESPN MLB (2013年8月1日). 2014年4月11日閲覧。
  6. ^ Rockies transactions for March 9”. MLB.com Rockies Press Release (2014年3月9日). 2014年4月11日閲覧。
  7. ^ Rockies announce active roster for Opening Day”. MLB.com Rockies Press Release (2014年3月29日). 2014年4月11日閲覧。
  8. ^ “今季14勝のロッキーズ右腕、精巣がん手術を公表”. iSM(Yahoo!JAPAN). (2016年12月14日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000211-ism-base 2016年12月26日閲覧。 
  9. ^ Bettis leads Rox to shutout with inspiring 7 IP MLB.com (英語) (2017年8月14日) 2017年8月15日閲覧
  10. ^ Thomas Harding (2019年10月30日). “Rockies trim roster to 36; Bettis a free agent” (英語). MLB.com. 2019年11月2日閲覧。
  11. ^ Yankees Sign RHP Chad Bettis” (英語). MLB.com (2020年2月16日). 2020年2月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集