ティモシー・ルデュク英語: Timothy LeDuc, 1990年5月4日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはアシュリー・ケイン、ディーディー・レンなど。

ティモシー・ルデュク
Timothy LeDuc
Figure skating pictogram.svg
2018 Rostelecom Cup Ashley Cain Timothy LeDuc 2018-11-16 19-03-23 (2).jpg
2018年ロステレコム杯での
ケイン(左)とルデュク(右)
基本情報
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1990-05-04) 1990年5月4日(29歳)
出生地 アメリカ合衆国 シーダーラピッズ
身長 185 cm
選手情報
パートナー アシュリー・ケイン
元パートナー ディーディー・レン
キャシー・アンドリューズ
ローレン・ギフォード
コーチ ペーター・ケイン
ダーレーン・ケイン
ニーナ・モーゼル
ウラジスラフ・ゾフニルスキー
D. Savin
振付師 パスカーレ・カメレンゴ
ミーシャ・ジー
タチアナ・ドルチニーナ
元振付師 セルジュ・オニーク
コルデロ・ザッカーマン
セルゲイ・ザイツェフ
所属クラブ Los Angeles FSC
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 205.58 2019 CSUSクラシック
ショート 76.23 2019 CSUSクラシック
フリー 129.66 2019 GPフランス国際
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界国別対抗戦
2017 東京 団体
四大陸選手権
2018 台北 ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2018年四大陸選手権銀メダリスト。2019年全米選手権優勝。

人物編集

ゲイであることを公にしている[1]

経歴編集

12歳という競技スケーターとしては遅い年齢でスケートを始め、その2年後からプライベートレッスンを受け始めた[2]

2008年全米選手権では、男子シングルのノービスクラスで7位に入った。

ペア転向後、ローレン・ギフォードとのペアで2010年全米選手権ノービスクラスで10位。キャシー・アンドリューズとのペアで2011年全米選手権ジュニアクラスで銅メダルを獲得し、2011年世界ジュニア選手権にも出場した。

2012年6月にディーディー・レンとのペア結成を発表した[3]。2013-2014シーズン後ペアを解散。燃え尽き症候群とトレーニング費用の不足を理由に競技から離れ、妹と一緒にクルーズ船のアイスショーに参加した。2016年には契約が満了し、競技への復帰を決意した[2]

2016年5月、アシュリー・ケインと組み、競技会へ復帰することを発表した[4]

2016-2017シーズン、ゴールデンスピンで銅メダルを獲得。全米選手権では銅メダルを獲得し、四大陸選手権では9位に入った。

2017-2018シーズン、グランプリシリーズに参戦し中国杯で6位。全米選手権では4位で2年連続で表彰台に立った。四大陸選手権では2位となり、ISUチャンピオンシップスで初メダルを獲得した。

2018-2019シーズン、グランプリシリーズ初戦のスケートアメリカで銅メダルを獲得した。ゴールデンスピンではFSのリフトでケインが頭から落下するミスがあった[5]。演技中断をすることなく滑りきるも、ケインは落下の影響で脳震盪を起こした[6]。全米選手権では初優勝を果たし、1枠しかない世界選手権の代表に選出された。同大会では9位となり、アメリカペアの出場枠を2枠に戻した。

主な戦績編集

  • 2009-2010シーズンはローレン・ギフォードとのペア
  • 2011-2012シーズンまではキャシー・アンドリューズとのペア
  • 2013-2014シーズンまではディーディー・レンとのペア
  • 2016-2017シーズンからはアシュリー・ケインとのペア
大会/年 2009
-10
2010
-11
2011
-12
2012
-13
2013
-14
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
世界選手権 9
四大陸選手権 9 2 4
全米選手権 10 N 3 J 11 9 7 3 4 1 TBD
GPロステレコム杯 6
GP中国杯 6
GPフランス国際 4
GPスケートアメリカ 3 5
CSゴールデンスピン 3 5 1
CSフィンランディア杯 4
CSネーベルホルン杯 4 7
CSオンドレイネペラ杯 1
CS USクラシック 1 1
CSロンバルディア杯 4
ニース杯 6
チャレンジカップ 5
世界Jr.選手権 9
JGP J.カリー記念 8
  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス

詳細編集

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年1月20日-26日 2020年全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ    
 
2019年12月5日-7日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 1
70.83
1
128.60
1
199.43
2019年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ フランス国際グルノーブル 4
66.12
4
129.66
4
195.78
2019年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 3
68.20
5
109.34
5
177.54
2019年9月17日-22日 ISUチャレンジャーシリーズ USクラシックソルトレイクシティ 1
76.23
1
129.35
1
205.58
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 9
66.93
9
126.88
9
193.81
2019年2月5日-10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 4
67.49
4
129.33
4
196.82
2019年1月18日-27日 全米フィギュアスケート選手権デトロイト 2
70.47
1
141.89
1
212.36
2018年12月5日-8日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 2
64.34
5
105.33
5
169.67
2018年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 7
58.79
6
111.50
6
170.29
2018年10月19日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 4
57.72
2
117.34
3
175.06
2018年9月20日-22日 ISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 1
65.68
1
115.88
1
181.56
2018年9月13日-15日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 1
59.10
1
113.95
1
173.05
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年1月22日-27日 2018年四大陸フィギュアスケート選手権台北 1
66.76
2
123.85
2
190.61
2017年11月3日-5日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 7
53.15
6
101.21
6
154.36
2017年9月27日-30日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 10
55.47
5
120.88
7
176.35
2017年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 4
60.56
5
105.76
4
166.32
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 5
59.57
5
104.23
3
団体
(163.80)
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 9
62.58
10
106.29
9
168.87
2017年1月14日-22日 全米フィギュアスケート選手権カンザスシティ 1
69.33
3
115.08
3
184.41
2016年12月7日-10日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 4
56.60
3
115.58
3
172.18
2016年10月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 6
54.26
4
104.37
4
158.63
2016年9月22日-24日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 5
52.40
4
98.00
4
150.40
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 3
66.40
9
105.54
7
171.94
2013年10月23日-27日 2013年ニース杯ニース 1
57.95
7
83.06
6
141.01
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月21日-24日 2013年チャレンジカップハーグ 5
51.79
5
96.77
5
148.56
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 6
50.84
10
92.87
9
143.71
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 11
45.35
10
83.17
11
128.52
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 11
40.16
7
76.95
9
117.11
2011年1月22日-30日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(グリーンズボロ 2
47.40
5
82.44
3
129.84
2010年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 8
39.95
8
74.67
8
114.62
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(スポケーン 10
30.61
11
63.40
10
94.01

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2019-2020 A Storm Is Coming
曲:Tommee Profitt feat. Liv Ash
The Middle of the World
映画『ムーンライト』より
作曲:ニコラス・ブリテル

/ Experience
作曲:ルドヴィコ・エイナウディ
2018-2019 Bella Belle
曲:エレクトリック・スウィング・サーカス
映画『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』サウンドトラックより
作曲:アベル・コジェニオウスキ
振付:パスカーレ・カメレンゴ
Get Up
曲:リア・ルデュク
2017-2018[7] I'll Take Care of You
ボーカル:ジョー・ボナマッサ
振付:コルデロ・ザッカーマン
映画『華麗なるギャツビーサウンドトラックより
バン・バン
ヤング・アンド・ビューティフル
A Little Party Never Killed Nobody
振付:コルデロ・ザッカーマン
2016-2017 I Put a Spell on You
ボーカル:アニー・レノックス
振付:セルジュ・オニーク
The Prayer
ボーカル:アンドレア・ボチェッリセリーヌ・ディオン
振付:セルジュ・オニーク

脚注編集

参考文献編集