メインメニューを開く

ティレル・008 (Tyrrell 008) は、ティレル1978年F1世界選手権用に製作したフォーミュラ1カーディディエ・ピローニパトリック・デパイユがドライブし、数度の表彰台を獲得した。その中にはデパイユによるモナコでの勝利も含まれる。

ティレル・008
Tyrrell 008 2008 Silverstone Classic.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル・レーシング・オーガニゼーション
デザイナー モーリス・フィリップ
先代 P34
後継 009
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
トレッド 前:1,702 mm (67.0 in)
後:1,600 mm (63 in)
ホイールベース 2,700 mm (110 in)
エンジン コスワース DFV V8 NA
トランスミッション ヒューランド FGA 400 5速, MT
重量 590 kg (1,300 lb)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム エルフ・チーム・ティレル
ドライバー フランスの旗 ディディエ・ピローニ
フランスの旗 パトリック・デパイユ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1978年アルゼンチングランプリ
出走優勝ポールFラップ
16100
テンプレートを表示

開発編集

ティレル・008はモーリス・フィリップが設計し、6輪車のティレル・P34に代わって投入された。アルミニウム製のモノコックに、V型8気筒コスワース DFVを搭載した[2]

戦歴編集

1978年シーズン、ティレルはパトリック・デパイユのチームメイトとしてディディエ・ピローニを起用した[2]。008はシーズン開幕戦のアルゼンチングランプリでデビューし、デパイユは予選10位、決勝3位という結果であった。次戦のブラジルではリタイアしたが、続く3戦で連続して表彰台を獲得する。南アフリカで2位、アメリカで3位、モナコではシーズンの予選最高位となる5位からスタートし、自身の初勝利を挙げ、ポイントランキングのトップに立った。その後はリタイアが多かったものの、オーストリアの2位を含む3戦でポイントを挙げる。全16戦中8戦でリタイアと成り、008は信頼性が問題であった[1]

ピローニはアルゼンチンで予選23位、決勝は14位であった。次戦のブラジルでは6位でポイントを獲得し、シーズン全体では5回のポイント獲得となった。最高位は5位でモナコとドイツの2回であった。予選の最高位はオーストリアの9位で、これはデパイユより予選で上回った2回の内の1回である[1]

チームは合計38ポイントを獲得し、ランキングは4位となった。デパイユは34ポイントでドライバーズランキング5位、ピローニは7ポイントで15位であった[3]


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1978年 エルフ・チーム・ティレル 008 フォード V8 G ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USE
 
CAN
 
38 4位
ディディエ・ピローニ 14 6 6 Ret 5 6 12 Ret 10 Ret 5 Ret Ret Ret 10 7
パトリック・デパイユ 3 Ret 2 3 1 Ret Ret Ret Ret 4 Ret 2 Ret 11 Ret 5

編集

  1. ^ a b c Stats F1. “Tyrrell 008”. 2014年6月3日閲覧。
  2. ^ a b Nye, 1985, p. 239
  3. ^ Stats F1. “1978 season”. 2014年6月3日閲覧。

参照編集

  • Nye, Doug (1985). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966 – 1985. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138376.