1978年のF1世界選手権

1978年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1977 翌年: 1979
一覧: 開催国 | 開催レース

1978年のF1世界選手権(1978ねんのエフワンせかいせんしゅけん)は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第29回大会である。1978年1月15日アルゼンチンで開幕し、10月8日カナダで開催される最終戦まで、全16戦で争われた。

1978年のF1世界選手権

シーズン概要編集

ロータスマリオ・アンドレッティロニー・ピーターソンが8勝・11ポールポジションとシーズンを席巻。シーズン中に本格的なグラウンドエフェクト構造を持ったマシンのロータス・79が登場した。アンドレッティは自身唯一のチャンピオンを獲得したが、ピーターソンがイタリアGPのスタート直後のクラッシュに巻き込まれ、後日死亡した(このときは79をクラッシュさせて使えなかったため、旧車78を使用していた)。

フェラーリはミシュランタイヤにスイッチし、カルロス・ロイテマンが4勝。ジル・ヴィルヌーヴも地元カナダGPで初優勝した。

前年度王者ニキ・ラウダが移籍したブラバムスウェーデンGPで奇抜なファン・カーBT46Bを登場させ優勝したが、その後使用禁止となった。

この年デビューした有力ドライバーはネルソン・ピケディディエ・ピローニルネ・アルヌーケケ・ロズベルグエディ・チーバー

チームでは旧チームが買収されウォルター・ウルフ・レーシングとなりチームを追われていたフランク・ウィリアムズが新生ウィリアムズを立ち上げコンストラクターとして参戦を開始。シャドウからの独立メンバーがアロウズを設立。資金難に悩まされたサーティースはこの年をもってF1撤退。新興セオドールは他チームからシャーシを購入するなどして参戦を続けたが、結局スポンサーとしての活動に戻る。セオドールが復活するのは1981年である。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   アルゼンチングランプリ 1月15日 ブエノスアイレス   マリオ・アンドレッティ   ジル・ヴィルヌーヴ   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
2   ブラジルグランプリ 1月29日 ジャカレパグア   ロニー・ピーターソン   カルロス・ロイテマン   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
3   南アフリカグランプリ 3月4日 キャラミ   ニキ・ラウダ   マリオ・アンドレッティ   ロニー・ピーターソン   ロータス-フォード 詳細
4   アメリカ西グランプリ 4月2日 ロングビーチ   カルロス・ロイテマン   アラン・ジョーンズ   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
5   モナコグランプリ 5月7日 モナコ   カルロス・ロイテマン   ニキ・ラウダ   パトリック・デパイユ   ティレル-フォード 詳細
6   ベルギーグランプリ 5月21日 ゾルダー   マリオ・アンドレッティ   ロニー・ピーターソン   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
7   スペイングランプリ 6月4日 ハラマ   マリオ・アンドレッティ   マリオ・アンドレッティ   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
8   スウェーデングランプリ 6月17日 アンデルストープ   マリオ・アンドレッティ   ニキ・ラウダ   ニキ・ラウダ   ブラバム-アルファロメオ 詳細
9   フランスグランプリ 7月2日 ポール・リカール   ジョン・ワトソン   カルロス・ロイテマン   マリオ・アンドレッティ  ロータス-フォード 詳細
10   イギリスグランプリ 7月16日 ブランズ・ハッチ   ロニー・ピーターソン   ニキ・ラウダ   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
11   ドイツグランプリ 7月30日 ホッケンハイムリンク   マリオ・アンドレッティ   ロニー・ピーターソン   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
12   オーストリアグランプリ 8月13日 エステルライヒリンク   ロニー・ピーターソン   ロニー・ピーターソン   ロニー・ピーターソン   ロータス-フォード 詳細
13   オランダグランプリ 8月27日 ザントフォールト   マリオ・アンドレッティ   ニキ・ラウダ   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
14   イタリアグランプリ 9月10日 モンツァ   マリオ・アンドレッティ   マリオ・アンドレッティ   ニキ・ラウダ   ブラバム-アルファロメオ 詳細
15   アメリカ東グランプリ 10月1日 ワトキンス・グレン   マリオ・アンドレッティ   ジャン=ピエール・ジャリエ   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
16   カナダグランプリ 10月8日 モントリオール   ジャン=ピエール・ジャリエ   アラン・ジョーンズ   ジル・ヴィルヌーヴ   フェラーリ 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 パルマラット・レーシングチーム ブラバム BT45C
BT46
BT46B
アルファロメオ115-12(F12) G 1. ニキ・ラウダ
2. ジョン・ワトソン
66. ネルソン・ピケ
 エルフ・チーム・ティレル ティレル 008 フォードDFV(V8) G 3. ディディエ・ピローニ
4. パトリック・デパイユ
 ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス
 チーム・レバーク(No.25)
ロータス 78
79
フォードDFV(V8) G 5. マリオ・アンドレッティ
6. ロニー・ピーターソン
25. ヘクトール・レバーク
55. ジャン=ピエール・ジャリエ
 マールボロ・チーム・マクラーレン
ツェントロ・アセグレドールF1(No.28)
BSファブリケーションズ(No.29)
リジェット・グループ/BSファブリケーションズ(No.30)
マクラーレン M26 フォードDFV(V8) G 7. ジェームス・ハント
8. パトリック・タンベイ
28. エミリオ・デ・ヴィロタ
29. ネルソン・ピケ
30. ブレット・ランガー
33. ブルーノ・ジャコメリ
 ATSレーシングチーム ATS HS1
D1
フォードDFV(V8) G 9. ヨッヘン・マス
(9.) ミハエル・ブリークモレン
10.  ジャン=ピエール・ジャリエ
(10.) アルベルト・コロンボ
(10.) ケケ・ロズベルグ
(10.) ハンス・ビンダー
(10.) ミハエル・ブリークモレン
(10.) ハラルド・アーテル
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 312T2
312T3
フェラーリTipo015(F12) M 11. カルロス・ロイテマン
12. ジル・ヴィルヌーヴ
 フィッティパルディ・オートモーティブ フィッティパルディ F5A フォードDFV(V8) G 14. エマーソン・フィッティパルディ
 エキープ・ルノー・エルフ ルノー RS01 ルノーEF1(V6ターボ) M 15. ジャン=ピエール・ジャブイーユ
 シャドウ・レーシング・チーム シャドウ DN8
DN9
フォードDFV(V8) G 16. ハンス=ヨアヒム・スタック
17. クレイ・レガツォーニ
 ベータ・チーム・サーティース
 デュレックス・チーム・サーティース
 チーム・サーティース
サーティース TS19 フォードDFV(V8) G 18. ルパート・キーガン
(18.) ジマックス(カルロ・フランチ)
(18.) ルネ・アルヌー
19. ヴィットリオ・ブランビラ
(19.) ベッペ・ガビアーニ
 ウォルター・ウルフ・レーシング
 セオドール・レーシング・香港(No.32)
ウルフ WR1
WR3
WR4

WR5
WR6
フォードDFV(V8) G 20. ジョディ・シェクター
21. ボビー・レイホール
32. ケケ・ロズベルグ
 チーム・ティソット・エンサイン(No.22,23)
 マリオ・デリオッティ・レーシング(No.23)
 ザックス・レーシング(No.23)
エンサイン N177 フォードDFV(V8) G 22. ダニー・オンガイス
(22.) ランベルト・レオーニ
(22.) ジャッキー・イクス
(22.) デレック・デイリー
(22.) ネルソン・ピケ
23. ランベルト・レオーニ
(23.) ジェフ・リース
(23.) ハラルド・アーテル
(23.) ブレット・ランガー
 オリンパス・カメラ・ヘスケス・レーシング ヘスケス 308E フォードDFV(V8) G 24. ディヴィナ・ガリカ
(24.) エディ・チーバー
(24.) デレック・デイリー
 リジェ・ジタン リジェ JS7
JS7/9

JS9
マトラMS76(V12) G 26. ジャック・ラフィット
 ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング ウィリアムズ FW06 フォードDFV(V8) G 27. アラン・ジョーンズ
 オートモビルズ・マルティニ マルティニ MK23 フォードDFV(V8) G 31. ルネ・アルヌー
 セオドール・レーシング
 セオドール・レーシング・香港
セオドール TR1 フォードDFV(V8) G 32. エディ・チーバー
(32.) ケケ・ロズベルグ
 アロウズ・レーシング・チーム アロウズ FA1
A1
フォードDFV(V8) G 35. リカルド・パトレーゼ
36. ロルフ・シュトメレン
 チーム・メルツァリオ メルツァリオ A1 フォードDFV(V8) G 37. アルトゥーロ・メルツァリオ
38. アルベルト・コロンボ

エントラント名変更編集

  • サーティースのNo.18は、第13戦まで「デュレックス・チーム・サーティース」で、第14戦以降は「チーム・サーティース」。
  • サーティースのNo.19は、第14戦まで「ベータ・チーム・サーティース」で、第15戦以降は「チーム・サーティース」。
  • エンサインのNo.23は、第1,2,15戦は「チーム・ティソット・エンサイン」、第10戦は「マリオ・デリオッティ・レーシング」、第11-14戦は「ザックス・レーシング」。
  • セオドールは、第3戦以降「セオドール・レーシング・香港」。

ドライバー変更編集

  • ATSのNo.9は、第14戦以降はブレークモレンがドライブ。
  • ATSのNo.10は、第1-5,11戦はジャリエが、第6,7戦はコロンボが、第8-10,15,16戦はロズベルグが、第12戦はビンダーが、第13戦はブリークモレンが、第14戦はアーテルがドライブ。
  • サーティースのNo.18は、第14戦はジマックスが、第15戦以降はアルヌーがドライブ。
  • サーティースのNo.19は、第15戦以降ガビアーニがドライブ。
  • エンサインのNo.22は、第3,4戦はレオーニが、第5-8戦はイクスが、第9-10,12-16戦はデイリーが、第11戦はピケがドライブ。
  • エンサインのNo.23は、第1,2戦はレオーニが、第10戦リースが、第11-14戦はアーテルが、第15戦はランガーがドライブ。
  • ヘスケスのNo.24は、第3戦はチーバーが、第4戦以降はデイリーがドライブ。
  • セオドールのNo.32は、第3戦以降ロズベルグがドライブ。

エンジン変更編集

  • なし

タイヤ変更編集

  • なし

スポット参戦編集

  • エンサインのNo.23は第1,2,10-15戦のみ出走。
  • ヘスケスのNo.24は、第6戦まで出走。
  • マクラーレンのNo.28は、第7戦のみ出走。
  • マクラーレンのNo.29は、第12-14戦のみ出走。
  • マクラーレンのNo.30は、第14戦まで出走。
  • マルティニのNo.31は、第3,5,6,9,11-13戦のみ出走。
  • セオドール,ウルフのNo.32は、第6戦まではセオドールTR1で、第7-10,15,16戦は欠場、第11-14戦はウルフWR3,4で出走。
  • マクラーレンのNo.33は、第6,9,10,13,14戦のみ出走。
  • メルツァリオのNo.38は、第14戦のみ出走。
  • ロータスのNo.55は、第15戦以降出走。
  • ブラバムのNo.66は、第16戦のみ出走。

1978年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント
1   マリオ・アンドレッティ 1 4 7 2 11 1 1 Ret 1 Ret 1 Ret 1 6 Ret 10 64
2   ロニー・ピーターソン 5 Ret 1 4 Ret 2 2 3 2 Ret Ret 1 2 Ret 51
3   カルロス・ロイテマン 7 1 Ret 1 8 3 Ret 10 18 1 Ret DSQ 7 3 1 3 48
4   ニキ・ラウダ 2 3 Ret Ret 2 Ret Ret 1 Ret 2 Ret Ret 3 1 Ret Ret 44
5   パトリック・デパイユ 3 Ret 2 3 1 Ret Ret Ret Ret 4 Ret 2 Ret 11 Ret 5 34
6   ジョン・ワトソン Ret 8 3 Ret 4 Ret 5 Ret 4 3 7 7 4 2 Ret Ret 25
7   ジョディ・シェクター 10 Ret Ret Ret 3 Ret 4 Ret 6 Ret 2 Ret 12 12 3 2 24
8   ジャック・ラフィット 16 9 5 5 Ret 5 3 7 7 10 3 5 8 4 11 Ret 19
9   ジル・ヴィルヌーヴ 8 Ret Ret Ret Ret 4 10 9 12 Ret 8 3 6 7 Ret 1 17
10   エマーソン・フィッティパルディ 9 2 Ret 8 9 Ret Ret 6 Ret Ret 4 4 5 8 5 Ret 17
11   アラン・ジョーンズ Ret 11 4 7 Ret 10 8 Ret 5 Ret Ret Ret Ret 13 2 9 11
12   リカルド・パトレーゼ 10 Ret 6 6 Ret Ret 2 8 Ret 9 Ret Ret Ret 4 11
13   ジェームス・ハント 4 Ret Ret Ret Ret Ret 6 8 3 Ret DSQ Ret 10 Ret 7 Ret 8
14   パトリック・タンベイ 6 Ret Ret 12 7 Ret 4 9 6 Ret Ret 9 5 6 8 8
15   ディディエ・ピローニ 14 6 6 Ret 5 6 12 Ret 10 Ret 5 Ret Ret Ret 10 7 7
16   クレイ・レガツォーニ 15 5 DNQ 10 DNQ Ret 15 5 Ret Ret DNQ NC DNQ NC 14 DNQ 4
17   ジャン=ピエール・ジャブイーユ Ret Ret 10 NC 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 4 12 3
18   ハンス=ヨアヒム・スタック 17 Ret DNQ DNS Ret Ret Ret 11 11 5 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 2
19   ヴィットリオ・ブランビラ 18 DNQ 12 Ret DNQ 13 7 Ret 17 9 Ret 6 DSQ Ret 1
20   デレック・デイリー DNPQ DNPQ DNQ DNQ Ret DSQ Ret 10 8 6 1
21   ヘクトール・レパーク DNQ Ret 10 DNPQ DNPQ DNPQ Ret 12 DNQ Ret 6 Ret 11 DNQ Ret DNQ 1
-   ブレット・ランガー 13 Ret 11 DNQ DNPQ 7 DNQ DNQ Ret 8 DNPQ 8 Ret Ret 13 0
-   ブルーノ・ジャコメリ 8 Ret 7 Ret 14 0
-   ヨッヘン・マス 11 7 Ret Ret DNQ 11 9 13 13 NC Ret DNQ DNQ 0
-   ジャン=ピエール・ジャリエ 12 DNS 8 11 DNQ DNQ 15 Ret 0
-   ルネ・アルヌー DNQ DNPQ 9 14 DNPQ 9 Ret 9 Ret 0
-   ロルフ・シュトメレン 9 9 Ret Ret 14 14 15 DNQ DSQ DNPQ DNPQ DNPQ 16 DNPQ 0
-   ネルソン・ピケ Ret Ret Ret 9 11 0
-   ケケ・ロズベルグ Ret DNPQ DNPQ DNQ DNPQ 15 16 Ret 10 NC Ret DNPQ Ret NC 0
-   ルパート・キーガン Ret Ret Ret DNS Ret DNQ 11 DNQ Ret DNQ DNQ DNQ DNS 0
-   ハラルド・アートル 11 Ret DNPQ DNQ 0
-   ジャッキー・イクス Ret 12 Ret DNQ 0
-   ボビー・レイホール 12 Ret 0
-   アルトゥーロ・メルツァリオ Ret DNQ Ret Ret DNPQ DNPQ DNQ NC DNQ Ret DNQ DNQ Ret Ret Ret DNQ 0
-   ランベルト・レオーニ Ret Ret DNQ DNQ 0
-   ダニー・オンガイス Ret Ret DNPQ DNPQ 0
-   ミハエル・ブリークモレン DNQ DNQ Ret DNPQ 0
-   エディ・チーバー DNQ DNQ Ret 0
-   アルベルト・コロンボ DNQ DNQ DNPQ 0
-   ディビナ・ガリカ DNQ DNQ 0
-   ベッペ・ガビアーニ DNQ DNQ 0
-   エミリオ・デ・ヴィロタ DNQ 0
-   ジェフ・リース DNQ 0
-   トニー・トリマー DNQ 0
-   ハンス・ビンダー DNQ 0
-   ジマックス DNQ 0
順位 ドライバー ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
完走扱い(全周回数の90%以上走行)
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
欠場 (WD)

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半8戦の内ベスト7戦および後半8戦の内ベスト7戦がポイントランキングに数えられた。[1]

1978年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント[2]
1   ロータス-フォード 1 4 1 2 11 1 1 3 1 Ret 1 1 1 6 15 10 86
2   フェラーリ 7 1 Ret 1 8 3 10 9 12 1 8 3 6 3 1 1 58
3   ブラバム-アルファロメオ 2 3 3 Ret 2 Ret 5 1 4 2 7 7 3 1 Ret 11 53
4   ティレル-フォード 3 6 2 3 1 6 12 Ret 10 4 5 2 Ret 11 10 5 38
5   ウルフ-フォード 10 Ret Ret Ret 3 Ret 4 Ret 6 Ret 2 NC 12 12 3 2 24
6   リジェ-マトラ 16 9 5 5 Ret 5 3 7 7 10 3 5 8 4 11 Ret 19
7   フィッティパルディ-フォード 9 2 Ret 8 9 Ret Ret 6 Ret Ret 4 4 5 8 5 Ret 17
8   マクラーレン-フォード 4 Ret 11 12 7 7 6 4 3 6 Ret 8 9 5 6 8 15
9   ウィリアムズ-フォード Ret 11 4 7 Ret 10 8 Ret 5 Ret Ret Ret Ret 13 2 9 11
10   アロウズ-フォード 10 9 6 6 Ret 14 2 8 Ret 9 Ret Ret Ret 16 4 11
11   シャドウ-フォード 15 5 DNQ 10 Ret Ret 15 5 11 5 Ret NC Ret NC 14 Ret 6
12   ルノー Ret Ret 10 NC 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 4 12 3
13   サーティース-フォード 18 Ret 12 Ret Ret 13 7 Ret 17 9 Ret 6 DSQ Ret 9 Ret 1
14   エンサイン-フォード Ret Ret DNQ DNQ Ret 12 Ret DNQ DNQ Ret 11 Ret Ret 10 8 6 1
-   ATS-フォード 11 7 8 11 DNQ 11 9 13 13 NC Ret DNQ DNQ DNQ Ret NC 0
-   マルティーニ-フォード DNQ DNPQ 9 WD 14 WD DNPQ 9 Ret 0
-   メルツァリオ-フォード Ret DNQ Ret Ret DNPQ DNPQ DNQ NC DNQ Ret DNQ DNQ Ret Ret Ret DNQ 0
-   セオドール-フォード DNQ DNQ Ret DNQ DNPQ DNQ DNPQ 0
-   ヘスケス-フォード DNQ DNQ Ret DNPQ DNPQ DNQ 0
順位 コンストラクター ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで、各コンストラクター最上位の車両に 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半8戦の内ベスト7戦および後半8戦の内ベスト7戦がポイントランキングに数えられた。[3] 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

レース 開催地 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  XXX BRDC インターナショナル・トロフィー シルバーストン 3月19日   ケケ・ロズベルグ   セオドール-コスワース 詳細

参照編集

  1. ^ Mike Kettlewell, The Champion Book of World Championship Facts & Figures, 1982, Page 34
  2. ^ Automobile Year, 1978/79, Page 236
  3. ^ Mike Kettlewell, The Champion Book of World Championship Facts & Figures, 1982, Page 40

外部リンク編集