メインメニューを開く
1978年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1977 翌年: 1979
一覧: 開催国 | 開催レース

1978年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第29回大会である。1978年1月15日アルゼンチンで開幕し、10月8日カナダで開催される最終戦まで、全16戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

ロータスマリオ・アンドレッティロニー・ピーターソンが8勝・11ポールポジションとシーズンを席巻。シーズン中に本格的なグラウンドエフェクト構造を持ったマシンのロータス・79が登場した。アンドレッティは自身唯一のチャンピオンを獲得したが、ピーターソンがイタリアGPのスタート直後のクラッシュに巻き込まれ、後日死亡した(このときは79をクラッシュさせて使えなかったため、旧車78を使用していた)。

フェラーリはミシュランタイヤにスイッチし、カルロス・ロイテマンが4勝。ジル・ヴィルヌーヴも地元カナダGPで初優勝した。

前年度王者ニキ・ラウダが移籍したブラバムスウェーデンGPで奇抜なファン・カーBT46Bを登場させ優勝したが、その後使用禁止となった。

この年デビューした有力ドライバーはネルソン・ピケディディエ・ピローニルネ・アルヌーケケ・ロズベルグエディ・チーバー

チームではウィリアムズが1976年以来のコンストラクターとして参戦を再び開始。シャドウからの独立メンバーがアロウズを設立。資金難に悩まされたサーティースはこの年をもってF1撤退。新興セオドールは他チームからシャーシを購入するなどして参戦を続けたが、結局スポンサーとしての活動に戻る。セオドールが復活するのは1981年である。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   アルゼンチングランプリ 1月15日 ブエノスアイレス   マリオ・アンドレッティ   ジル・ヴィルヌーヴ   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
2   ブラジルグランプリ 1月29日 ジャカレパグア   ロニー・ピーターソン   カルロス・ロイテマン   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
3   南アフリカグランプリ 3月4日 キャラミ   ニキ・ラウダ   マリオ・アンドレッティ   ロニー・ピーターソン   ロータス-フォード 詳細
4   アメリカ西グランプリ 4月2日 ロングビーチ   カルロス・ロイテマン   アラン・ジョーンズ   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
5   モナコグランプリ 5月7日 モナコ   カルロス・ロイテマン   ニキ・ラウダ   パトリック・デパイユ   ティレル-フォード 詳細
6   ベルギーグランプリ 5月21日 ゾルダー   マリオ・アンドレッティ   ロニー・ピーターソン   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
7   スペイングランプリ 6月4日 ハラマ   マリオ・アンドレッティ   マリオ・アンドレッティ   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
8   スウェーデングランプリ 6月17日 アンデルストープ   マリオ・アンドレッティ   ニキ・ラウダ   ニキ・ラウダ   ブラバム-アルファロメオ 詳細
9   フランスグランプリ 7月2日 ポール・リカール   ジョン・ワトソン   カルロス・ロイテマン   マリオ・アンドレッティ  ロータス-フォード 詳細
10   イギリスグランプリ 7月16日 ブランズ・ハッチ   ロニー・ピーターソン   ニキ・ラウダ   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
11   ドイツグランプリ 7月30日 ホッケンハイムリンク   マリオ・アンドレッティ   ロニー・ピーターソン   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
12   オーストリアグランプリ 8月13日 エステルライヒリンク   ロニー・ピーターソン   ロニー・ピーターソン   ロニー・ピーターソン   ロータス-フォード 詳細
13   オランダグランプリ 8月27日 ザントフォールト   マリオ・アンドレッティ   ニキ・ラウダ   マリオ・アンドレッティ   ロータス-フォード 詳細
14   イタリアグランプリ 9月10日 モンツァ   マリオ・アンドレッティ   マリオ・アンドレッティ   ニキ・ラウダ   ブラバム-アルファロメオ 詳細
15   アメリカ東グランプリ 10月1日 ワトキンス・グレン   マリオ・アンドレッティ   ジャン=ピエール・ジャリエ   カルロス・ロイテマン   フェラーリ 詳細
16   カナダグランプリ 10月8日 モントリオール   ジャン=ピエール・ジャリエ   アラン・ジョーンズ   ジル・ヴィルヌーヴ   フェラーリ 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 パルマラット・レーシングチーム ブラバム BT45C
BT46
BT46B
アルファロメオ115-12(F12) G 1. ニキ・ラウダ
2. ジョン・ワトソン
66. ネルソン・ピケ
 エルフ・チーム・ティレル ティレル 008 フォードDFV(V8) G 3. ディディエ・ピローニ
4. パトリック・デパイユ
 ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス
 チーム・レバーク(No.25)
ロータス 78
79
フォードDFV(V8) G 5. マリオ・アンドレッティ
6. ロニー・ピーターソン
25. ヘクトール・レバーク
55. ジャン=ピエール・ジャリエ
 マールボロ・チーム・マクラーレン
ツェントロ・アセグレドールF1(No.28)
BSファブリケーションズ(No.29)
リジェット・グループ/BSファブリケーションズ(No.30)
マクラーレン M26 フォードDFV(V8) G 7. ジェームス・ハント
8. パトリック・タンベイ
28. エミリオ・デ・ヴィロタ
29. ネルソン・ピケ
30. ブレット・ランガー
33. ブルーノ・ジャコメリ
 ATSレーシングチーム ATS HS1
D1
フォードDFV(V8) G 9. ヨッヘン・マス
(9.) ミハエル・ブリークモレン
10.  ジャン=ピエール・ジャリエ
(10.) アルベルト・コロンボ
(10.) ケケ・ロズベルグ
(10.) ハンス・ビンダー
(10.) ミハエル・ブリークモレン
(10.) ハラルド・アーテル
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 312T2
312T3
フェラーリTipo015(F12) M 11. カルロス・ロイテマン
12. ジル・ヴィルヌーヴ
 フィッティパルディ・オートモーティブ フィッティパルディ F5A フォードDFV(V8) G 14. エマーソン・フィッティパルディ
 エキープ・ルノー・エルフ ルノー RS01 ルノーEF1(V6ターボ) M 15. ジャン=ピエール・ジャブイーユ
 シャドウ・レーシング・チーム シャドウ DN8
DN9
フォードDFV(V8) G 16. ハンス=ヨアヒム・スタック
17. クレイ・レガツォーニ
 ベータ・チーム・サーティース
 デュレックス・チーム・サーティース
 チーム・サーティース
サーティース TS19 フォードDFV(V8) G 18. ルパート・キーガン
(18.) ジマックス(カルロ・フランチ)
(18.) ルネ・アルヌー
19. ヴィットリオ・ブランビラ
(19.) ベッペ・ガビアーニ
 ウォルター・ウルフ・レーシング
 セオドール・レーシング・香港(No.32)
ウルフ WR1
WR3
WR4

WR5
WR6
フォードDFV(V8) G 20. ジョディ・シェクター
21. ボビー・レイホール
32. ケケ・ロズベルグ
 チーム・ティソット・エンサイン(No.22,23)
 マリオ・デリオッティ・レーシング(No.23)
 ザックス・レーシング(No.23)
エンサイン N177 フォードDFV(V8) G 22. ダニー・オンガイス
(22.) ランベルト・レオーニ
(22.) ジャッキー・イクス
(22.) デレック・デイリー
(22.) ネルソン・ピケ
23. ランベルト・レオーニ
(23.) ジェフ・リース
(23.) ハラルド・アーテル
(23.) ブレット・ランガー
 オリンパス・カメラ・ヘスケス・レーシング ヘスケス 308E フォードDFV(V8) G 24. ディヴィナ・ガリカ
(24.) エディ・チーバー
(24.) デレック・デイリー
 リジェ・ジタン リジェ JS7
JS7/9

JS9
マトラMS76(V12) G 26. ジャック・ラフィット
 ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング ウィリアムズ FW06 フォードDFV(V8) G 27. アラン・ジョーンズ
 オートモビルズ・マルティニ マルティニ MK23 フォードDFV(V8) G 31. ルネ・アルヌー
 セオドール・レーシング
 セオドール・レーシング・香港
セオドール TR1 フォードDFV(V8) G 32. エディ・チーバー
(32.) ケケ・ロズベルグ
 アロウズ・レーシング・チーム アロウズ FA1
A1
フォードDFV(V8) G 35. リカルド・パトレーゼ
36. ロルフ・シュトメレン
 チーム・メルツァリオ メルツァリオ A1 フォードDFV(V8) G 37. アルトゥーロ・メルツァリオ
38. アルベルト・コロンボ

エントラント名変更編集

  • サーティースのNo.18は、第13戦まで「デュレックス・チーム・サーティース」で、第14戦以降は「チーム・サーティース」。
  • サーティースのNo.19は、第14戦まで「ベータ・チーム・サーティース」で、第15戦以降は「チーム・サーティース」。
  • エンサインのNo.23は、第1,2,15戦は「チーム・ティソット・エンサイン」、第10戦は「マリオ・デリオッティ・レーシング」、第11-14戦は「ザックス・レーシング」。
  • セオドールは、第3戦以降「セオドール・レーシング・香港」。

ドライバー変更編集

  • ATSのNo.9は、第14戦以降はブレークモレンがドライブ。
  • ATSのNo.10は、第1-5,11戦はジャリエが、第6,7戦はコロンボが、第8-10,15,16戦はロズベルグが、第12戦はビンダーが、第13戦はブリークモレンが、第14戦はアーテルがドライブ。
  • サーティースのNo.18は、第14戦はジマックスが、第15戦以降はアルヌーがドライブ。
  • サーティースのNo.19は、第15戦以降ガビアーニがドライブ。
  • エンサインのNo.22は、第3,4戦はレオーニが、第5-8戦はイクスが、第9-10,12-16戦はデイリーが、第11戦はピケがドライブ。
  • エンサインのNo.23は、第1,2戦はレオーニが、第10戦リースが、第11-14戦はアーテルが、第15戦はランガーがドライブ。
  • ヘスケスのNo.24は、第3戦はチーバーが、第4戦以降はデイリーがドライブ。
  • セオドールのNo.32は、第3戦以降ロズベルグがドライブ。

エンジン変更編集

  • なし

タイヤ変更編集

  • なし

スポット参戦編集

  • エンサインのNo.23は第1,2,10-15戦のみ出走。
  • ヘスケスのNo.24は、第6戦まで出走。
  • マクラーレンのNo.28は、第7戦のみ出走。
  • マクラーレンのNo.29は、第12-14戦のみ出走。
  • マクラーレンのNo.30は、第14戦まで出走。
  • マルティニのNo.31は、第3,5,6,9,11-13戦のみ出走。
  • セオドール,ウルフのNo.32は、第6戦まではセオドールTR1で、第7-10,15,16戦は欠場、第11-14戦はウルフWR3,4で出走。
  • マクラーレンのNo.33は、第6,9,10,13,14戦のみ出走。
  • メルツァリオのNo.38は、第14戦のみ出走。
  • ロータスのNo.55は、第15戦以降出走。
  • ブラバムのNo.66は、第16戦のみ出走。

1978年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント
1   マリオ・アンドレッティ 1 4 7 2 11 1 1 Ret 1 Ret 1 Ret 1 6 Ret 10 64
2   ロニー・ピーターソン 5 Ret 1 4 Ret 2 2 3 2 Ret Ret 1 2 Ret 51
3   カルロス・ロイテマン 7 1 Ret 1 8 3 Ret 10 18 1 Ret DSQ 7 3 1 3 48
4   ニキ・ラウダ 2 3 Ret Ret 2 Ret Ret 1 Ret 2 Ret Ret 3 1 Ret Ret 44
5   パトリック・デパイユ 3 Ret 2 3 1 Ret Ret Ret Ret 4 Ret 2 Ret 11 Ret 5 34
6   ジョン・ワトソン Ret 8 3 Ret 4 Ret 5 Ret 4 3 7 7 4 2 Ret Ret 25
7   ジョディ・シェクター 10 Ret Ret Ret 3 Ret 4 Ret 6 Ret 2 Ret 12 12 3 2 24
8   ジャック・ラフィット 16 9 5 5 Ret 5 3 7 7 10 3 5 8 4 11 Ret 19
9   ジル・ヴィルヌーヴ 8 Ret Ret Ret Ret 4 10 9 12 Ret 8 3 6 7 Ret 1 17
10   エマーソン・フィッティパルディ 9 2 Ret 8 9 Ret Ret 6 Ret Ret 4 4 5 8 5 Ret 17
11   アラン・ジョーンズ Ret 11 4 7 Ret 10 8 Ret 5 Ret Ret Ret Ret 13 2 9 11
12   リカルド・パトレーゼ 10 Ret 6 6 Ret Ret 2 8 Ret 9 Ret Ret Ret 4 11
13   ジェームス・ハント 4 Ret Ret Ret Ret Ret 6 8 3 Ret DSQ Ret 10 Ret 7 Ret 8
14   パトリック・タンベイ 6 Ret Ret 12 7 Ret 4 9 6 Ret Ret 9 5 6 8 8
15   ディディエ・ピローニ 14 6 6 Ret 5 6 12 Ret 10 Ret 5 Ret Ret Ret 10 7 7
16   クレイ・レガツォーニ 15 5 DNQ 10 DNQ Ret 15 5 Ret Ret DNQ NC DNQ NC 14 DNQ 4
17   ジャン=ピエール・ジャブイーユ Ret Ret 10 NC 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 4 12 3
18   ハンス=ヨアヒム・スタック 17 Ret DNQ DNS Ret Ret Ret 11 11 5 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 2
19   ヴィットリオ・ブランビラ 18 DNQ 12 Ret DNQ 13 7 Ret 17 9 Ret 6 DSQ Ret 1
20   デレック・デイリー DNPQ DNPQ DNQ DNQ Ret DSQ Ret 10 8 6 1
21   ヘクトール・レパーク DNQ Ret 10 DNPQ DNPQ DNPQ Ret 12 DNQ Ret 6 Ret 11 DNQ Ret DNQ 1
-   ブレット・ランガー 13 Ret 11 DNQ DNPQ 7 DNQ DNQ Ret 8 DNPQ 8 Ret Ret 13 0
-   ブルーノ・ジャコメリ 8 Ret 7 Ret 14 0
-   ヨッヘン・マス 11 7 Ret Ret DNQ 11 9 13 13 NC Ret DNQ DNQ 0
-   ジャン=ピエール・ジャリエ 12 DNS 8 11 DNQ DNQ 15 Ret 0
-   ルネ・アルヌー DNQ DNPQ 9 14 DNPQ 9 Ret 9 Ret 0
-   ロルフ・シュトメレン 9 9 Ret Ret 14 14 15 DNQ DSQ DNPQ DNPQ DNPQ 16 DNPQ 0
-   ネルソン・ピケ Ret Ret Ret 9 11 0
-   ケケ・ロズベルグ Ret DNPQ DNPQ DNQ DNPQ 15 16 Ret 10 NC Ret DNPQ Ret NC 0
-   ルパート・キーガン Ret Ret Ret DNS Ret DNQ 11 DNQ Ret DNQ DNQ DNQ DNS 0
-   ハラルド・アートル 11 Ret DNPQ DNQ 0
-   ジャッキー・イクス Ret 12 Ret DNQ 0
-   ボビー・レイホール 12 Ret 0
-   アルトゥーロ・メルツァリオ Ret DNQ Ret Ret DNPQ DNPQ DNQ NC DNQ Ret DNQ DNQ Ret Ret Ret DNQ 0
-   ランベルト・レオーニ Ret Ret DNQ DNQ 0
-   ダニー・オンガイス Ret Ret DNPQ DNPQ 0
-   ミハエル・ブリークモレン DNQ DNQ Ret DNPQ 0
-   エディ・チーバー DNQ DNQ Ret 0
-   アルベルト・コロンボ DNQ DNQ DNPQ 0
-   ディビナ・ガリカ DNQ DNQ 0
-   ベッペ・ガビアーニ DNQ DNQ 0
-   エミリオ・デ・ヴィロタ DNQ 0
-   ジェフ・リース DNQ 0
-   トニー・トリマー DNQ 0
-   ハンス・ビンダー DNQ 0
-   ジマックス DNQ 0
順位 ドライバー ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半8戦の内ベスト7戦および後半8戦の内ベスト7戦がポイントランキングに数えられた。[1]

1978年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント[2]
1   ロータス-フォード 1 4 1 2 11 1 1 3 1 Ret 1 1 1 6 15 10 86
2   フェラーリ 7 1 Ret 1 8 3 10 9 12 1 8 3 6 3 1 1 58
3   ブラバム-アルファロメオ 2 3 3 Ret 2 Ret 5 1 4 2 7 7 3 1 Ret 11 53
4   ティレル-フォード 3 6 2 3 1 6 12 Ret 10 4 5 2 Ret 11 10 5 38
5   ウルフ-フォード 10 Ret Ret Ret 3 Ret 4 Ret 6 Ret 2 NC 12 12 3 2 24
6   リジェ-マトラ 16 9 5 5 Ret 5 3 7 7 10 3 5 8 4 11 Ret 19
7   フィッティパルディ-フォード 9 2 Ret 8 9 Ret Ret 6 Ret Ret 4 4 5 8 5 Ret 17
8   マクラーレン-フォード 4 Ret 11 12 7 7 6 4 3 6 Ret 8 9 5 6 8 15
9   ウィリアムズ-フォード Ret 11 4 7 Ret 10 8 Ret 5 Ret Ret Ret Ret 13 2 9 11
10   アロウズ-フォード 10 9 6 6 Ret 14 2 8 Ret 9 Ret Ret Ret 16 4 11
11   シャドウ-フォード 15 5 DNQ 10 Ret Ret 15 5 11 5 Ret NC Ret NC 14 Ret 6
12   ルノー Ret Ret 10 NC 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 4 12 3
13   サーティース-フォード 18 Ret 12 Ret Ret 13 7 Ret 17 9 Ret 6 DSQ Ret 9 Ret 1
14   エンサイン-フォード Ret Ret DNQ DNQ Ret 12 Ret DNQ DNQ Ret 11 Ret Ret 10 8 6 1
-   ATS-フォード 11 7 8 11 DNQ 11 9 13 13 NC Ret DNQ DNQ DNQ Ret NC 0
-   マルティーニ-フォード DNQ DNPQ 9 WD 14 WD DNPQ 9 Ret 0
-   メルツァリオ-フォード Ret DNQ Ret Ret DNPQ DNPQ DNQ NC DNQ Ret DNQ DNQ Ret Ret Ret DNQ 0
-   セオドール-フォード DNQ DNQ Ret DNQ DNPQ DNQ DNPQ 0
-   ヘスケス-フォード DNQ DNQ Ret DNPQ DNPQ DNQ 0
順位 コンストラクター ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
MON
 
BEL
 
ESP
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
ポイント

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで、各コンストラクター最上位の車両に 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半8戦の内ベスト7戦および後半8戦の内ベスト7戦がポイントランキングに数えられた。[3] 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

レース 開催地 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  XXX BRDC インターナショナル・トロフィー シルバーストン 3月19日   ケケ・ロズベルグ   セオドール-コスワース 詳細

参照編集

  1. ^ Mike Kettlewell, The Champion Book of World Championship Facts & Figures, 1982, Page 34
  2. ^ Automobile Year, 1978/79, Page 236
  3. ^ Mike Kettlewell, The Champion Book of World Championship Facts & Figures, 1982, Page 40

外部リンク編集