テイエムトッパズレ

テイエムトッパズレ日本競走馬である。馬名の意味は、冠名テイエム+鹿児島の方言で「飛びぬけている」という意味を持つトッパズレ。

テイエムトッパズレ
Tm Toppazure.jpg
2008年11月15日 京都競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 2003年4月1日(17歳)
死没 不明
登録日 2005年6月2日
抹消日 2013年12月26日(金沢
テイエムオペラオー
テイエムシャルマン
生国 日本の旗 日本鹿児島県垂水市
生産 テイエム牧場
馬主 竹園正繼
→清水徳克
調教師 鹿戸明栗東
金田一昌(金沢)
坂口義幸名古屋
→金田一昌(金沢)
服部健一(金沢)
競走成績
生涯成績 57戦5勝
平地競走10戦1勝)
障害競走34戦4勝)
地方競馬13戦0勝)
獲得賞金 2億6132万2000円
テンプレートを表示

戦績編集

2歳時(2005年)編集

7月16日小倉芝1200m新馬戦(九州産馬限定戦)でデビューした。6番人気と、それほど高い評価ではなかったが、レースでは好スタートから先手を奪い、そのままゴール。見事デビュー戦初勝利を飾った。この勝利はテイエムオペラオー産駒の初勝利となり、また2着と3着にもテイエムオペラオー産駒のテイエムハエドー、テイエムホイドンが入り、テイエムオペラオー産駒のワンツースリーとなった。しかし、このレースは九州産馬限定戦であり、タイムもそれほど速くなかったことから、競馬雑誌などの新馬戦評価では「このレースに出走した馬で、将来活躍できる素質馬は見当たらない」と評するものもあった。

その後、フェニックス賞ひまわり賞に出走したが勝つことが出来ず、この年の勝利は新馬戦のみとなった。

3歳時(2006年)編集

この年は不振を極め、10回出走するも、殆ど見せ場の無い惨敗を繰り返す事となった。7月2日には障害競走の未勝利戦に挑戦するが、結果は勝ち馬から7.4秒差もつけられる9着であった。中央だけでなく翌年にかけて荒尾競馬場の九州産限定競走でも3回出走したものの勝つことは出来なかった。

4歳時(2007年)編集

3月に障害競走に再び出走するようになったが、初戦は勝ち馬から15秒離され、完走馬としては最下位の12着に敗れた。しかし、2戦目で5.1秒差の6着と前進を見せ、続く4月7日の競走では障害競走では初めて鞍上に佐久間寛志を迎え、逃げ切り勝利を収めた。単勝オッズも83倍とかなりの人気薄だったのだが、それを跳ね返しての勝利となった。

次走は、2007年4月21日京都で行われた障害オープンに出走した。障害の強豪コウエイトライが出走しており、また当馬の前走がフロック視されていたこともあり、単勝オッズは89.8倍と前走以上に人気が無かったのだが、レースでは2番手につけると、直線で逃げるコウエイトライを猛追し、惜しくもハナ差の2着となった。

その後はやや精彩を欠くレースが続いた。5月19日に行われた障害オープンでは水濠障害で騎手が落馬して競走を中止しており、11月10日に行われた京都ハイジャンプでは3着に入ったものの、勝ち馬のテイエムドラゴンからは5.7秒もの大差をつけられている。続くイルミネーションジャンプステークス中山大障害では激しく首を振って折り合いを欠く状況になり、それぞれ6着、7着に敗れた。

5歳時(2008年)編集

4月に復帰初戦となる障害オープン競走で5着となると、5月17日には、京都ジャンプステークスに出走した。ここ数戦は控える競馬で伸び悩んでいたのだが、このレースでは鞍上の佐久間は思い切った先行策をとり、ハナを奪った。道中ではマイペースの逃げに持ち込むことが出来たものの、終盤は人気のエイシンペキン、ナイトフライヤーに競りかけられた。しかし、そこから二の脚使って再加速し、そのままゴールまで押し切り勝利を収めた。この勝利はテイエムオペラオー産駒の中央競馬の重賞初勝利であり、また鞍上の佐久間にとっても重賞初勝利となった。佐久間は勝利騎手インタビューで「麻雀で、ダブル役満ツモったぐらい気持ちいいです!」と発言し、場内を沸かせた。その後、6月14日東京ハイジャンプでは5着だった。3ヶ月休養後、9月の障害オープン競走では2着、10月18日東京オータムジャンプでは7着、11月15日の京都ハイジャンプでは10着だった。そして12月27日の中山大障害に出走。11番人気と低評価であったが、2番手を追走してそのまま粘って3着に入った。

6歳時(2009年)編集

この年の初戦は、3月14日阪神スプリングジャンプに出走したが、11着と大敗した。続く本番の中山グランドジャンプでは人気通りの7着に敗れた。

5月16日の第11回京都ハイジャンプでは、3番人気で出走。好スタートから先頭に立ち、道中も軽快に逃げ、最後の直線でスズカスペンサーとクールジョイの猛追をしのぎきり、逃げ切り勝ちを収め重賞2勝目を挙げた。続く小倉サマージャンプでは好位追走も勝ったエイシンボストンから4馬身差の3着に敗れた。その後、10月17日の東京ハイジャンプでは8番人気の低評価だったが、好スタートからハナを奪い逃げ切り勝ちを収めた。続く11月14日の京都ジャンプステークスでは2周目の3コーナーまで快調に逃げていたが2周目の4コーナーでエーシンディーエスにかわされると最後の直線で7馬身差をつけられて2着と完敗した。大一番である12月26日の中山大障害では3番人気に推されたものの、2周目2コーナー通過後、直進すべきところを馬が大障害コースの方向に逃避したために、騎手がバランスを崩し落馬、競走中止となった。

7歳時(2010年)編集

この年の初戦は前年同様、3月13日阪神スプリングジャンプから始動。好スタートから先頭に立ち、道中逃げる展開になるも最後の直線で力尽きて11着と惨敗した。4月17日中山グランドジャンプでは軽快に逃げるものの最後の直線で後続馬に捕らえられ6着に敗れた。続く5月15日京都ハイジャンプでは1番人気に支持され、道中先団追走も直線で伸び切れず7着に終わった。休養を挟み、連覇がかかった10月16日の東京ハイジャンプでは好スタートから先頭に立って逃げるものの最後の直線で後続馬に捕らえられて6着に敗れ、連覇はならなかった。続く11月13日京都ジャンプステークスではレース途中で逃げるコウエイトライと並走するが直線で失速し9着に敗れた。12月25日中山大障害では2周目の3コーナーで先頭に立ったが直線で伸び切れず4着だった。

8歳時(2011年)編集

この年の初戦は3年連続で3月21日阪神スプリングジャンプから始動。道中2番手を追走して3周目の4コーナーで先頭に立ったが直線でオープンガーデンにかわされて2着。5月14日京都ハイジャンプでは2番手追走も直線で失速し8着に敗れた。東日本大震災の影響で7月開催となった中山グランドジャンプでは道中好位追走も直線で伸び切れず5着だった。5ヶ月休養後、12月3日イルミネーションジャンプステークスでは道中2番手以下に3馬身ほどの差をつけて逃げを打ったが失速し8着。

9歳・10歳時(2012年・2013年)編集

9月30日付けでJRAの競走馬登録抹消と地方競馬への移籍が発表された。移籍先は金沢金田一昌厩舎。その後何度か所属先を変えてたものの勝利は挙げられず、2013年12月26日付で登録を抹消された[1]。 重賞レースを勝っているにもかかわらず功労馬繋養展示事業の対象馬になっておらず、その後の消息は分かっていない。一説には乗馬としての引き取りがなく処分されたと言われている。

エピソード編集

  • 父は竹園の代表的な所有馬であるテイエムオペラオー。竹園は、テイエムオペラオーを種牡馬として成功させようと、所有する繁殖牝馬に積極的にテイエムオペラオーを配合しており、当馬が初めての重賞勝利馬となった。
  • 当馬は竹園が所有するテイエム牧場で生産された競走馬であり、竹園の自家生産馬である。テイエム牧場においては、テイエムチュラサンに続く、2頭目の重賞勝利馬となった。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
(上り3F/平均1F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 7. 16 小倉 新馬 18 15.6 (6人) 1着 菊地昇吾 54 芝1200m(良) 1:10.4 (36.1) 0.2 (テイエムハエドー)
8. 6 小倉 フェニックス賞 OP 11 61.4 (6人) 7着 菊地昇吾 54 芝1200m(良) 1:10.5 (36.8) -2.2 エイシンアモーレ
8. 27 小倉 ひまわり賞 OP 13 13.1 (4人) 5着 菊地昇吾 55 芝1200m(良) 1:10.3 (35.7) -0.5 ミッキーコマンド
2006 1. 21 京都 500万 14 192.7 (13人) 14着 佐久間寛志 53 ダ1400m(良) 1:28.2 (40.9) -3.8 マンオブパーサー
2. 7 荒尾 たんぽぽ賞 12 (5人) 6着 鹿戸雄一 56 ダ1500m(不) 1:38.6 (38.9) -1.2 トウショウヒカリ
2. 26 阪神 すみれS OP 9 206.0 (9人) 7着 佐久間寛志 56 芝2200m(不) 2:21.2 (37.3) -2.2 ナイアガラ
3. 18 中京 フリージア賞 16 180.3 (14人) 16着 菊地昇吾 56 芝2000m(稍) 2:04.0 (38.5) -2.6 ホーマンアラシ
4. 9 阪神 500万下 13 278.5 (12人) 7着 佐久間寛志 56 芝1400m(良) 1:23.2 (36.0) -1.3 ウインレジェンド
5. 6 京都 500万下 12 104.1 (10人) 10着 菊地昇吾 56 芝1200m(良) 1:35.9 (36.3) -1.3 ラッセルバローズ
6. 3 中京 500万下 18 303.7 (17人) 14着 菊地昇吾 56 芝1200m(良) 1:10.4 (35.8) -1.4 シルクゾディアック
7. 2 京都 障害未勝利 14 71.4 (12人) 9着 菊地昇吾 58 障2910m(不) 3:25.5 (14.1) -7.4 サフランブリザード
7. 25 荒尾 大隅特別 10 14.0 (8人) 3着 村島俊策 56 ダ1400m(良) 1:30.1 (37.1) -0.7 ドリームホマレ
8. 9 荒尾 霧島賞 12 61.0 (8人) 8着 村島俊策 56 ダ1500m(良) 1:38.7 (38.6) 4.2 ターボフラッシュ
2007 1. 28 小倉 500万下 18 219.1 (18人) 11着 菊地昇吾 56 芝1200m(良) 1:11.0 (36.7) -1.6 ゴールドサンセット
3. 4 阪神 障害未勝利 14 137.4 (11人) 12着 白坂聡 59 障2970m(良) 3:34.5 (14.4) -15.0 シーグランプリ
3. 17 阪神 障害未勝利 14 115.7 (12人) 6着 白坂聡 59 障2970m(良) 3:26.3 (13.9) -5.1 アグネスモナク
4. 7 阪神 障害未勝利 14 83.0 (11人) 1着 佐久間寛志 59 障2970m(良) 3:23.0 (13.7) 0.1 (トーワスラッガー)
4. 21 京都 障害OP 14 89.8 (11人) 2着 佐久間寛志 58 障3170m(良) 3:31.3 (13.3) -0.0 コウエイトライ
5. 19 東京 障害OP 14 7.7 (3人) 中止 佐久間寛志 58 障3300m(良) ミヤビペルセウス
10. 27 京都 障害OP 13 35.5 (7人) 11着 佐久間寛志 60 障3170m(稍) 3:39.7 (13.9) -5.7 ブラックコンドル
11. 10 京都 京都HJ JGII 7 25.1 (5人) 3着 佐久間寛志 56 障3930m(良) 4:30.3 (13.8) -5.7 テイエムドラゴン
12. 1 中山 イルミネーションJS OP 14 64.1 (9人) 6着 佐久間寛志 60 障3350m(良) 3:47.4 (13.6) -1.5 メジロベイシンガー
12. 22 中山 中山大障害 JGI 16 72.6 (10人) 7着 佐久間寛志 63 障4100m(良) 4:44.4 (13.9) -4.7 メルシーエイタイム
2008 4. 26 京都 障害OP 12 47.7 (7人) 5着 佐久間寛志 59 障3170m(良) 3:32.9 (13.4) -2.3 ゴールデンシャイン
5. 17 京都 京都JS JGIII 11 15.7 (5人) 1着 佐久間寛志 59 障3170m(良) 3:33.3 (13.5) 0.3 (ナイトフライヤー)
6. 14 東京 東京HJ JGII 14 16.6 (7人) 5着 佐久間寛志 60 障3300m(良) 3:40.3 (13.4) -3.2 テイエムエース
9. 27 中山 障害OP 14 20.1 (8人) 2着 佐久間寛志 63 障3210m(良) 3:34.7 (13.4) -0.4 シュフルール
10. 18 東京 東京AJ JGIII 14 13.3 (4人) 7着 佐久間寛志 61 障3300m(良) 3:38.7 (13.3) -2.0 タイキレーザー
11. 15 京都 京都HJ JGII 14 29.2 (7人) 10着 佐久間寛志 60 障3930m(良) 4:30.4 (13.8) -4.2 キングジョイ
12. 27 中山 中山大障害 JGI 16 145.8 (11人) 3着 佐久間寛志 63 障4100m(良) 4:45.5 (13.9) -0.5 キングジョイ
2009 3. 14 阪神 阪神SJ JGII 13 17.9 (6人) 11着 佐久間寛志 60 障3900m(重) 4:25.9 (13.6) -1.5 トーワヒヨシマル
4. 18 中山 中山GJ JGI 15 23.3 (7人) 7着 佐久間寛志 63.5 障4250m(良) 4:54.7 (13.9) -5.6 スプリングゲント
5. 16 京都 京都HJ JGII 14 6.9 (3人) 1着 佐久間寛志 60 障3930m(良) 4:25.9 (13.5) -0.1 (スズカスペンサー)
7. 25 小倉 小倉サマーJ JGIII 14 9.8 (4人) 3着 佐久間寛志 62 障3390m(良) 3:41.6 (13.1) 0.7 エイシンボストン
10. 17 東京 東京HJ JGII 14 26.6 (8人) 1着 佐久間寛志 61 障3300m(良) 3:40.0 (13.3) -0.4 (ビコーフェザー)
11. 14 京都 京都JS JGIII 14 3.8 (2人) 2着 佐久間寛志 62 障3170m(良) 3:32.9 (13.4) 1.1 エーシンディーエス
12. 26 中山 中山大障害 JGI 14 5.3 (3人) 中止 佐久間寛志 63 障4100m(良) キングジョイ
2010 3. 13 阪神 阪神SJ JGII 14 9.5 (6人) 11着 佐久間寛志 61 障3900m(良) 4:24.7 (13.6) 4.0 トーワベガ
4. 17 中山 中山GJ JGI 14 11.4 (4人) 6着 佐久間寛志 63.5 障4250m(不) 5:04.3 (14.3) 0.8 メルシーモンサン
5. 15 京都 京都HJ JGII 14 4.3 (1人) 7着 佐久間寛志 61 障3930m(良) 4:25.6 (13.5) 2.5 エーシンディーエス
10. 16 東京 東京HJ JGII 14 33.1 (8人) 6着 佐久間寛志 61 障3300m(良) 3:40.0 (13.3) 0.9 イコールパートナー
11. 13 京都 京都JS JGIII 12 18.4 (6人) 9着 佐久間寛志 62 障3170m(良) 3:34.6 (13.5) 2.9 ランヘランバ
12. 25 中山 中山大障害 JGI 12 30.5 (9人) 4着 佐久間寛志 63 障4100m(良) 4:46.8 (14.0) 0.7 バシケーン
2011 3. 21 阪神 阪神SJ JGII 14 16.9 (5人) 2着 佐久間寛志 61 障3900m(稍) 4:27.5 (13.7) 0.2 オープンガーデン
5. 14 京都 京都HJ JGII 14 7.6 (4人) 8着 佐久間寛志 61 障3930m(良) 4:30.8 (13.8) 3.7 タマモグレアー
7. 2 中山 中山GJ JGI 12 5.8 (3人) 5着 佐久間寛志 63.5 障4260m(良) 4:55.1 (13.9) 3.5 マイネルネオス
12. 3 中山 イルミネーションJS OP 10 13.9 (6人) 8着 黒岩悠 62 障3570m(不) 4:16.7 (14.4) 6.7 ディアマジェスティ
2012 12. 9 金沢 はなさん短大合格あずさ杯 5 5.4 (3人) 5着 江下英昭 56 ダ2100m(不) 2:27.1 (45.1) 5.3 ケージーアメリカン
2013 1. 16 名古屋 ガーネットOP 7 82.3 (6人) 7着 田知弘久 57 ダ1600m(重) 1:43.9 (39.7) 4.5 ネオンオーカン
1. 25 笠松 東海クラウン 8 78.3 (6人) 8着 丸山真一 57 ダ1600m(良) 1:47.2 (39.1) 5.5 エーシンサンダー
1. 31 名古屋 アメジストOP 9 94.6 (8人) 9着 田知弘久 57 ダ1800m(良) 2:00.7 (40.7) 4.5 ミヤジメーテル
2. 7 名古屋 ねこやなぎ特別 6 66.9 (6人) 6着 丸山真一 57 ダ1600m(重) 1:43.9 (38.7) 3.7 パラダイスラビーダ
2. 21 名古屋 梅見月杯 SPI 10 149.7 (9人) 10着 丸山真一 57 ダ1900m(重) 2:05.4 (41.3) 5.1 サイモンロード
3. 19 金沢 能登・雪割草まつり特別 9 49.0 (7人) 8着 江下英昭 56 ダ1700m(不) 1:55.9 (43.1) 5.4 ガンズオブナバロン
3. 28 金沢 蛇の目神事特別 9 194.7 (9人) 8着 田知弘久 56 ダ1700m(良) 1:55.5 (41.9) 4.6 ガンズオブナバロン
4. 9 金沢 峨山道巡行特別 9 141.8 (7人) 7着 松戸政也 56 ダ1900m(稍) 2:10.9 (41.5) 3.7 ヒカルルーキー
4. 23 金沢 倶利伽羅さん八重桜特別 12 502.0 (12人) 12着 沖静男 56 ダ1700m(稍) 1:56.4 (42.3) 6.0 ガンズオブナバロン

血統表編集

テイエムトッパズレ血統サドラーズウェルズ系) / Northern Dancer 4×4=12.50%、Special 5×4=9.38%、Wild Risk 5×5=6.25%、Bold Ruler 5×5=6.25%) (血統表の出典)

テイエムオペラオー
1996 栗毛
北海道浦河町
父の父
*オペラハウス
Opera House 1988
鹿毛 イギリス
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Colorspin High Top
Reprocolor
父の母
*ワンスウェド
Once Wed 1984
栗毛 アメリカ
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Noura 1978 Key to the Kingdom
River Guide

テイエムシャルマン
1995 黒鹿毛
*ステートリードン
Stately Don 1984
青鹿毛 アメリカ
Nureyev Northern Dancer
Special
Dona Ysidra Le Fabuleux
Matriarch
母の母
ユーワメルド
1983 鹿毛
*サティンゴ
Satingo
Petingo
Saquebute
ピーチガール *セダン
メリーブラット F-No.4-m

母の半兄に有馬記念を勝ったシルクジャスティス(父ブライアンズタイム)がいる。

脚注編集

外部リンク編集