テオクリュメノス古希: Θεοκλύμενος, Theoklymenos, : Theoclymenus)は、ギリシア神話の人物である。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

ポリュペイデースの子編集

このテオクリュメノスは、予言者ポリュペイデースの子で[1]、ハルモニデーと兄弟[2]。預言者メラムプースの子孫にあたる優れた予言者で、父オデュッセウスの情報を求めてピュロスネストールスパルタメネラーオスを訪ねていたテーレマコスと出会い、イタケー島を訪れて、オデュッセウスの一族に関して多くの予言をした。

『オデュッセイア』編集

オデュッセイア』によると、テオクリュメノスは一族の人間を殺したため、報復を避けるためにアルゴスから逃れ、諸国を放浪しているところだった。彼はピュロスで出航の安全を神々に祈願しているテーレマコスに出会った。そして彼が異国のイタケー出身で、これから帰国の途につくところだと分かると、テーレマコスに同船を求めた。テーレマコスは快く応じた[3]

イタケーに着き、テーレマコスの母ペーネロペーに多くの求婚者たちが押しかけている事情[注釈 1]を知ったテオクリュメノスは、鳥占いによってイタケーの王にふさわしいのはオデュッセウスの一族以外にないと予言した。これを聞いたテーレマコスは、最初は彼をエウリュマコスの館に滞在させようと思っていたが[注釈 2]、考えを変えて、友人のペイライオスの館に滞在してもらい、その後改めてオデュッセウスの館に案内した[4]

オデュッセウスの館では、テオクリュメノスはテーレマコスとペーネロペーからもてなしを受けた。またテーレマコスが旅先で得た父の情報をペーネロペーに語っている最中に口をはさみ、船上で得た鳥の前兆によって、すでにオデュッセウスはイタケーに帰還し、求婚者たちを滅ぼさんとしていると予言した。事実は全くその通りなのだが、ペーネロペーはにわかに信じることが出来なかった[5]

さらにペーネロペーの新しい夫を決める弓競技の前日、テオクリュメノスは求婚者たちの不吉な運命を見た。テオクリュメノスは求婚者たちが闇に覆われて、涙を流しており、あたり一面は血で赤く染まり、エレボスを目指して急ぐ亡霊たちであふれかえっていた。しかし求婚者たちは相手にしなかったので、テオクリュメノスは彼らに不吉な運命を予言し、自らペイライオスの館に去った[6]

翌日、求婚者たちは弓競技において誰1人としてオデュッセウスの弓を引くことが出来ず、やがて姿を現したオデュッセウスとテーレマコスたちによって、予言通り全て殺された。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アミュターオーン
 
エイドメネー
 
 
 
 
 
 
 
プロイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオリアー
 
ペリメーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リューシッペー
 
ビアース
 
ペーロー
 
 
 
イーピアナッサ
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリアース
 
アナクシビアー
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティパテース
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
マンティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカストス
 
アルケースティス
 
タラオス
 
リューシマケー
 
コイラノス
 
イドモーン
 
 
 
 
オイクレース
 
ヒュペルムネーストラー
 
 
ポリュペイデース
 
クレイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プローナクス
 
メーキステウス
 
パルテノパイオス
 
アリストマコス
 
テストール
 
 
 
 
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
テオクリュメノス
 
コイラノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
アムピテアー
 
エウリュアロス
 
プロマコス
 
ヒッポメドーン
 
カルカース
 
アルペシボイアー
 
アルクマイオーン
 
カリロエー
 
アムピロコス
 
ポリュイードス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギアレウス
 
キュアニッポス
 
 
テューデウス
 
デーイピュレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリュティオス
 
アムポテロス
 
アカルナーン
 
 
 
 
 
エウケーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
ディオメーデース
 
アイギアレイア
 
コメーテース
 
 
 
 


プローテウスの子編集

このテオクリュメノスは、エジプト王プローテウスとプサマテーの子で、妹テオノエー(本名エイドオー)の兄。父プローテウスの死後、暴虐な王としてエジプトに君臨し、訪れるギリシア人を捕らえては殺していた。

エウリーピデース悲劇ヘレネー』によると、トローイアの王子パリスがスパルタから連れ去ったヘレネーヘーラーが雲から作った幻(エイドローン)で、本物のヘレネーはヘルメースによってエジプトに連れてこられ、プローテウスによって保護されていた。プローテウスの死後、テオクリュメノスはヘレネーと結婚しようと企んだが、メネラーオスがエジプトを訪れて、ヘレネーを発見し、テオノエーの協力を得てエジプトを脱出した。テオクリュメノスは脱出に加担した妹を殺そうとしたが、現れた双生児ディオスクーロイによって制止された[7]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ オデュッセウスが20年の長きにわたってトローイアから帰還しないため、オデュッセウスが死んだと考え、彼の財産と領地を手に入れようと目論む男たちが大挙してペーネロペーに求婚を申し込んできた。あまつさえ彼らは毎日オデュッセウスの館にやって来て彼の財産を浪費していた。2人の息子であるテーレマコスはこれを苦々しく思い、父が生きているにせよ、あるいは死んでいて母が求婚者の誰かと結婚するにせよ、オデュッセウスのたどった運命について正確な情報を入手する必要があった。
  2. ^ エウリュマコスはイタケーの有力者で、母ペーネロペーの求婚者の1人。

脚注編集

  1. ^ 『オデュッセイア』15巻256行。
  2. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.266b。
  3. ^ 『オデュッセイア』15巻271行-281行。
  4. ^ 『オデュッセイア』15巻508行-546行。
  5. ^ 『オデュッセイア』17巻45行-161行。
  6. ^ 『オデュッセイア』20巻345行-372行。
  7. ^ エウリーピデース『ヘレネー』。

参考文献編集