メインメニューを開く

テスケロサウルス科 Thescelosauridae (テスケロサウルス類)は、小型鳥盤類クレードあるいはの一つで、以前はヒプシロフォドン類 や鳥脚類に含まれていた。

テスケロサウルス科
生息年代: 70 Ma
Burpee - Thescelosaurus.JPG
テスケロサウルスのキャスト
地質時代
白亜紀前期 - 後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
: テスケロサウルス科
Thescelosauridae
学名
Thescelosauridae
Gilmore1913
シノニム

パルクソサウルス科 Boyd, 2015

亜科

分類編集

Thescelosauridae テスケロサウルス科
Orodrominae オロドロメウス亜科


TMP 2008.045.0002



Oryctodromeus オリクトドロメウス





Albertadromeus アルベルタドロメウス



Orodromeus オロドロメウス



Zephyrosaurus ゼフィロサウルス




Thescelosaurinae テスケロサウルス亜科

Parksosaurus パルクソサウルス




Changchunsaurus カンクンサウルス



Haya ハヤ



Jeholosaurus ジェホロサウルス



Thescelosaurus テスケロサウルス





このクラドグラムは2013年のブラウンによるものである[1]

ヒプシロフォドン類は1990年代初頭に自然分類群として解釈されていた[2][3]が、この仮説は今では支持を失っており、ヒプシロフォドン類は、イグアノドン類と近縁な様々な動物からなる側系統であったことが判明している[4][5][6][7][8]ヒプシロフォドン科やヒプシロフォドン類は、正確なクレードとしてではなく進化段階を説明するためだけの非専門的な用語として理解された方が良い。テスケロサウルスはヒプシロフォドン類の中で非常に基盤的、または非常に派生的、その両方として考察されてきた[3][6]。テスケロサウルスを分類することを潜在的に妨げている問題は、 テスケロサウルス・ネグレクトゥスとして割り当てられた化石のすべてが必ずしもその種のものであるわけではないということである[9]。 クリント・ボイド Clint Boyd らはテスケロサウルス属が別の属を含んでいることに気づき、ブゲナサウラ Bugenasaura を記載した。また、テスケロサウルス属には少なくとも3種が含まれているかもしれず、かつてネグレクトゥス種に分類されていたいくつかの標本は、まだ種として記載されていなかった[4]。それらはパルクソサウルスに近縁であると思われる[4][6][7][10][11]

 
テスケロサウルスの頭骨と腕、ロッキー博物館

ヒプシロフォドン科の解体に伴い、テスケロサウルス科の設立が行われた。この類の恐竜の系統樹は歴史的に研究が不十分であることによって複雑化していたが、ボイドらの論文[4]とブラウンらの論文[10][11] は特にテスケロサウルス科について対応するものとなった。彼らはそれぞれ2009年と2011年に2つの互いに近縁な分類群が白亜紀のヒプシロフォドン類に含まれていることを指摘した。一つはオロドロメウスやオリクトドロメウス、ゼフィロサウルスを含むもの、もう一つはパルクソサウルスやテスケロサウルスを含むものである[4][10]。ブラウンらは2013年に、オロドロメウスを含むクレードに新たにアルベルタドロメウスを、そしてテスケロサウルスのクレードに以前はジェホロサウルス科に含まれていたアジアの新属をそれぞれ加えることにより、説を補強した[5]。 彼らはまた、正式にテスケロサウルス科およびオロドロメウス亜科とテスケロサウルス亜科を定義した[11]

2015年のボイドによる分析では、テスケロサウルス科は鳥脚亜目から外され、角脚類姉妹群とされた[12]

出典編集

  1. ^ Brown, C. M.; Evans, D. C.; Ryan, M. J.; Russell, A. P. (2013). “New data on the diversity and abundance of small-bodied ornithopods (Dinosauria, Ornithischia) from the Belly River Group (Campanian) of Alberta”. Journal of Vertebrate Paleontology 33 (3): 495–520. doi:10.1080/02724634.2013.746229. 
  2. ^ Sues, Hans-Dieter; Norman, David B. (1990). “Hypsilophodontidae, Tenontosaurus, Dryosauridae”. In Weishampel, David B.. The Dinosauria (1st ed.). Berkeley: University of California Press. pp. 498–509. ISBN 0-520-06727-4. 
  3. ^ a b Weishampel, David B.; Heinrich, Ronald E. (1992). “Systematics of Hypsilophodontidae and Basal Iguanodontia (Dinosauria: Ornithopoda)” (PDF). Historical Biology 6 (3): 159–184. doi:10.1080/10292389209380426. http://www.tandf.co.uk/journals/pdf/ghbi_06_01_01.pdf 2007年3月10日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e Boyd, Clint A.; Brown, Caleb M.; Scheetz, Rodney D.; Clarke, Julia A. (2009). “Taxonomic revision of the basal neornithischian taxa Thescelosaurus and Bugenasaura”. Journal of Vertebrate Paleontology 29 (3): 758–770. doi:10.1671/039.029.0328. 
  5. ^ a b Han, Feng-Lu; Paul M. Barrett; Richard J. Butler; Xing Xu (2012). “Postcranial anatomy of Jeholosaurus shangyuanensis (Dinosauria, Ornithischia) from the Lower Cretaceous Yixian Formation of China”. Journal of Vertebrate Paleontology 32 (6): 1370–1395. doi:10.1080/02724634.2012.694385. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/02724634.2012.694385. 
  6. ^ a b c Norman, David B.; Sues, Hans-Dieter; Witmer, Larry M.; Coria, Rodolfo A. (2004). “Basal Ornithopoda”. In Weishampel, David B.. The Dinosauria (2nd ed.). Berkeley: University of California Press. pp. 393–412. ISBN 0-520-24209-2. 
  7. ^ a b Weishampel, David B.; Jianu, Coralia-Maria; Csiki, Z.; Norman, David B. (2003). “Osteology and phylogeny of Zalmoxes (n.g.), an unusual euornithopod dinosaur from the latest Cretaceous of Romania”. Journal of Systematic Palaeontology 1 (2): 1–56. doi:10.1017/S1477201903001032. 
  8. ^ Varricchio, David J.; Martin, Anthony J.; Katsura, Yoshihiro (2007). “First trace and body fossil evidence of a burrowing, denning dinosaur” (PDF). Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 274 (1616): 1361–1368. doi:10.1098/rspb.2006.0443. PMC: 2176205. PMID 17374596. http://journals.royalsociety.org/content/uj1k12wh01587821/fulltext.pdf 2007年3月22日閲覧。. 
  9. ^ Butler, Richard J.; Upchurch, Paul; Norman, David B. (2008). “The phylogeny of the ornithischian dinosaurs”. Journal of Systematic Palaeontology 6 (1): 1–40. doi:10.1017/S1477201907002271. 
  10. ^ a b c Brown; Caleb M.; Boyd, Clint A.; and Russell, Anthony P. (2011). “A new basal ornithopod dinosaur (Frenchman Formation, Saskatchewan, Canada), and implications for late Maastrichtian ornithischian diversity in North America”. Zoological Journal of the Linnean Society 163 (4): 1157–1198. doi:10.1111/j.1096-3642.2011.00735.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1096-3642.2011.00735.x/abstract. 
  11. ^ a b c Brown, Caleb Marshall; Evans, David C.; Ryan, Michael J.; Russell, Anthony P. (2013). “New data on the diversity and abundance of small-bodied ornithopods (Dinosauria, Ornithischia) from the Belly River Group (Campanian) of Alberta”. Journal of Vertebrate Paleontology 33 (3): 495–520. doi:10.1080/02724634.2013.746229. 
  12. ^ Boyd, Clint A. (2015). “The systematic relationships and biogeographic history of ornithischian dinosaurs”. PeerJ 3 (e1523). doi:10.7717/peerj.1523. PMC: 4690359. PMID 26713260. https://peerj.com/articles/1523/ 2016年1月5日閲覧。.