ディック・ヘクストール=スミス

ディック・ヘクストール=スミス[1]Dick Heckstall-Smith1934年9月26日 - 2004年12月17日)は、イングランドのジャズとブルースのサックス奏者[2]。1960年代と1970年代の最も影響力のあるブリティッシュ・ブルースロックフュージョン・バンドのいくつかと共演した。

ディック・ヘクストール=スミス
Dick Heckstall-Smith
Dick Heckstall-Smith.jpg
ディック・ヘクストール=スミス
基本情報
出生名 Richard Malden Heckstall-Smith
生誕 (1934-09-26) 1934年9月26日
出身地 イングランドの旗 イングランド シュロップシャー州ラドロー
死没 (2004-12-17) 2004年12月17日(70歳没)
ジャンル ブルースロック、ポストバップ、フュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 サクソフォーンピアノクラリネット
活動期間 1962年 - 2001年
共同作業者 ブルース・インコーポレイテッド、グラハム・ボンド・オーガニゼーション、ジョン・メイオールコロシアム

略歴編集

初期編集

ディック・ヘクストール=スミスはイングランドシュロップシャー州ラドローにあるロイヤル・フリー病院で生まれ[3]、ラドナーシャー州ナイトンで育ち、子供の頃にピアノ、クラリネット、アルトサックスの演奏を学んだ。ヨークボーディングスクールに通ったが、そこで2学期を拒否し、代わりに父親が地元のグラマースクールの校長職を引き受けたゴードンストウンに入学した[2]

ヘクストール=スミスは、ダーティントン・ホール・スクールで教育を修了した後、1953年からケンブリッジのシドニー・サセックス大学で農業を学び、大学のジャズバンドを共同で率いた[3]。15歳の頃、ダーティントンの時期にシドニー・ベシェの音に魅了されてソプラノサックスを演奏するようになった。その後、レスター・ヤングやテナーサックス奏者でビバップ・ジャズ・マンのワーデル・グレイが彼に大きな影響を与えたことがわかっている[4][5]

音楽キャリア編集

 
1970年5月にドイツのデュッセルドルフで開催された合同ミーティング・フェスティバルでのディック・ヘクストール=スミスとコロシアム

ヘクストール=スミスは、1950年代後半からロンドンのジャズ・シーンに積極的なメンバーとして関わっていった(クラリネット奏者のサンディ・ブラウンが率いるバンドでの1957年12月からの6か月の期間を含む)[6]。1962年にアレクシス・コーナーの画期的なブルース・グループであるブルース・インコーポレイテッドに参加し、アルバム『R&B フロム・ザ・マーキー』をレコーディングした。翌年、彼はそのバンドからの離脱ユニットであるグラハム・ボンド・オーガニゼーションの創設メンバーとなった(ラインナップには、ブルースロックのスーパーグループとなるクリームの将来のメンバーであるベーシストのジャック・ブルースとドラマーのジンジャー・ベイカーも含まれていた)。

1967年、ヘクストール=スミスは、ギタリストでボーカリストであるジョン・メイオールのブルースロック・バンド、ブルースブレイカーズのメンバーとなった[3]。ジャズ寄りとなったバンドには、ドラマーのジョン・ハイズマン、ベーシストのトニー・リーヴス、そして後にローリング・ストーンズへ加入するギタリストのミック・テイラーも在籍していた。彼らは1968年にアルバム『ベア・ワイヤーズ』をリリースした[3]

1968年から1971年まで、ヘクストール=スミス、ハイズマン、リーヴスは、イギリスの先駆的なジャズ・ロック・バンドであるコロシアムのメンバーとなった[3]。バンドはヘクストール=スミスに、2本のサックスを同時に演奏しながら、彼の作曲と楽器演奏の妙技を披露する機会を与えた[2]

コロシアムが1971年10月に解散したとき、ヘクストール=スミスはソロ・アルバムをレコーディングしたほか、マンチャイルド、スウィート・ペイン、ビッグ・チーフ、タフ・テナーズ、ザ・フェイマス・ブルースブラスターズ、メインスクィーズ、DHSSなどのさまざまなフュージョン・ユニットでフロント・マンを務めたり、演奏を行った。これらの集団の多くに共通するコラボレーション・ミュージシャンには、ヴィクター・ブロックス、キース・ティルマン、ハープ奏者でサヴォイ・ブラウンの創設メンバーであるジョン・オラーリーがいる。1980年代に彼のエレクトリック・ドリームというバンドで、ヘクストール=スミスは南アフリカのパーカッショニストであるジュリアン・バウラとも共演した。1983年から1986年まで、ディックはジョン・ジェームス(ギター)、デイヴ・ムーア(キーボード)と共に3スペースのメンバーを務めた。デイヴはメインスクィーズで仲間だったメンバーであり、クリス・ビリングス(ベース)、ポール・ハリス(キーボード)と1度、ツアーを行った。テナーとソプラノの他に、ディックは3スペースでバリトンサックスも演奏した。

ヘクストール=スミスは、1990年代のオリジナル・コロシアムのラインナップによる再結成に参加し、勤勉なハンブルクのブルースバンドで演奏した。2001年に彼はオールスター・プロジェクト『Blues and Beyond』を録音し、メイオール、ブルース、テイラー、元メイオールでフリートウッド・マックのギタリストであったピーター・グリーンと再会した。

ヘクストール=スミスは、1984年に彼の機知に富んだ回想録『The Safest Place in the World』を発表した。その増補版が『Blowing the Blues』と改名されて2004年に出版された[6]。彼は急性肝不全により2004年に70歳で亡くなった[7]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ソリッド・ボンド』 - Solid Bond (1970年、Warner Bros.) ※with グラハム・ボンド・オーガニゼーション
  • 『ア・ストーリー・エンディッド』 - A Story Ended (1972年、Bronze)
  • Woza Nasu (1991年、Aura)
  • Live 1990 (1991年、L+R) ※with ジョン・エサリッジ、レイナー・グラス、ジョー・ネイ
  • Where One Is (1991年)
  • Celtic Steppes (1995年、Twentythree)
  • This That (1995年、Atonal) ※with ジャック・ブルース、ジョン・スティーヴンス
  • Bird in Widnes (1995年、Konnex) ※with ジョン・スティーヴンス
  • On the Corner/Mingus in Newcastle (1998年、33 Jazz)
  • Obsession Fees (1998年、R&M (Germany)) ※with ジョン・エサリッジ・グループ
  • Blues and Beyond (2001年)

書誌編集

  • The Safest Place in the World: A Personal History of British Rhythm and Blues (Quartet, 1984, 978-0704326965)
  • Blowing the Blues: Fifty Years Playing the British Blues, with Pete Grant (Clear Books, 2004, 978-1904555049)

脚注編集

  1. ^ ディック・ヘクトール・スミス」の表記もある。
  2. ^ a b c Fordham, John (2004年12月22日). “Obituary: Dick Heckstall-Smith — Consummate jazz-blues saxophonist player whose solos had the sound of rightness”. The Guardian. 2012年5月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e Colin Larkin, ed (1997). The Virgin Encyclopedia of Popular Music (Concise ed.). Virgin Books. pp. 589/90. ISBN 1-85227-745-9 
  4. ^ Stephanie Thorburn, "Soul Survivor: The Seminal Dick Heckstall-Smith Dies, Aged 70", 2004. Grahambond.net
  5. ^ Evan Parker on John Coltrane”. Pointofdeparture.org. 2019年10月10日閲覧。
  6. ^ a b "Dick Heckstall-Smith" (obituary), The Daily Telegraph, 21 December 2004.
  7. ^ Jon Hiseman's Tribute to Dick Heckstall-Smith”. Temple-music.com. 2019年10月10日閲覧。

外部リンク編集