トニー・リーヴス

トニー・リーヴスTony Reeves1943年4月18日 - 、サウスイースト・ロンドン、ニュー・エルサム生まれ)は、イングランドのベーシスト/コントラバス奏者であり、「非常に際立った複雑なベース・サウンド」[1]と電子効果の使用で有名である。

トニー・リーヴス
Tony Reeves
出生名 Anthony Robert Reeves
生誕 (1943-04-18) 1943年4月18日(78歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド サウスイースト・ロンドン、ニュー・エルサム
ジャンル ジャズプログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベースコントラバス
共同作業者 ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズコロシアムグリーンスレイドカーヴド・エア

略歴編集

10代の頃、リーヴスはオーケストラのコントラバスを学び、地元のジャズ志向のグループ(時にはウェス・ミンスター・ファイヴ)で、ルイシャムにあるコルフェス・グラマー・スクールの同級生[2]デイヴ・グリーンスレイドジョン・ハイズマンと共演した。リーヴスとハイズマンは後にジョン・メイオールと一緒にアルバム『ベア・ワイヤーズ』をレコーディングし、その後、コロシアムを結成した[1]

ジャズに熱心なリーヴスはニュー・ジャズ・オーケストラで演奏し、多くのスタンダード・ナンバーを学んだ。彼は音楽業界で数年間働いており、最初はデッカ・レコードの品質管理部門で中世のクラシック音楽からチャビー・チェッカーまでのさまざまな音源を聴き、トニー・ダマトのアシスタント・プロデューサーを務めてから4年後、パイ・レコードのレコード・プラガー(販促担当)となった。1964年後半、彼はパイのためのリリースを提案し、演奏を行い、Sounds Orchestralの「Cast Your Fate to the Wind」というインストゥルメンタルの全英ヒットを出した。彼はパイでトニー・ハッチのアシスタントとなり、その後、CBSやポリドールにおけるフリーランスのプロデューサーとなり、グリニッジ・グラモフォン・カンパニーのクリエイティブ・ディレクターとなった。また、1965年にマイク・テイラー・カルテットとアルバム『Pendulum』で、1966年にデイヴィ・グレアムと『フォーク、ブルース&ビヨンド』『ミッドナイト・マン』で一緒にレコーディングした[3]

その後まもなく、ハイズマンがメイオールに彼を推薦する直前、リーヴスはエレクトリックベースを弾くようになった。セッション仕事とプロデュースに専念するため2枚のアルバムを制作してコロシアムを脱退した後は、ウッズ・バンド、サンディ・デニー(『海と私のねじれたキャンドル』)、ポール・ケント、ジョン・マーティン(『Bless the Weather』)、デイ・オブ・フェニックス、デンマークのバーニング・レッド・アイヴァンホー、クリス・デ・バーと共に演奏した。1972年にはデイヴ・グリーンスレイドとに再び合流し、グリーンスレイドを結成。リーヴスは1974年までバンドに籍を置き、3枚のアルバムをレコーディングした。コロシアムの時と同様、脱退はプロデューサーとしてのキャリアに集中したいという願望によるものだった[4]

1973年、マイク・テイラーへのトリビュートである「マイク・テイラー・リメンバード」にて、ニール・アードレイ、ジョン・ハイズマン、イアン・カーバーバラ・トンプソン、その他の名立たる現代ブリティッシュ・ジャズ・プレーヤーたちと共演。その後は、カーヴド・エアと演奏したり、元コロシアムのサックス奏者ディック・ヘクストール=スミスと元カーヴド・エアのギタリストであるミック・ジャックと一緒にビッグ・チーフ (Big Chief)と呼ばれるジャズ・バンドで演奏した。彼は今でもビッグ・チーフ、ブルー・アンバ (Blue Amba)、ザ・ウォーソッグス (The Warthogs)と共演していて、隔週火曜日にセラーバーのカムデンタウン(デイヴィ・グレアムの地元)にある会員制パブでコントラバスを演奏しており、そこでマルチ・インストゥルメンタル奏者でソングライターのJCキャロルと出会い、彼と散発的に一緒に演奏したりレコーディングを行っている。彼らはアスコットにおける最初のショーで一緒にライブ・アルバムを録音した。彼らは、価値あるアコースティックなアルバムを探求するという拡張されたラーガに取り組んでいると理解されている。

リーヴスは、イギリスのサウンド・テクノロジー企業であるMTR Professional Audioの責任者でもあり、30年近く事業を行っている[5]

脚注編集

  1. ^ a b Answers.com”. Answers.com. 2011年7月20日閲覧。
  2. ^ Dmitry M. EPSTEIN Copyright 2003 - dmitry at epstein.to. “Interview at”. Dmme.net. 2011年7月20日閲覧。
  3. ^ Personal at inet.fi”. Personal.inet.fi (1968年5月2日). 2011年7月20日閲覧。
  4. ^ Dome, Malcolm (2018). Spyglass Guest (Booklet). Greenslade. Cherry Red Records Ltd. pp. 4–11.
  5. ^ Curvedair, Tony”. Curvedair.com. 2011年7月20日閲覧。

外部リンク編集