デメトリオス2世ニカトル

セレウコス朝の君主

デメトリオス2世ニカトルΔημήτριος Β` Νικάτωρ, 紀元前160年 - 紀元前125年[1])は、セレウコス朝シリア(在位:紀元前145年 - 紀元前138年紀元前129年 - 紀元前126年)。

デメトリオス2世
Δημήτριος Β`
シリア
Coin of Demetrius II Nicator (cropped), Ptolemais in Phoenicia mint.jpg
デメトリオス2世を象ったドラクマ硬貨
在位 紀元前145年 - 紀元前138年
紀元前129年 - 紀元前126年

出生 紀元前160年
死去 紀元前125年
ティルス
配偶者 クレオパトラ・テア
  ロドグネ
子女
王朝 セレウコス朝
父親 デメトリオス1世
母親 ラオディケ
テンプレートを表示

生涯編集

デメトリオス1世の子。父王がアレクサンドロス1世に敗れて殺害されると流刑になった[2]紀元前147年クレタ島からの傭兵を率いてシリアに戻り[2]プトレマイオス朝エジプトプトレマイオス6世の支持を受けて[3]、その娘のクレオパトラ・テア(アレクサンドロス1世の元妃)を妃とした[1]紀元前145年アンティオキアの戦い英語版でアレクサンドロス1世を破って即位した[1]。アレクサンドロス1世の将軍であったディオドトスアラビア半島へ逃れ、アレクサンドロス1世の遺児であるアンティオコス6世を擁立して挙兵すると、その軍勢に敗れてアンティオキアを失い、セレウキアに移った。

アンティオコス6世の死後、自ら王を称したディオドトスとの内乱が続く中、パルティアミトラダテス1世によってスーサエリマイスを奪われた。紀元前140年、失地奪還のためにバビロニアに向かったが、紀元前139年にミトラダテス1世に敗北してその捕虜となった[1][2][4]。デメトリオス2世が捕えられた後、その弟のアンティオコス7世がクレオパトラ・テアと再婚して即位した。パルティアの虜囚となったデメトリオス2世は2度逃亡を試みたが、いずれも失敗に終わった。しかし、パルティアでのデメトリオス2世は政治的な理由から丁重な処遇を受け、ミトラダテス1世の娘のロドグネ英語版を妃とした。

紀元前129年、アンティオコス7世との内訌を狙ったパルティアに解放されて[1]シリアに戻った[2]。同年にアンティオコス7世はパルティア相手に戦死したため、弟と再会することはなく復位した[1]。プトレマイオス朝の共同ファラオであったクレオパトラ2世(妃クレオパトラ・テアの母)からの誘いを受けてエジプト遠征に向かったが、その弟のプトレマイオス8世の反撃を受けて撤退した。プトレマイオス8世はシリアの対立王としてアレクサンドロス・ザビナスを擁立し、シリアに侵攻した。紀元前126年にデメトリオス2世はダマスカス郊外の戦いで敗北して[1]プトレマイス英語版に逃げ帰ったが、妃のクレオパトラ・テアに見限られて門を閉ざされ、船でティルスに逃れようとしたが、捕えられて殺害された[1]

出典編集

参考書籍編集

  • Richard R. Losch (2008-5-13). All the People in the Bible: An A-Z Guide to the Saints, Scoundrels, and Other Characters in Scripture. Wm. B. Eerdmans Publishing. ISBN 978-0802824547 
  • M. Rahim Shayegan (2011-9-15). Arsacids and Sasanians: Political Ideology in Post-Hellenistic and Late Antique Persia. Cambridge University Press. ISBN 978-0521766418 
 
ティルスで下船した後に殺害されるデメトリオス2世を描いたフランス細密画(1415年)
先代:
アレクサンドロス1世
セレウコス朝第12代君主
紀元前145年 - 紀元前138年
次代:
アンティオコス7世
先代:
アンティオコス7世
セレウコス朝第14代君主
紀元前129年 - 紀元前126年
次代:
クレオパトラ・テア