アレクサンドロス1世バラス

セレウコス朝の君主

アレクサンドロス1世バラス古代ギリシャ語: Αλέξανδρος Α΄ Βάλας, ラテン文字転写: Aléxandros I Bálas, ? - 紀元前145年8月)は、セレウコス朝シリアの第11代(在位:紀元前150年 - 紀元前145年[1])。

アレクサンドロス1世
Αλέξανδρος Α΄
シリア
Coin of Alexander I Balas, Antioch mint.jpg
アレクサンドロス1世を象ったドラクマ硬貨
在位 紀元前150年 - 紀元前145年

出生 不詳
スミュルナ
死去 紀元前145年8月
配偶者 クレオパトラ・テア
子女 アンティオコス6世
王朝 セレウコス朝
父親 アンティオコス4世
母親 ラオディケ4世
テンプレートを表示

生涯編集

スミュルナ(現在のイズミル)の出身で、アンティオコス4世の子を称した[2]紀元前152年、アンティオコス4世の財務長官であったヘラクレイデスによってデメトリオス1世に対する反乱の頭目として擁立され、キリキアで傭兵を率いて挙兵した[2][3]。アレクサンドロスはローマ元老院プトレマイオス朝エジプトプトレマイオス6世の支持を受けて[2]、プトレマイオス6世の娘クレオパトラ・テアを娶った[4]

内戦に勝利したアレクサンドロスはデメトリオス1世とその妃ラオディケ、長男のアンティゴノスを殺害して即位した。即位後程なくしてプトレマイオス6世と対立してエジプトとの関係が悪化し、クレオパトラ・テアと離縁した。アンティゴノスの弟デメトリオスクレタ島からの傭兵を率いて決起すると、プトレマイオス6世はデメトリオスを支持した[4][5]

アレクサンドロス1世はアンティオキア近郊のオイノパラス川英語版戦い英語版でデメトリオスに敗北した[5]。子のアンティオコスアラビア半島の国家ザブディエル・ディオクレスに送っていたアレクサンドロス1世はアラビアを目指して逃亡した[4]が、途中で暗殺され、その首級はデメトリオスの元に送られた。

紀元1747年ジョージ・フレデリック・ハンデルはアレクサンドロス1世の生涯を元に、オラトリオアレグザンダー・バルス英語版』を作曲した。

出典編集

参考書籍編集

  • George Long, ed (1833). The Penny Cyclopaedia of the Society for the Diffussion of Useful Knowledge. 1. Charles Knight 
  • Richard R. Losch (2008-5-13). All the People in the Bible: An A-Z Guide to the Saints, Scoundrels, and Other Characters in Scripture. Wm. B. Eerdmans Publishing. ISBN 978-0802824547 
  • M. Rahim Shayegan (2011-9-15). Arsacids and Sasanians: Political Ideology in Post-Hellenistic and Late Antique Persia. Cambridge University Press. ISBN 978-0521766418 
先代:
デメトリオス1世
セレウコス朝第11代君主
紀元前150年 - 紀元前145年
次代:
デメトリオス2世