デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編

デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編』(デモンズブレイゾン まかいむら もんしょうへん)は、1994年10月21日に日本のカプコンから発売されたスーパーファミコンアクションロールプレイングゲーム

デモンズ・ブレイゾン 魔界村 紋章編
ジャンル アクションRPG
対応機種 スーパーファミコン (SFC)
開発元 カプコン
発売元 カプコン
プロデューサー 藤原得郎
ディレクター 宮崎亮
デザイナー 岩尾賢一
音楽 堀山俊彦
シリーズ 魔界村シリーズ
人数 1人
メディア 16メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199410211994年10月21日
アメリカ合衆国 199411011994年11月1日
ヨーロッパ 199503011995年3月1日
対象年齢 日本 CEROB(12才以上対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
日本 暴力
アメリカ合衆国 Animated Violence
ヨーロッパ Violence
その他 型式:日本 SHVC-3Z
アメリカ合衆国 SNS-3Z-USA
ヨーロッパ SNSP-3Z-EUR
テンプレートを表示

同社の『魔界村』(1985年)の派生シリーズ『レッドアリーマーシリーズ』の3作品目(移植された物も加えると4作品目に当たる)。主人公のレッドアリーマーを操作し、魔物「ファランクス」を倒して奪われた魔石を取り戻し復讐を果たす事を目的としている。アイテムの紋章によって変身する事や特技が変化する事を特徴としている[1]

開発はカプコンが行い、プロデューサーはアーケードゲーム『魔界村』を手掛けた藤原得郎、ディレクターはファミリーコンピュータ用ソフト『レッドアリーマーII』(1992年)を手掛けた宮崎亮、ゲーム・デザインは後にPlayStation用ソフト『バイオハザード』(1996年)にてシナリオを手掛けた岩尾賢一、音楽はスーパーファミコン用ソフト『ロックマンX』(1993年)を手掛けた堀山俊彦が担当している。

1997年にはニンテンドウパワーの書き換え対応ソフトとして発売された他、バーチャルコンソール対応ソフトとして2014年Wii U2016年Newニンテンドー3DSにて配信された。また、2019年9月6日配信開始の『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』(Nintendo Switchのオンラインサービス特典ソフト)にも収録された[2]

ゲーム内容編集

システム編集

本作の世界観は、前作と同様に過去に発売されたレッドアリーマーシリーズの作品のものとはまた異なる。なお、本作では、ホバリング能力が強化され、飛行制限時間がなくなっている。

本作は、魔石を使ったアクションを軸に進めていく。また、魔石以外にも、使い捨てのアイテム(魔術のスペルや薬のポーション。それぞれストックとなるベラム〈スペル用〉、ポット〈ポーション用〉が必要)、装備品であるタリスマンを個別にひとつずつ装備することができることも特徴である。いずれも5つ存在する。

貨幣となるZAMを街のステージで使用することでアイテムを購入したりミニゲームに挑むことができる。

なお、コンティニューパスワード方式である。

魔石編集

本作の大きな特徴は、サブタイトルにもあるとおり、複数の紋章の魔石を利用した「能力の切り替え」にある。 レッドアリーマーの属性である火の紋章の「魔石のかけら」と、上記ストーリーに記述されている魔石が登場する。

火の紋章の魔石のかけらは、切り替えると自身のショットが変化する。

火の紋章以外の魔石に切り替えた場合は、レッドアリーマーの姿が大きく変わり、使用できる能力も変化する。

レッドアリーマー
「火の紋章」を得たアリーマーで、基本となる形態。ホバリング能力とヘルクライム(壁へ張り付く)能力を持つ。
特殊能力は頭突きで、画面背景のオブジェクトを壊したり叩いたりできる。
ファイアー
初期装備で、口から小さな火球を吐き出す。威力は低く、連射もできない。
ロウソクなどに火をつけることができる。
バスター
緑色のエネルギー弾を吐き出す。威力はファイアーと同様で2連射が可能。弾はより大きい。
特定のブロックを破壊することができる。
トルネード
足場として用いることが可能な竜巻を吐き出す。2連射が可能。
基本的に攻撃能力はないが、幽霊など一部の敵はかき消すことができる。
クロー
溶岩の弾を吐き出す。威力、大きさ、連射数はバスターと同様。
トゲの壁に当たるとくっついて固まり、その箇所が一定時間ヘルクライム可能になる。
D・ファイアー(ダーク・ファイアー)
竜のような形をした闇の炎を吐き出す。
威力・攻撃範囲ともに広く、ファイアーのように着火能力もあるが、連射はできない。
G・アリーマー(グランド・アリーマー)
「地の紋章」の力を得たアリーマー。体色はくすんだ黄色となり、体格は筋骨隆々しくなるが翼が無くなる。
ショットの「トレマー」は地上だと放物線を描いて落ちた後地面に沿って進む高威力の貫通弾になる。空中や壁張り付きで撃つとリーチが短い上に威力・範囲ともに低い弾になってしまう。特殊能力としてタックル攻撃が可能になり、障害物を壊したり押して動かすことが可能になる。ヘルクライムは可能だが、ホバリングができなくなる。
A・アリーマー(エアリアル・アリーマー)
「気の紋章」の力を得たアリーマー。体色が青系統のカラーリングになり、背中の翼がなくなる代わりに、腕が巨大な翼に変化する。
特殊能力により、ホバリング中に高度上昇することが可能になる。また、強風で押し流されなくなる。弾は真空波を吐き出す「ハリケーン」。連射はできないが、ファイアーよりは大きい。一部の障害物を切断可能。ヘルクライムはできない。
T・アリーマー(タイダル・アリーマー)
「水の紋章」の力を得たアリーマー。緑色の体色に変化し、翼が無くなり全身にヒレが生じるなど半魚人のような姿となる。
水中に特化した能力で、水中に居続けてもダメージを受けず、水中を高速で横に泳ぐことができる。弾の「ストリーム」は水中だと着弾時に爆発し広範囲攻撃できる弾を吐き出し、水中のザコ敵を一撃で倒せる。その反面地上では、ホバリングもヘルクライムもできず、弾の威力・攻撃範囲・射程ともに減少する、一切特殊能力が無いなど、能力は非常に低い。
L・アリーマー(レジェンド・アリーマー)
「時の紋章」の力を得たアリーマー。体色は若干黒がかっている鮮やかな赤になる。
レッド・アリーマーの強化型であり、スタンダードな能力だが性能は非常に高い。更に受けるダメージが半分になるという能力がある。弾は大型のエネルギー弾を吐き出す「ダークフレア」で、非常に高威力だが連射が効かない。バスターのようにブロック破壊も可能。特殊能力は頭突き。
ステージ2の廃墟の町にいるならず者の話によると、アリーマーが「赤き魔物」と言われていた際の姿はこの形態だったようである。
U・アリーマー(アルティメイト・アリーマー)
最強の紋章である「天の紋章」が更なる力を得て変化した「無の紋章」の力を得たアリーマー。紫の体色になる。
特殊な方法使ってのみプレイできる裏モードでのみ使用可能な最強の形態である。全ての紋章の能力を合わせ持っており(地上で十字ボタンの上を押しながら特殊能力ボタンで、頭突きも可能)、弾は溜め撃ちが可能で、高威力の貫通弾になる。

ストーリー編集

光の人界と闇の魔界、その境界である魔天で隔てられた2つの世界があった。ある時、火・地・気・水・時・天の紋章が刻まれた6つの魔石が魔界に降り、魔物たちは強大な力を持つ魔石を求めて、魔界が荒廃するほどにまで争った。その最中、赤き魔物「レッドアリーマー」が現れ、天を除いた魔石4つを他の魔物から奪い、さらに天の魔石を持つ強き魔竜に辛勝、全ての紋章を集めた。しかし、その帰路に何者かが奇襲、傷ついていたレッドアリーマーは成すすべも無く魔界の地に落ち、魔石を奪われる。レッドアリーマーは、奇襲した魔物「ファランクス」に復讐するため、再び魔石を集め始める。

登場人物編集

レッドアリーマー
本作の主人公。「赤き魔物」と呼ばれ、一度は全ての紋章を手にし魔界の覇者となるも力を失う。冒頭はそんな彼の復活から始まり、ファランクスへの復讐を遂げることが目的となる。
ソムロ
かつて天の紋章を所持し、人界と魔界の両方で恐れられた魔竜。千年前の紋章戦争で赤き魔物に倒されたが、ファランクスによって腐った体のまま蘇った。
ファランクス
赤き魔物から紋章を横取りした「白き魔物」。強大な力で人界・魔界を平定、「白き王」と名乗り魔界の支配者として崇められる。ファランクスへの復讐を遂げた時、レッドアリーマーの状況(主に所持品に関わる)によって、物語の結末が変化するようになっている。
アルマ
ファランクスに仕え、多くの武勲を立てている若き将軍。赤き魔物の力を認め、ライバルとして行く先々で戦いを挑んでくる。強靭な翼と天賦の魔力を兼ね備えた漆黒の悪魔であり、その鳥のように大きな翼で上空を舞い、攻撃能力も高い。現代において珍しい時の属性を持ち、伝説の赤き魔物と戦いたくファランクスに復活の要請をした。
人界に潜む闇の魔物
紋章戦争が起きる前から人界で暮らす闇の魔王。ファランクスですら手を出せない大物であり、本作の真の最終ボス。全ての紋章、アイテムを所持した状態でクリアしたエンディング後に表示されるパスワードで挑戦できる。全く姿の違う2形態を自在に変え、その高い攻撃力でレッドアリーマーを翻弄する。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 備考 出典
1 デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編   199712011997年12月1日
スーパーファミコン カプコン カプコン フラッシュロムカセット
ニンテンドウパワー
2   Demon's Crest
  デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編
  201410302014年10月30日
  201507082015年7月8日
Wii U カプコン カプコン ダウンロード
バーチャルコンソール
[3][4]
3   Demon's Crest
  デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編
  201612082016年12月8日
  201708232017年8月23日
Newニンテンドー3DS カプコン カプコン ダウンロード
(バーチャルコンソール)
[5][6][7]
4 スーパーファミコン
Nintendo Switch Online
  201909062019年9月6日
  201909062019年9月6日
Nintendo Switch 任天堂 任天堂 ダウンロード [8][9]

スタッフ編集

  • プロデューサー:藤原得郎
  • ディレクター:宮崎亮
  • ゲーム・デザイン:岩尾賢一
  • 音楽:堀山俊彦
  • サウンド・デザイナー:山田一法

評価編集

評価
集計結果
媒体結果
GameRankings86.70% (SFC)[10]
レビュー結果
媒体結果
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー8.25/10点 (SFC)[11]
ファミ通28/40点 (SFC)[12]
GameFan292/300点 (SFC)[13]
GamePro4.5/5点 (SFC)[14]
Next Generation      (SFC)[15]
NintendoLife           (SFC)[14]
ファミリーコンピュータMagazine20.4/30点 (SFC)[16]
Joypad79% (SFC)[17]
VG&CE8/10点 (SFC)[14]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、7・7・8・6の合計28点(満40点)[12]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り、20.4点(満30点)となっている[16]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.7 3.2 3.2 3.4 3.4 3.5 20.4

関連書籍編集

デモンズ・ブレイゾン 魔界村 紋章編 公式ガイドブック
1994年11月4日にアスペクトより発行。
デモンズ・ブレイゾン 魔界村 紋章編 必勝攻略法
1994年11月20日に双葉社より発行。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 前田尋之「Chapter 2 スーパーファミコンソフトオールカタログ 1994年」『G-MOOK176 スーパーファミコンパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2019年9月28日、139頁。ISBN 9784862979131
  2. ^ Nintendo Switch Onlineからスーパーファミコンタイトルを配信開始、第1弾は20タイトル”. GAME Watch (2019年9月5日). 2019年9月6日閲覧。
  3. ^ 『デモンズ・ブレイゾン -魔界村 紋章編-』Wii Uバーチャルコンソールにて本日7月8日より配信開始” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2015年7月8日). 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2015年7月1日). “Wii Uバーチャルコンソール7月8日配信タイトル ― 『デモンズブレイゾン』『チャンピオンシップ・ロードランナー』『ドンキーコング ジャングルクライマー』” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年7月25日閲覧。
  5. ^ だび (2017年8月21日). “3DS/Wii U用ソフトのセールが8月23日から開催。New3DSのバーチャルコンソールには「FFIV」「V」「VI」などSFCの12タイトルが登場” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年7月25日閲覧。
  6. ^ 山村智美 (2017年8月23日). “「ソニックマニア」に「UNDERTALE」、「DQ」ロトシリーズにスーファミVC多数配信で、2Dドット作品が熱い話” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年7月25日閲覧。
  7. ^ すしし (2017年8月23日). “New3DS向けVCで一挙12タイトルが配信開始!『FF 4・5・6』『ロマサガ2』『ゴエモン2・3』『ブレスオブファイア1・2』など” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年7月25日閲覧。
  8. ^ 石井聡(クラフル) (2019年9月5日). “Nintendo Switch Onlineからスーパーファミコンタイトルを配信開始、第1弾は20タイトル” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年7月25日閲覧。
  9. ^ スイッチでスーパーファミコンソフトが遊べるように。まさかの名作も復活!” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2019年9月5日). 2020年7月25日閲覧。
  10. ^ Demon's Crest for SNES - GameRankings”. GameRankings. 2015年10月27日閲覧。
  11. ^ “Review Crew: Demon's Crest”. Electronic Gaming Monthly (Sendai Publishing) (63): 32. (October 1994). 
  12. ^ a b デモンズ・ブレイゾン -魔界村 紋章編- まとめ [スーパーファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年7月25日閲覧。
  13. ^ “Viewpoint - Demons Crest”. GameFan (DieHard Gamers Club) 2 (11): 33. (November 1994). https://archive.org/stream/Gamefan_Vol_2_Issue_11#page/n32/mode/1up. 
  14. ^ a b c Demon's Crest for SNES (1994)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年7月25日閲覧。
  15. ^ “Rating SNES”. Next Generation (2): 101. (February 1995). 
  16. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 329頁、 ASIN B00J16900U
  17. ^ “Import: Super Famicom”. Joypad (39): 108. (February 1995). 

関連項目編集

  • NAMCO x CAPCOM - 魔界村討伐部隊の名称としてデモンズ・ブレイゾンが登場。また、同部隊を率いるレッドアリーマー・ジョーカーが紋章戦争を終結に向かわせた「赤き魔物」であると設定されている。

外部リンク編集