トゥルース (アルバム)

ジェフ・ベック・グループのアルバム

トゥルース』(Truth)は、1968年に発表されたジェフ・ベック・グループのアルバムでデビュー作。参加メンバーのロッド・スチュアートロン・ウッドにとってはキャリア初の出世作となった。ビルボード200での最高位15位。

トゥルース
ジェフ・ベックスタジオ・アルバム
リリース
録音 1968年、#8,#9,#13,1967年
ジャンル ロック
時間
レーベル EMI
プロデュース ピーター・グラント
ミッキー・モスト
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 15位(アメリカ[1]
ジェフ・ベック 年表
トゥルース
(1968)
ベック・オラ
(1969)
テンプレートを表示

目次

内容・背景編集

ヤードバーズ脱退後、ベックはミッキー・モストのプロデュースで3作のシングル「Hi Ho Silver Lining / Beck's Bolero」「Tallyman / Rock My Plimsoul」「Love Is Blue / I've Been Drinking」をリリースしているが、これらのポップ路線のシングル・リリースは本意ではなかったらしく、ソロ・デビュー作の「Hi Ho Silver Lining」については、後に「自分の首にピンクの便座をかけさせることとなった曲」と語っている。

ファースト・シングルリリース後、ベックは新バンドのメンバー探しでディスコやクラブに入り浸り、この当時「ダーリン・オヴ・ディスコティック」なる渾名を頂戴している。しかしながら足繁く通った甲斐あって、ショットガン・エクスプレスのヴォーカルロッド・スチュアートと意気投合する。これにベーシストとしてロン・ウッドドラマーエインズレイ・ダンバーが加わり、第一期ジェフ・ベック・グループが発足する。このメンバーで第二弾シングル「Tallyman / Rock My Plimsoul」を録音するが、ポップ路線に嫌気がさしたエインズレイが脱退し、代わりにミック・ウォーラーが加わる。バンドはこのメンバーでイギリスアメリカツアーを行った。

アメリカ・ツアーの後、休息もそこそこに本作のレコーディングに入る。収録曲はライヴでのレパートリーから選ばれ、2日間のセッションが2回、計4日という短期間で本作は完成する。収録曲の大半はブルース・カヴァーであり、ジェフリー・ロッド名義のオリジナルもブルース・ナンバーの改作であった。しかしながら、プロデューサーのミッキー・モストの意向はドノヴァンのレコーディングと重なったため反映されず、本作はベックの意向が十分に反映されたアルバムとなった。今でこそしわがれ声のロックヴォーカリストは珍しくもないが、ベックの歪んだギターにロッドの歪んだ声を拮抗させる、という発想はそれまでになかった。アメリカでは発売3日で初回プレスの4万枚が売り切れ、追加プレスされることとなる。この頃、ゲスト参加したニッキー・ホプキンスが正式メンバーとなっている。

本作リリース後、二度目のアメリカツアーを行うが、ツアー終盤にベックはロンとミックの2人に解雇を言い渡している。

影響編集

このアルバムはレッド・ツェッペリンの最大ヒントとなったといわれている。パワフルなボーカルとより電気的なエレキ・ギターの互角の掛け合いというスタイルは、この作品に顕著なようにベックが先鞭をつけていた。ただし、ベック、ジミー・ペイジ両者の共通のマネージャーであるピーター・グラントは、両アルバムで共通していることは「You Shook Me」を取り上げている点だけであり、ペイジはベックのアルバムを聴いてはいないと否定している。また8曲目の「Beck's Bolero」はベックのシングルレコードのためにペイジが楽曲提供したものをこの作品で再収録した。

リリース編集

1960年代のレコードはステレオ、モノラル両方がリリースされることが多かったが、本作も両方のリリースが行われ、それぞれ独自のミキシングが行われたため、全曲が異なったミックスとなっている。2005年に紙ジャケットで再発されたが、ボーナス・トラックとして前述の3作のシングル及びアウトテイクが収録された。

曲目編集

Side 1
  1. シェイプス・オヴ・シングス - Shapes of Things (Chris Dreja, Jim McCarty, Keith Relf and Paul Samwell-Smith) 3:19
  2. レット・ミー・ラヴ・ユー - Let Me Love You (Jeffrey Rod [Jeff Beck と Rod Stewartの共作という意の言葉遊び]) 4:42
  3. モーニング・デュー - Morning Dew (Bonnie Dobson and Tim Rose) 4:41
  4. ユー・シュック・ミー - You Shook Me (Willie Dixon and J. B. Lenoir) 2:30
  5. オール・マン・リヴァー - Ol' Man River (Jerome Kern and Oscar Hammerstein) 4:00
Side 2
  1. グリーンスリーブス - Greensleeves (Traditional, arr. Rod Stewart) 1:48
  2. ロック・マイ・プリムソウル - Rock My Plimsoul (Jeffrey Rod) 4:12
  3. ベックス・ボレロ - Beck's Bolero (Maurice Ravel, arr. Jimmy Page) 2:52
  4. ブルース・デラックス - Blues De Luxe (Jeffrey Rod) 7:28
  5. 迷信嫌い - I Ain't Superstitious (Willie Dixon) 4:54

2005年リイシュー盤ボーナス・トラック編集

  1. アイヴ・ビーン・ドリンキング - I've Been Drinking (Jeffrey Rod) 3:17
  2. ユー・シュック・ミー - You Shook Me (Willie Dixon and J. B. Lenoir) 2:28
  3. ロック・マイ・プリムソウル - Rock My Plimsoul (Jeffrey Rod) 3:39
  4. ベックス・ボレロ - Beck's Bolero (Maurice Ravel, arr. Jimmy Page) 3:09
  5. ブルース・デラックス - Blues De Luxe (Jeffrey Rod) 7:29
  6. タリーマン - Tallyman (Graham Gouldman) 2:45
  7. 恋は水色 - Love Is Blue (Andre Popp, Pierre Cour, Bryan Blackburn) 2:56
  8. ハイ・ホー・シルヴァー・ライニング - Hi Ho Silver Lining (Scott English, Laurence Weiss) 3:45

参加メンバー編集

脚注編集