メインメニューを開く

トマス・テリスTomás Telis, 1991年6月18日 - )は、ベネズエラアンソアテギ州エル・ティグレ英語版出身のプロ野球選手捕手一塁手)。右投両打。MLBマイアミ・マーリンズ傘下所属。

トマス・テリス
Tomás Telis
マイアミ・マーリンズ (マイナー)
Tomas Telis mask Minute Maid Park August 30 2014.jpg
レンジャーズ時代(2014年8月30日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アンソアテギ州エル・ティグレ英語版
生年月日 (1991-06-18) 1991年6月18日(28歳)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 2014年8月25日 シアトル・マリナーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとレンジャーズ時代編集

2007年7月2日テキサス・レンジャーズと契約してプロ入り。

2008年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・レンジャーズ1でプロデビュー。62試合に出場して打率.299・1本塁打・36打点・10盗塁の成績を残した。

2009年はまずルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプレーし、46試合に出場して打率.322・2本塁打・28打点・8盗塁の成績を残した。8月にA-級スポケーン・インディアンス英語版へ昇格。7試合に出場して打率.400・2本塁打・2打点の成績を残した。

2010年はルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプレーし、37試合に出場して打率.326・2本塁打・35打点・4盗塁の成績を残した。

2011年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、115試合に出場して打率.297・11本塁打・69打点・12盗塁の成績を残した。

2012年はA+級マートルビーチ・ペリカンズでプレーし、117試合に出場して打率.247・4本塁打・43打点・9盗塁の成績を残した。

2013年はAA級フリスコ・ラフライダーズでプレーし、91試合に出場して打率.264・4本塁打・43打点・8盗塁の成績を残した。6月にはテキサスリーグのオールスターゲームに選出された[1]

2014年はAA級フリスコで開幕を迎え、70試合に出場。打率.303・2本塁打・33打点・7盗塁と活躍し、2年連続でテキサスリーグのオールスターゲームに選出された[2]。7月にAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ昇格。AAA級ラウンドロックでも36試合の出場で、打率.345・3本塁打・17打点・1盗塁と好調を維持し、8月25日にレンジャーズとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。同日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。「8番・捕手」として先発起用され、4打数1安打1三振だった[4]。昇格前にジオバニー・ソトクリス・ジメネスの両捕手が移籍したこともあり、ロビンソン・チリノスに次ぐ2番手捕手として起用され、この年メジャーでは18試合に出場して打率.250・8打点の成績を残した。

マーリンズ時代編集

2015年7月31日サム・ダイソンとのトレードで、コディ・イギー英語版と共にマイアミ・マーリンズへ移籍した[5]。マーリンズでは17試合に出場したが、打率.148に終わった。守備面では7試合で無失策DRS + 1という内容だった。レンジャーズとの合算では、23試合の出場で打率.158・2打点だった。

2016年は10試合の出場ながら打率.308・メジャー初本塁打を記録するなど、打撃面で一定の数字を記録した。キャッチャーとしての守備は3試合だけで、無失策・DRS - 1だった。マイナーではAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズに所属し、91試合に出場。打率.310・6本塁打・45打点・4盗塁と巧打者ぶりを発揮した。守備面では、捕手としてのほか25試合で一塁手も守った。

2017年は48試合に出場して打率.240・9打点の成績を残した。

2018年4月28日DFAとなり[6]、[[]]にマイナー契約でAAA級ニューオーリンズ・ベビーケークス[7]へ配属された[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 TEX 18 71 68 7 17 2 0 0 19 8 0 0 1 0 1 0 1 10 2 .250 .271 .279 .551
2015 6 12 11 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .182 .250 .182 .432
MIA 17 29 27 1 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 1 1 1 3 2 .148 .207 .148 .355
'15計 23 41 38 2 6 0 0 0 6 2 0 0 0 0 1 1 2 4 2 .158 .220 .158 .377
2016 10 13 13 1 4 0 0 1 7 4 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .308 .308 .538 .846
2017 48 111 104 13 25 5 3 0 36 9 0 0 0 1 3 0 3 10 1 .240 .279 .346 .625
MLB:4年 99 236 223 23 52 7 3 1 68 23 0 0 1 1 5 1 6 26 5 .233 .268 .305 .573
  • 2017年度シーズン終了時

背番号編集

  • 6(2014年 - 2015年途中)
  • 11(2015年途中 - 同年終了)
  • 18(2016年 - 2018年)

脚注編集

  1. ^ John Parker (2013年6月11日). “Texas League reveals All-Star rosters”. MiLB.com. 2015年1月7日閲覧。
  2. ^ Sam Dykstra (2014年6月9日). “Tulsa pitching trio heads Texas All-Stars”. MiLB.com. 2015年1月7日閲覧。
  3. ^ Choo done for season; Rangers call up outfielder Choice”. MLB.com Rangers Press Release (2014年8月26日). 2015年1月7日閲覧。
  4. ^ Scores for Aug 25, 2014”. ESPN MLB (2014年8月25日). 2015年1月7日閲覧。
  5. ^ Reliever Sam Dyson sent to Rangers by Marlins”. USA Today (2015年7月31日). 2015年8月6日閲覧。
  6. ^ Joe Frisaro (2018年4月28日). “Chen activated, Straily due back Monday” (英語). MLB.com. 2018年4月29日閲覧。
  7. ^ 2017年より球団名変更
  8. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年5月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集