タンハパーリ語, Taṇhā タンハー)とは、 ヴェーダ語にてトリシュナーtṛṣṇā)ともされ、「渇き、欲望、願望」を意味する言葉である。仏教においては中核的概念のひとつであり、身体・精神的な「渇き、欲望、憧れ、欲求」を指している[1] [2]。典型的には渇愛(craving)と訳され[3]カーマ(官能的快楽の渇愛)、ビハーバ(存在への渇愛)、 ビブハーバ(存在しないことへの渇愛)の三種に分類される[4][5]

仏教用語
タンハ(タンハー)、トリシュナー
英語 thirst, craving, desire, etc.
パーリ語 taṇhā, tanha (Dev: तण्हा)
サンスクリット語 tṛṣṇā, trishna (Dev: तृष्णा)
ビルマ語 တဏှာ
(IPA: [tən̥à])
中国語 贪爱 / 貪愛
(ピン音zh-cn: tānài)
日本語 渇愛
(katsu ai)
クメール語 តណ្ហា
(Ton ha)
韓国語 갈애 (gal-ae)
シンハラ語 තණ්හාව,තෘෂ්ණාව
チベット語 སྲེད་པ་
(Wylie: sred pa;
THL: sepa
)
タイ語 ตัณหา
(IPA: tan-hăː)
ベトナム語 ái
  十二因縁  
無明(無知)
名色
六処
(存在)
(出生)
老死(加齢と死)
 

さらにタンハは四諦にも記されており、それはの原因であり、輪廻の輪において死と再生を繰り返すとしている[1][2][4]

脚注編集

  1. ^ a b Thomas William Rhys Davids; William Stede (1921). Pali-English Dictionary. Motilal Banarsidass. pp. 294. ISBN 978-81-208-1144-7. https://books.google.com/books?id=0Guw2CnxiucC. 
  2. ^ a b Peter Harvey (1990). An Introduction to Buddhism: Teachings, History and Practices. Cambridge University Press. p. 53. ISBN 978-0-521-31333-9. https://books.google.com/books?id=bj-ds_jd8QYC. 
  3. ^ Richard Gombrich; Gananath Obeyesekere (1988). Buddhism Transformed: Religious Change in Sri Lanka. Motilal Banarsidass. pp. 246. ISBN 978-81-208-0702-0. https://books.google.com/books?id=rpN9atSFua0C. 
  4. ^ a b Paul Williams; Anthony Tribe; Alexander Wynne (2002). Buddhist Thought: A Complete Introduction to the Indian Tradition. Routledge. pp. 43–44. ISBN 978-1-134-62324-2. https://books.google.com/books?id=e9SFAgAAQBAJ&pg=PA43. 
  5. ^ Harvey 2013, p. 63.

参考文献編集

関連項目編集