メインメニューを開く

ドニー・レイ・ムーアDonnie Ray Moore, 1954年2月13日 - 1989年7月18日)は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国テキサス州ラボック出身。

ドニー・ムーア
Donnie Moore
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ラボック
生年月日 1954年2月13日
没年月日 (1989-07-18) 1989年7月18日(35歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 ドラフト1巡目(全体3位)
初出場 1975年9月14日
最終出場 1988年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り~エンゼルス入団まで編集

1972年MLBドラフトボストン・レッドソックスから12巡目に指名を受けるが契約せず。1973年1月の二次ドラフトでシカゴ・カブスから1巡目(全体3位)に指名を受け入団。1975年9月14日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。1978年はチーム最多でリーグ3位の71試合に登板し9勝を記録。しかし1979年は不振で10月17日にトレードでセントルイス・カージナルスに移籍。1980年は防御率6.23に終わり、1981年9月3日ミルウォーキー・ブルワーズに移籍するが、11月5日にカージナルスに復帰。1982年2月1日にトレードでアトランタ・ブレーブスに移籍し、同年チームは地区優勝を果たす。カージナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2試合に登板し無失点に抑えたが、チームは3連敗で敗退。1984年はクローザーとして4勝5敗16セーブ・防御率2.94を記録。1985年1月24日フリーエージェントの補償選手としてカリフォルニア・エンゼルスに移籍。

エンゼルス時代編集

移籍1年目は前半戦で7勝17セーブ・防御率1.45の好成績で自身初のオールスターゲームに選出される。シーズン通算で8勝8敗31セーブ・防御率1.92を記録。チームは終盤カンザスシティ・ロイヤルズと熾烈な地区優勝争いを演じたが、1ゲーム差の2位に終わった。サイ・ヤング賞の投票で7位、MVPの投票では6位に入った。

1986年は4勝5敗21セーブ・防御率2.97を記録し、チームの4年ぶり地区優勝に貢献する。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは敵地で1勝1敗の後、本拠地に戻った第3戦でセーブを記録するも2失点を喫する。第4戦も勝利して3勝1敗となり、球団史上初のリーグ優勝に王手をかけて迎えた第5戦も5-2とリードして9回を迎える。しかし好投していた先発のマイク・ウィットが、元エンゼルスのドン・ベイラーに2点本塁打を浴びて1点差に詰め寄られ、代わったゲーリー・ルーカスリッチ・ゲドマンに死球を与える。この場面で登板してデーブ・ヘンダーソンを2ストライクと追い込み「後1球」まで迫るが、ファウルで粘られた末に2点本塁打を浴びて逆転を許し、セーブ失敗。9回裏に同点とし延長に持ち込むが、11回にヘンダーソンに決勝の犠牲フライを打たれて敗れ、敗戦投手となる。悪夢のような敗戦のショックを引き摺ったチームは敵地での第6・7戦で大敗し、ワールドシリーズ進出を逃した。

ファンから戦犯扱いを受け、1987年は登板の度にブーイングを浴び、また故障もあって不調に陥り14試合の登板に終わる。1988年1月22日にフリーエージェントとなるが、2月9日に再契約。しかし8月7日の登板を最後に、8月26日にエンゼルスを解雇された。

エンゼルス解雇後編集

エンゼルスを解雇された後は生活が荒み、経済的にも苦しむようになっていた。そして1989年7月18日に別居中の妻との口論の末、妻を銃撃した後に拳銃自殺を遂げた。35歳没。妻は命に別条はなかった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集





















































W
H
I
P
1975 CHC 4 1 0 0 -- 0 0 0 -- ---- 42 8.2 12 1 4 0 0 8 0 0 4 4 4.15 1.85
1977 27 1 0 0 -- 4 2 0 -- .667 207 48.2 51 1 18 7 0 34 2 4 27 22 4.07 1.42
1978 71 1 0 0 -- 9 7 4 -- .563 450 102.2 117 7 31 11 2 50 7 2 55 47 4.12 1.44
1979 39 1 0 0 -- 1 4 1 -- .200 330 73.0 95 8 25 7 2 43 3 0 46 42 5.18 1.64
1980 STL 11 0 0 0 -- 1 1 0 -- .500 93 21.2 25 1 5 1 1 10 0 1 15 15 6.23 1.39
1981 MIL 3 0 0 0 -- 0 0 0 -- ---- 19 4.0 4 0 4 0 0 2 1 0 3 3 6.75 2.00
1982 ATL 16 0 0 0 -- 3 1 1 -- .750 121 27.2 32 1 7 3 2 17 0 1 13 13 4.23 1.41
1983 43 0 0 0 -- 2 3 6 -- .400 276 68.2 72 6 10 3 0 41 0 1 30 28 3.67 1.19
1984 47 0 0 0 -- 4 5 16 -- .444 271 64.1 63 3 18 6 1 47 1 0 27 21 2.94 1.26
1985 CAL 65 0 0 0 -- 8 8 31 -- .500 417 103.0 91 9 21 3 0 72 2 0 28 22 1.92 1.09
1986 49 0 0 0 -- 4 5 21 -- .444 295 72.2 60 10 22 4 0 53 4 1 28 24 2.97 1.13
1987 14 0 0 0 -- 2 2 5 -- .500 122 26.2 28 2 13 2 0 17 0 0 12 8 2.70 1.54
1988 27 0 0 0 -- 5 2 4 -- .714 150 33.0 48 4 8 2 0 22 2 4 20 18 4.91 1.70
通算:13年 416 4 0 0 -- 43 40 89 -- .518 2793 654.2 698 53 186 49 8 416 22 14 308 267 3.67 1.35

関連項目編集

外部リンク編集