メインメニューを開く

ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22

ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』(ドラゴンボールゼット アルティメットバトル トゥエンティツー)は1995年7月28日バンダイから発売されたプレイステーション対戦型格闘ゲームである。

ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
人数 1 - 2人
メディア CD-ROM1枚
発売日 1995年7月28日
1996年12月6日(Best版)
売上本数 32万本[1]
テンプレートを表示

概要編集

PlayStationシリーズ初のドラゴンボールゲーム。システムやキャラクターの技名などは、超武闘伝シリーズのものを多く受け継いでいる。

キャラクターのグラフィックはドット絵ではなくセル画取り込み、また背景がポリゴンで表現され疑似3D化している。対戦時にムービーでキャラクターが会話し、特定の組み合わせだとスペシャルグラフィックが見られる。

人造人間は気を溜められない、一部のキャラクターは舞空術・ダッシュができない、サングラス(状のもの)を着用したキャラクターは太陽拳の目くらましからの復活が早い、などの原作を尊重した個性分けがなされている。

当時放送されたテレビCMでは悟空もしくは悟飯が強化されたクリリンの強さに驚き、クリリンが「鍛えてますから…(後にまだまだですよ…)」とほくそえみながらゲームをしているというものだった。

開発当初は『ドラゴンボールZ プレイステーション版 超武闘伝』と紹介されていた[2]

初期出荷版にはドラゴン鈴木特製「スペシャルデータメモリーカード」プレゼントキャンペーンの用紙が封入され、200名に抽選で配布された[3]

基本操作とシステム編集

十字キーとパンチ(□)・キック(×)・光弾(○)・舞空術(△)で構成されている。L1ボタンとR1ボタンで各方向にダッシュ可能。

体力ゲージのほかに気力ゲージが存在し、エネルギー弾や光弾系必殺技を使用する際には一定の気力ゲージを必要とする。気力ゲージがなくなるとフラフラになる。□ボタンか×ボタンか○ボタンを押し続けると回復が可能。

応用操作や防御法等編集

組み技
相手が近くにいるときに←or→+□
バックステップ
十字キーを後ろの方向2連打。
光弾弾き
光弾が接近してきた時□ボタンと×ボタン。
衝撃波、バリアー
十字キー↓左下←+○。気を消費して光弾をかき消す事が出来る。

ゲーム内容編集

1P VS CPU
22人のCPUと戦うモード、特定の条件(ノーコンティニュー、または体力を一定以上残して勝利)を満たすと5人の隠しキャラクターと闘うこともできる。
全てのキャラクターを倒すと見られるエンディングでは、難易度とコンティニューの有無によりグラフィックが追加される。
1P VS 2P
対戦モード。
天下一武道会
16人の戦士(最大8人までのキャラクターの操作が可能で、残りはCPUが操作)が優勝を目指し闘うモード。
BUILD UP(ビルドアップ)
闘わせることによりキャラクターを育成できる。闘い方によって成長の仕方が変化する。
また、ゲーム『ドラゴンボール FINAL BOUT』にデータを引き継ぐことも可能である。
BUILD UP BATTLE(ビルド アップ バトル)
育成したキャラクター同士で闘えるモード。
OPTION(オプション)
ゲームの難易度、アニメムービーの有無などの設定をすることができる。

操作キャラクター編集

以下の5人は隠しキャラクターとして登場する。ゲームのタイトル画面で隠しコマンドを入力することで使用可能になる。 なおその際にタイトル画面の表示が「Ultimate Battle 22」から「Ultimate Battle 27」に変化する。

その他の登場人物編集

関連書籍編集

ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22(Vジャンプ ゲームブックスシリーズ)
攻略本。各キャラクターの解説、コマンド入力のコツなどを解説している。袋とじには5人の隠しキャラクターの情報も記載されている。

脚注編集

  1. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集 -SUPER HISTORY BOOK-』集英社〈愛蔵版コミックス〉、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。
  2. ^ 鳥嶋和彦編「ドラゴンボールZ」『Vジャンプ 1995年5月号』集英社、平成7年(1995年)5月1日、雑誌11323-5、23頁。
  3. ^ 鳥嶋和彦編『Vジャンプ 1995年9月号』集英社、平成7年(1995年)9月1日、雑誌11323-9、214頁。