宮内幸平

日本の俳優、声優

宮内 幸平(みやうち こうへい、1929年8月4日 - 1995年6月2日[2])は、日本俳優声優ナレーター鹿児島県出身。劇団芸協、青二プロダクションに所属していた[2]血液型はA型。

みやうち こうへい
宮内 幸平
プロフィール
本名 宮内 孝幸(みやうち たかゆき)[1]
愛称 宮さん
性別 男性
出生地 日本の旗 日本鹿児島県[2]
死没地 日本の旗 日本東京都板橋区[3]
生年月日 (1929-08-04) 1929年8月4日
没年月日 (1995-06-02) 1995年6月2日(65歳没)
血液型 A型[4]
職業 俳優声優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)[2]
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 168 cm / 58 kg
俳優活動
活動期間 1950年代 - 1995年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
ジャンル アニメ吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

老人役を得意とし、特に『アルプスの少女ハイジ』のアルムおんじや『一休さん』の外観和尚、『ドラゴンボール』の亀仙人、『きかんしゃトーマス』のトップハム・ハット卿のように厳格な師父と温かみのある好々爺の両面を持ち合わせた役柄で広く知られる。

舞台芸術学院[6]八田元夫研究所[6]、劇団新劇場[7]、劇団現代[7]を経て、劇団芸協の創立メンバーの一人であり、所属俳優としても活躍していた[8]

事務所はオフィス央[6]を経て、青二プロダクションに所属していた[2]

1995年6月2日午後11時14分、腹部静脈瘤破裂のため東京都板橋区の日大板橋病院で急逝[3]。65歳没。『それいけ!アンパンマン』のふろしきおじさん役が最後の出演作となった。

人物・逸話編集

声質はバリトン[6]

小銭をポケットに入れて持ち歩く癖があったため、アフレコの際それがノイズを出してしまうことが多かった。そのため野沢雅子から「ノイズの宮」というあだ名を付けられた[9]

が大好きで、収録中も常に舐めていたという。田中真弓は「自分の出番になると、椅子に飴を置いてそのまま存在を忘れて戻ってきてしまい、ズボンの尻に飴玉がくっついたままうろついていた。そして『真弓、お前俺の飴知らないか?』と盗み食いしたと言わんばかりの目つきと口調で迫ってきたことが多々あった」と語ったこともある[9]

荘真由美は、『ドラゴンボール』収録時に宮内から丁寧に演技指導を受けていたことを忘れられないエピソードとして語っている。

趣味はスキー、旅行[10]

後任編集

宮内の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

劇場アニメ編集

1974年

1976年

  • 一休さん外観和尚
  • 一休さん 虎たいじ(外観和尚
  • 一休さん おねしょお姫さま(外観和尚

1977年

  • 一休さん ちえくらべ(外観和尚

1978年

  • 一休さんとやんちゃ姫(外観和尚

1979年

1980年

1981年

  • 一休さん 春だ!やんちゃ姫(外観和尚

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

OVA編集

1986年

1988年

1990年

1991年

1992年

1993年

1995年

ゲーム編集

1989年

1991年

1992年

1994年

1995年

カセットブック編集

CD編集

吹き替え編集

海外映画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

人形劇編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 『声優事典』キネマ旬報社、1994年、157頁。ISBN 4-87376-089-5
  2. ^ a b c d e 宮内 幸平”. 青二プロダクション. 2020年1月16日閲覧。
  3. ^ a b 北海道新聞1995年6月4日31面「訃報 宮内幸平氏」(北海道新聞縮刷版1995年6月号p.189)北海道新聞社
  4. ^ 宮内幸平(みやうちこうへい)の解説”. goo人名事典. 2020年1月24日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑(1995年版)』VIPタイムズ社、1995年、364頁。
  6. ^ a b c d 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、105頁。
  7. ^ a b 『TVアニメ大全科part2』秋田書店、1979年、261頁。
  8. ^ 劇団芸協公式サイト『青野武の役者一筋その2』
  9. ^ a b 「スペシャル座談会 プロジェクトZ 声の戦士大集合 素顔のZ戦士たち」『DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.2付属解説書 Dragon Books』102-103頁。
  10. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、155頁。
  11. ^ 石森の没後はチョーが引き継いだ。
  12. ^ 宮内の生前も『ドラゴンボール』の第137話で亀仙人の代役を担当した。
  13. ^ 一休さん”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  14. ^ はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  15. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  16. ^ 釣りキチ三平”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  17. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  18. ^ スタッフ”. TOKYO MX アニメ「北斗の拳」. 2016年6月12日閲覧。
  19. ^ 三国志II 天翔ける英雄たち”. メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。
  20. ^ 聖闘士星矢”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  21. ^ レディレディ!”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  22. ^ きんぎょ注意報!”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  23. ^ ルパン三世 カリオストロの城”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  24. ^ 風の谷のナウシカ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。
  25. ^ 地球物語 テレパス2500”. メディア芸術データベース. 2016年8月18日閲覧。
  26. ^ アリオン”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。
  27. ^ DRAGON BALL 神龍の秘密”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  28. ^ 劇場版ドラゴンボール ヒストリー」東映アニメーション。

外部リンク編集