メインメニューを開く

ニセコアンヌプリ国際スキー場

北海道にあるスキー場
画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2016年4月

ニセコアンヌプリ国際スキー場: Niseko Annupuri)は、北海道虻田郡ニセコ町にあるリゾートスキー場)。

概要編集

ニセコアンヌプリの裾野に広がる「ニセコユナイテッド」(ニセコアンヌプリ国際スキー場・ニセコビレッジニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフニセコHANAZONOリゾート)の1つ[1]スキー場宿泊施設があり、北海道中央バスグループの中央バス観光開発が運営している[2]。隣接する「ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ」は、明治海運グループのホテルアンヌプリが運営している[3][4]

沿革編集

「スキー場の歴史」参照[5]

  • 1972年昭和47年):リフト3基・ロッジ・駐車場完成し、オープン。
  • 1981年(昭和56年):「ホテルニセコいこいの村」オープン(雇用促進事業団が建設[6])。
  • 1984年(昭和59年):ジャンボ第4リフト完成。
  • 1985年(昭和60年):「ホテル日航アンヌプリオープン」。アンヌプリゴンドラ完成。
  • 1988年(昭和63年):1,000m台地展望台完成。
  • 1992年平成04年):ジャンボ第1クワッド完成。
  • 1993年(平成05年):電子リフトチケットシステム「ニセコフリーパスポートシステム」導入[7]
  • 1999年(平成11年):ヌックアンヌプリリニューアル。
  • 2006年(平成18年):ゴンドラリフトに制振装置導入。
  • 2007年(平成19年):ホテル日航アンヌプリが「ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ」と改称。
  • 2010年(平成22年):スノーエスカレーター設置。
  • 2015年(平成27年):ホテルニセコいこいの村がリニューアルし、「いこいの湯宿 いろは」と改称[8]
  • 2017年(平成29年):山麓部にドリーム第1クワッド完成[9]

施設編集

スキー場編集

ニセコアンヌプリ国際スキー場
 
遠景(2014年2月)
所在地 〒048-1511
北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485
座標 北緯42度51分12秒
東経140度38分55秒
座標: 北緯42度51分12秒 東経140度38分55秒
標高 1,156 m / 400 m
(標高差) (756m)
コース面積 47ha
コース数 13本
最長滑走距離 4,000m
最大傾斜 34
索道数 6 本
ウェブサイト ニセコアンヌプリ・オフィシャルサイト

コース

  • 初級コース
    • パラダイスコース
    • ファミリーコース
    • ジュニアコース
  • 中級コース
    • ユートピアコース
    • パノラマコース
    • シルバーコース
    • 白樺コース
    • S字コース
    • ダイナミックコース
  • 上級コース
    • チャンピオンコース
    • 深雪林間コース
    • メルヘンコース
    • チャレンジコース

索道

リフト・ゴンドラ一覧
名称 定員 路線長 所要時間 備考
アンヌプリゴンドラ 6名 2,274 m 10分  
ドリーム第1クワッド[10] 4名 433 m 5分
ジャンボ第1クワッド 4名 1,117 m 5分 フード付
ジャンボ第2ペア 2名 764 m 6分  
ジャンボ第3ペア 2名 569 m 4分  
ジャンボ第4ペア 2名 605 m 4分  

その他

  • ヌックアンヌプリ(レストラン、売店、レンタル、スクール受付、ロッカー、更衣室)
  • レストハウス(休憩スペース、レストラン)
  • ぱらだいすヒュッテ(BEARSカフェ)

いこいの湯宿 いろは編集

いこいの湯宿 いろは
ホテル概要
運営 北海道中央バス
前身 ホテルニセコいこいの村
階数 地下1階 - 地上3階
部屋数 29室
駐車場 100台
開業 1981年
改装 2015年[8]
最寄駅 ニセコ駅
所在地 〒048-1511
北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ477
公式サイト いこいの湯宿 いろは 公式サイト
テンプレートを表示
  • 客室
    • 新館
      • 和洋室 (55 m²)
      • 和洋室 (55 m²)〈ユニバーサルデザイン〉
    • 本館
      • 和洋室(洋室ツイン+和室6畳、洋室+和室8畳、洋室ツイン+和室10畳)
      • 和洋室(洋室ツイン+和室10畳)〈眺望なし〉
      • 和室ローベッドツイン(ツイン+畳の間5畳)
      • 和室ローベッドツイン(ツイン+畳の間5畳)〈バスなし〉
      • 和室(10畳)〈バスなし〉
      • 和室(8畳)〈バスなし〉
      • 和室(ツイン+4.5畳小上がり付)〈バスなし〉
      • 洋室(ツイン)〈眺望なし〉
  • 温泉(ニセコアンヌプリ温泉
    • 露天風呂、大浴場
  • 食事処・喫茶
    • レストラン「カラマツ」
    • 食事処「ナナカマド」
    • バーベキューハウス「木々亭」(別棟)[11]
    • ニセコ茶屋
    • 喫茶コーナー
  • 宴会・会議
    • 多目的ホール
      • 芙蓉の間(70席)
      • ライラック(140席)
    • 中広間・ナナカマド(50席 56畳)
    • 大広間・羊蹄(90席 100畳 舞台付)
  • その他
    • ロビー・ラウンジ
    • 宿泊者専用ラウンジ
    • 売店
    • キッズルーム
    • カラオケルーム
  • 屋外施設
    • テニスコート
    • 散策路
    • あずま屋
    • 鑑賞池

夏のアンヌプリ編集

  • アンヌプリゴンドラ
  • 展望広場
  • 登山
  • ネイチャーガイドツアー(要予約)[12]
  • 熱気球係留体験(要予約)[13]
  • バンジートランポリン[13]

アクセス編集

北海道中央バスニセコバスが札幌・小樽方面や新千歳空港(予約制)からのバスを運行しているほか、シィービーツアーズ(北海道中央バスグループ)によるバスパックがある[14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ニセコユナイテッド”. 2016年2月21日閲覧。
  2. ^ グループ会社一覧”. 北海道中央バス. 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ グループ紹介”. 明治海運. 2019年2月26日閲覧。
  4. ^ ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ”. 2019年2月26日閲覧。
  5. ^ スキー場の歴史”. ニセコアンヌプリ国際スキー場. 2019年2月26日閲覧。
  6. ^ ニセコ地域観光開発史年表 2006.
  7. ^ 河西邦人.
  8. ^ a b “「ホテルニセコいこいの村」全面改装について” (PDF) (プレスリリース), 北海道中央バス, (2015年4月10日), http://www.sse.or.jp/tandoku/pdf/bus/bus150410.pdf 2016年2月24日閲覧。 
  9. ^ スキー客 管内予約好調*年末年始、旧正月 既に満室*各リゾート、アジア圏伸長”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2017年11月18日). 2019年2月27日閲覧。
  10. ^ “ニセコアンヌプリ国際スキー場 初心者向け『ドリーム第1クワッドリフト』新設について” (PDF) (プレスリリース), 北海道中央バス, (2017年7月3日), https://www.sse.or.jp/wp-content/uploads/2017/07/bus170703.pdf 2019年2月26日閲覧。 
  11. ^ バーベキューハウス 木々亭”. 2019年2月26日閲覧。
  12. ^ ニセコアウトドアセンター”. 2019年2月26日閲覧。
  13. ^ a b OUTDOOR AMUSEMENT COMPANY”. 2019年2月26日閲覧。
  14. ^ バスパック”. ニセコアンヌプリ国際スキー場. 2019年2月26日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集