メインメニューを開く

ネイルダウンNaildown)は、フィンランドメロディック・デスメタルバンドである。

ネイルダウン
Naildown
別名 アシッド・ユニヴァース
(Acid Universe) (2003 - 2004)
出身地  フィンランド 東スオミ州
南サヴォ県 ミッケリ
ジャンル メロディック・デスメタル
エクストリーム・メタル
活動期間 2003年 -
レーベル スパインファーム・レコード
アヴァロン・レーベル
公式サイト www.naildownrock.com
メンバー ダニエル・フレイベリ (ボーカルギターキーボード)
ヘイッキ・サーリ (ドラム)
旧メンバー ハリ・ヘイッキネン (ドラム)
ヤルモ・プイッコネン (キーボード)
ヤンネ・ユカライネン (ドラム)
マッティ・ハマライネン (ベース)
アスコ・サルタネン (ギター)

目次

略歴編集

2003年に、アシッド・ユニヴァース (Acid Universe)というバンド名で結成。メンバーは、ダニエル・フレイベリ (Vo,G)、マッティ・ハマライネン (B)、ヤルモ・プイッコネン (Key)、ハリ・ヘイッキネン (Ds)の4名であった。同バンドはデモ2本を作成するが契約は獲得できなかった。2004年にバンド名をネイルダウン (Naildown)と変更し、デモを作成。このデモがきっかけでスパインファーム・レコードと契約する。2005年に1stEP『Eyes Wide Open』をリリースしデビュー。同年に1stアルバム『World Domination』をリリース。同アルバムは約半年遅れで、アヴァロン・レーベルより日本でもリリースされ、日本デビューを果たした。

リリース後、ドラマーの、ハリ・ヘイッキネンが脱退し、ヤンネ・ユカライネンが加入。更にギタリストのアスコ・サルタネンが加入した。そして、ツインギター体制となり、2007年に2ndEP『Judgement Ride』、2ndアルバム『Dreamcrusher』をリリースした。

その後、2007年11月にキーボーディストのヤルモ・プイッコネン、2008年10月にドラマーのヤンネ・ユカライネンが脱退した。2009年2月になって、新ドラマーとして、ノーサーのドラマー、ヘイッキ・サーリが加入した。

それからダニエル・フレイベリがノーサーにセッションギタリストとして参加するようになったこともあってか、目立った活動をしていなかったが、2012年1月に3rdアルバムのレコーディングを始めたことが発表された[1]。活動再開時点で、Facebookの基本データのページに記載されているメンバーは、ダニエル・フレイベリとヘイッキ・サーリの2名となっていた[2]

メンバー編集

現メンバー編集

2009年からフロントマンのペトリ・リンドロスが脱退したノーサーに、サポートギタリストとして参加し、2010年から正式加入し活動した。
2016年よりローペ・ラトヴァラの脱退したチルドレン・オブ・ボドムに加入した。
ヤルモ・プイッコネン脱退後からキーボードも兼任するようになった。
ヴァーチュオシティーノーサーフィントロールでも活動。

元メンバー編集

  • ハリ・ヘイッキネン Harri Heikkinen - ドラム(2004年 - 2006年
  • ヤルモ・プイッコネン Jarmo Puikkonen - キーボード(2004年 - 2007年
  • ヤンネ・ユカライネン Janne Jukarainen - ドラム(2006年 - 2008年
  • マッティ・ハマライネン Matti Hämäläinen - ベース (2004年 - 2012年
  • アスコ・サルタネン Asko Sartanen - ギター(2006年 - 2012年)
インペラノンコデオンでも活動。

ディスコグラフィ編集

  • 2005年 Eyes Wide Open (EP)
  • 2005年 World Domination
  • 2007年 Judgement Ride (EP)
  • 2007年 Dreamcrusher

脚注編集

  1. ^ 公式サイトより
  2. ^ Naildown - 基本データ|Facebook”. Naildown Official Facebook. 2012年11月4日閲覧。

外部リンク編集