ネオン警察 女は夜の匂い

ネオン警察 女は夜の匂い』(ネオンけいさつ おんなはよるのにおい)は、1970年12月5日に公開された日本映画である。

ネオン警察 女は夜の匂い
監督 野村孝
脚本 小川英
出演者 小林旭
内田良平
須賀不二男
小松方正
牧紀子
音楽 小杉太一郎
主題歌 「ついて来るかい」
撮影 峰重義
編集 鈴木晄
製作会社 日活
配給 ダイニチ映配
公開 1970年12月5日
上映時間 82分
前作 ネオン警察 ジャックの刺青
テンプレートを表示

概要編集

「ネオン警察」シリーズの第2作。「ジャックの刺青」の異名を持つ花村勇治が、都市開発計画をめぐって激化する暴力団同士の抗争とその裏の陰謀に挑むアクション活劇。

監督は野村孝。主演は小林旭。製作は日活。配給はダイニチ映配

キャスト編集

日活公式サイトの作品紹介ページでは、以下の人物もキャスト扱いで記載されている[1]

スタッフ編集

楽曲編集

主題歌
「ついて来るかい」
作詩作曲:遠藤実 / 唄:小林旭 / レーベル:クラウンレコード
挿入歌
「男と女の数え唄」
作詩:橋本淳 / 作曲:中村泰士 / 唄:日吉ミミ / レーベル:ビクターレコード
「男と女のお話」
作詩:久仁京介 / 作曲:水島正和 / 唄:日吉ミミ

同時上映編集

脚注編集

  1. ^ ネオン警察 女は夜の匂い | 映画 | 日活”. 日活. 2018年11月23日閲覧。

外部リンク編集