リス顎亜目(リスあごあもく、Sciurognathi)はネズミ目に属していた亜目である。リス亜目と言うこともあるが、系統分類でのリス亜目 Sciuromorpha を意味することもある。

リス顎亜目
Ratufa skull.JPG
オオリス属の顎の構造
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス顎亜目(リス亜目) Sciurognathi
下目

門歯の付け根が下顎角部と同一平面上にあるグループであり、筋肉との接合部における殻のために外側にあるヤマアラシ顎亜目(ヤマアラシ亜目) Hystricognathi と区別される。

ただし原始的な形質を共有する側系統であり、系統分類では認められず、現在は正式な分類群としてはあまり使われない。現在主流の分類では、リス亜目ネズミ亜目ヤマアラシ亜目グンディ下目に分割される。

Sciurognathi は旧来の意味の人為分類として使われ続ける一方で、ITISなどは Sciuromorphaシノニムとしている。

分類編集

7下目に分けられる。ここではそれらを系統分類での亜目に分けて記す。