メインメニューを開く

ネバダ・スミス』(Nevada Smith)は、1966年アメリカ合衆国西部劇映画ハロルド・ロビンズ原作の小説『大いなる野望英語版』の映画化。ヘンリー・ハサウェイ監督、スティーブ・マックイーン主演。

ネバダ・スミス
Nevada Smith
監督 ヘンリー・ハサウェイ
脚本 ジョン・マイケル・ヘイズ英語版
原作 ハロルド・ロビンズ
大いなる野望英語版
製作 ヘンリー・ハサウェイ
製作総指揮 ジョーゼフ・E・レヴィーン
出演者 スティーブ・マックイーン
カール・マルデン
ブライアン・キース
アーサー・ケネディ
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ルシアン・バラード
編集 フランク・ブラクト英語版
製作会社 エンバシー・ピクチャーズ英語版
ソーラー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年6月10日
日本の旗 1966年7月23日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $14,170,000[1]
日本の旗 2億0955万円[2]
テンプレートを表示

1966年の日本における洋画配給収入トップ10の第6位[2]

目次

ストーリー 編集

16歳の少年マックスはある日、両親をジェシー、ビル、トムの3人の殺し屋に殺された。マックスは復讐のため、1挺のライフルを携えて旅立った。道中、マックスは鉄砲鍛冶のジョナスと出会い、彼から拳銃の扱い方や教訓を学ぶ。

そしてマックスはある町で遂に殺し屋の1人ジェシーを見つけ、壮絶な死闘の末、彼を倒した。さらに2人目の殺し屋ビルがルイジアナの刑務所に服役していることを知ったマックスはわざと強盗を起こして捕まり、刑務所に入る。そして、巧みにビルをそそのかして2人で脱獄、素性を明かしてビルと対決し、撃ち倒した。

それから5年後、マックスは遂に3人目の殺し屋トムと対峙、彼を追い詰める。ここに復讐が完結しようとしていたその時、マックスの心の中にある感情が芽生える。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Nevada Smith (1966) - IMDb
  2. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、231頁。ISBN 978-4873767550

外部リンク編集