ノッチバック

車体形状や使用形態により分類される自動車の形態のひとつ
自動車 > ノッチバック

ノッチバックとは自動車の形状の1つである。「3ボックス形」と同義であり、セダンの大部分やクーペの一部で、キャビントランク部分(ラゲッジスペース)の区別がはっきりした外観の型の乗用車の総称。

ノッチバック型の例図

あくまでもスタイルによる区分であり、リアピラーの角度、トランクの大きさなどに明確な分類の基準はない。

概要編集

その名のとおり、明確な「ノッチ」(Notch:折れ、切欠き、段差)を持った「バック」(Back:背中)形状で、ルーフパネルは水平で、比較的角度のきつい(立った)リアウィンドウを持つ。「水平基調」と呼ばれるフォーマルでモダン、かつ落ち着いたスタイルを狙う場合に採用される。

特にノッチバック型であることを強調する場合は、セダンは「ノッチバックセダン」、クーペは「ノッチバッククーペ」と定義付けられることがある。

これに対し、リアウィンドウの角度が寝かされ、ルーフからリアエンドまでなだらかな線で降りてくるものを「ファストバック」(Fastback)、ルーフラインが下がりきる前に垂直に近い角度で切り落とした尾部形状を「カムバック」(Kammback)(カムテール、コーダトロンカとも)と呼ぶ。

ハッチバックに比べると車体剛性が損なわれにくい、静粛性を高めやすい、被追突時における乗員へのリスクが小さい、荷室の荷物の匂いがキャビンまで漂ってこない、客室におけるエアコンの効きが良い、ステータス性があるなどのメリットが有る。また北米では、荷室の中を覗かれない、信号待ちの間にハッチバックを壊されて車内に侵入されないという防犯上のメリットもある。逆にデメリットとしては荷室開口部が狭いので物を出し入れしづらい、後部座席から荷室の物がとれない、エアコンによる荷室の温度調節ができない、全長が長くなって取り回しに不利、などが挙げられる。この他ノッチバックはトランクスルーを備えるか否かで、積載容量が大きく異なる点も注意が必要である。

従来日本ではハッチバックは商用バンのイメージがあり人気がなかったが、SUVが人気を博すと積載能力に優れるハッチバックが大衆車として受け入れられるようになり、今ではノッチバックを凌ぐ人気がある。一方で高級車市場ではトランクの容量が十分に大きいこともあってか、国産のハッチバックセダンは皆無であり、ステータス性・走行性能・キャビンの快適性に優れるノッチバックの独壇場となっている。またタクシーや教習車、パトカーといった業務用セダンでもノッチバックがほとんどである。俗に「ノッチバックセダンは自動車の基本形である」という主張がされることがあるが、教習車での採用が多いことがその裏付けの一つとして語られやすい。また趣味性の強いクーペでも、ハッチバックはほとんど見られなくなった。

2.5ボックスなどともいわれる、リアデッキ(トランクスペース上面)、ならびにリアオーバーハングが極端に短いものを、「セミノッチバック」(または「ショートノッチバック」)が、近年はほとんど見られない。

ノッチバック車(クーペ)の例編集

. ノッチバッククーペの例:

関連項目編集