メインメニューを開く

ハイドレンジア (Hydrangea[1]) はアイルランド競走馬である。主な勝ち鞍は2017年メイトロンステークス(GI)、ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス(GI)。馬名の意味は「アジサイ」。

ハイドレンジア
Owner Mr Derrick Smith.svg
デリック・スミスの勝負服
欧字表記 Hydrangea[1]
品種 サラブレッド
性別 [2]
毛色 鹿毛[2]
生誕 2014年4月1日[2]
Galileo[2]
Beauty Is Truth[2]
母の父 Pivotal[2]
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Beauty Is Truth Syndicate[2]
馬主 Derrick Smith, Mrs John Magnier,
& Michael Tabor[2]
調教師 エイダン・オブライエンアイルランドの旗 アイルランド
競走成績
生涯成績 19戦4勝[2]
獲得賞金 £976,930[2]
 
勝ち鞍
GI メイトロンステークス 2017年
GI 英チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス 2017年
テンプレートを表示

戦績編集

2016年7月にカラ競馬場でデビューし、3戦目で勝ち上がる。続くデビュータントステークスで僚馬ロードデンドロンの2着になると、モイグレアスタッドステークスでイントリケイトリーの2着、フィリーズマイルではまたもロードデンドロンの2着と、勝ち切れない競馬が続いた。フィリーズマイルの後はブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズターフに遠征したが、最下位の14着と大敗を喫した[2]

2017年は初戦の愛1000ギニートライアルで僚馬ウィンターを僅かに退けて重賞初制覇。しかし、その後は英1000ギニー愛1000ギニーコロネーションステークスナッソーステークスと全てウィンターの後塵を拝した[2]。しかし、9月のメイトロンステークスでは初騎乗のウェイン・ローダン英語版に導かれ、圧倒的1番人気のウィンターの追撃をアタマ差凌いで優勝し、7度目のG1挑戦で待望の初タイトルを手にした[3]。次戦のオペラ賞からはエイダン・オブライエン厩舎の筆頭主戦騎手であるライアン・ムーアに乗り替わった。オペラ賞は2着に敗れたが、次戦はムーアからの距離延長の進言により、初の12ハロン戦となるブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークスに出走。2着に2馬身差をつける快勝でG1・2勝目を挙げた[4]

2018年は初戦のランウェイズスタッドステークスこそ2着だったが、次戦のデュークオブケンブリッジステークスでは8着と大敗した。その後はキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスは牡馬の強豪に挑んだが、7頭立ての最下位に終わる。秋はブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークスで連覇を狙ったが5着となり、同レースを最後に現役を引退した[2]

競走成績編集

以下の内容は、Racing Post[2]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2016.07.17 カラ 未勝利 芝6f 10着 J.ヘファーナン 5馬身1/4 Velveteen
0000.07.28 ゴールウェイ 未勝利 芝7f 2着 J.ヘファーナン 2馬身 Eziyra
0000.08.07 カラ 牝馬限定戦 芝7f 1着 J.ヘファーナン 2馬身1/4 (Madame Cherie)
0000.08.21 カラ デビュータントステークス G2 芝7f 2着 P.ベギー アタマ Rhododendron
0000.09.11 カラ モイグレアスタッドステークス G1 芝7f 2着 P.ベギー 短頭 Intricately
0000.10.07 ニューマーケット フィリーズマイル G1 芝8f 2着 J.ヘファーナン 2馬身1/4 (Rhododendron)
0000.11.04 サンタアニタ BCジュヴェナイルフィリーズターフ G1 芝8f 14着 J.ヘファーナン 18馬身1/2 New Money Honey
2017.04.08 レパーズタウン 愛1000ギニートライアルステークス G3 芝7f 1着 P.ベギー アタマ Winter
0000.05.07 ニューマーケット 英1000ギニー G1 芝8f 10着 P.ベギー 15馬身 Winter
0000.05.28 カラ 愛1000ギニー G1 芝8f 3着 P.ベギー 5馬身 Winter
0000.06.23 アスコット コロネーションステークス G1 芝8f 3着 P.ベギー 2馬身1/2 Winter
0000.08.03 グッドウッド ナッソーステークス G1 芝10f 4着 J.ヘファーナン 3馬身 Winter
0000.09.09 レパーズタウン メイトロンステークス G1 芝8f 1着 W.ローダン アタマ (Winter)
0000.10.01 シャンティイ オペラ賞 G1 芝10f 2着 R.ムーア アタマ Rhododendron
0000.10.21 アスコット 英チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス G1 芝12f 1着 R.ムーア 2馬身 (Bateel)
2018.05.26 カラ ランウェイズスタッドステークス G2 芝8f 2着 R.ムーア 1馬身3/4 Opal Tiara
0000.06.20 アスコット デュークオブケンブリッジステークス G2 芝8f 8着 R.ムーア 9馬身1/4 Aljazzi
0000.07.28 アスコット キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス G1 芝12f 7着 R.ムーア 39馬身 Poet's Word
0000.10.20 アスコット 英チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス G1 芝12f 5着 D.オブライエン 10馬身1/2 Magical

繁殖牝馬時代編集

2019年から繁殖入り。ディープインパクトとの交配のため、日本ノーザンファームに預託された[5]

血統表編集

ハイドレンジア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系
[§ 2]

Galileo
1998 鹿毛
父の父
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
父の母
Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka

Beauty Is Truth
2004 鹿毛
Pivotal
1993 栗毛
Polar Falcon Nureyev
Marie d'Argonne
Fearless Revival Cozzene
Stufida
母の母
Zelding
1995 鹿毛
*ウォーニング Known Fact
Slightly Dangerous
Zelda Caerleon
Mill Princess
母系(F-No.) 8号族(FN:8-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer3×5=15.63%、Special4×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ 5代血統表 ハイドレンジア(IRE). 2019年8月28日閲覧
  2. ^ 5代血統表 ハイドレンジア(IRE). 2019年8月28日閲覧
  3. ^ 5代血統表 ハイドレンジア(IRE). 2019年8月28日閲覧
  4. ^ 5代血統表 ハイドレンジア(IRE). 2019年8月28日閲覧

脚注編集

  1. ^ a b ハイドレンジア(IRE). JBIS-Search. 2019年8月28日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Hydrangea | Race Record & Form. Racing Post. 2019年8月28日閲覧
  3. ^ Full Result 5.35 Leopardstown (IRE) 9 September 2017”. Racing Post. 2019年8月27日閲覧。
  4. ^ O'Brien equals Group-One race record”. O'Brien equals Group-One race record (2017年10月21日). 2019年8月29日閲覧。
  5. ^ Deep Impact, la disparition d’un cheval hors norme”. Jour de Galop (2019年7月30日). 2019年8月27日閲覧。
  6. ^ Beauty Is Truth(IRE)”. JBIS-Search. 2019年8月28日閲覧。
  7. ^ Fire Lily(IRE)”. JBIS-Search. 2019年8月28日閲覧。
  8. ^ a b ハイドレンジアの血統表”. netkeiba.com. 2019年8月28日閲覧。

外部リンク編集