ハッピーマンデー制度

ハッピーマンデー制度(ハッピーマンデーせいど)とは、日本において国民の祝日の一部を、従来の固定日から特定週の月曜日に移動させた法改正である。

概説編集

公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したため、月曜日を国民の祝日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された。

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」(平成10年法律第141号)によって「成人の日」および「体育の日」が、「国民の祝日に関する法律及び老人福祉法の一部を改正する法律」(平成13年法律第59号)によって「海の日」および「敬老の日」が、それぞれ月曜日に移動した。

なお、移動方法については「従来の日付に近い方の月曜日」のような追従型でなく、「○月の第○月曜日」のように固定型となっている。これらの祝日設定は、アメリカ合衆国にある同様の制度(月曜休日統一法)の設定にならったものである。

国民の祝日
日付 移動年 祝日名
1月1日 元日
1月第2月曜日 2000年 成人の日
2月11日 建国記念の日
2月23日 天皇誕生日
3月20日頃 春分の日
4月29日 昭和の日
5月3日 憲法記念日
5月4日 みどりの日
5月5日 こどもの日
7月第3月曜日 2003年 海の日
8月11日 山の日
9月第3月曜日 2003年 敬老の日
9月23日頃 秋分の日
10月第2月曜日 2000年 スポーツの日
11月3日 文化の日
11月23日 勤労感謝の日

このうち「勤労感謝の日」に関しては、「秋の大型連休」構想(シルバーウィーク § 10月末 - 11月頭の大型連休)として「体育の日」と「勤労感謝の日」を「文化の日」前後へ移動させ、土曜日・日曜日や振替休日、国民の休日と合わせて5連休以上にすることが、2007年5月に自公連立政権によって検討されたことがある。

これは景気対策を狙ったものだったが、自民党内からも「祝日の本来の意味が失われる」と反対論が多く、実現には至らなかった。もっとも、現行法でも暦の関係で、偶発的に9月の大型連休(土日の週末連休+敬老の日+国民の休日+秋分の日の5連休)が発生することはある(実例:2009年〈平成21年〉、2015年〈平成27年〉)。

なお2020年および2021年に関しては、東京オリンピックの開催(2021年に延期)に伴い制定された「改正オリンピック特別措置法」(2018年6月13日成立)により、本来の上記日程とは異なり、海の日を東京五輪開幕前日の2020年7月23日(延期後は2021年7月22日)、体育の日改めスポーツの日を五輪開幕当日の2020年7月24日(延期後は2021年7月23日)、またハッピーマンデーの適用外である山の日を閉会翌日の2020年8月10日(延期後は閉会当日の2021年8月8日)、延期後の閉幕翌日の2021年8月9日は「山の日の振替休日」にそれぞれ変更して施行する予定である[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 2020年祝日大移動!7・23海の日、7・24体育の日、8・10山の日(サンケイスポーツ)