メインメニューを開く

ハプログループO-F2320 (Y染色体)[3](ハプログループO-F2320 (Yせんしょくたい))、またはハプログループO-K18 (Y染色体)[1]、系統名称ハプログループO1b1とは、分子人類学で用いられる、人類Y染色体ハプログループの分類のうち、ハプログループO1bのサブクレードの一つで、「F2320」または「K18」のSNPで定義づけられる系統である。現代の日本人や朝鮮民族の男性に多く見られるO1b2-M176との最も近い共通祖先は約28,100年前に、現存の全てのO1b1-F2320の最も近い共通祖先は約21,400年前に生きたと推定されている。[1]

ハプログループ O1b1 (Y染色体)
推定発生時期 28,500 [95% CI 26,200 <-> 30,900] 年前[1]
推定発生地 中国[2]
現存下位系統の
分岐開始年代
22,200 [95% CI 20,000 <-> 24,400]年前[1]
親系統 O1b
子系統 O-CTS10887, O-PK4
定義づけられる変異 K18, F1888/M1356, M1307/K19, M1446, plus 63 other SNPs[1]
F2320, F3008/M1441, F3286/M1465[3]
高頻度民族・地域 中国南部、東南アジアインド東部(オーストロアジア系民族
ハプログループO1b1a1a-M95の分布図

目次

分布編集

O1b1a1a-M95編集

下位系統のO1b1a1a-M95(かつてはハプログループO2aと呼ばれていた)は特に繁栄しており、中国南部、東南アジアインド東部など、特にオーストロアジア語族に属す言語を話す民族に多い。ニコバル人に100%[4]ションペン人に100%[5]、ラオス南部及びカンボジア北東部のクイ族に87.2%[6]乃至91.9%[7]海南島リー族に61.8% (21/34)[8]乃至64.8%(212/327)[9]バリ人58.6%[10]プイ族に54.3% (19/35)[8]ムンダ系民族に53.1%[11]ハニ族に50% (17/34)[8]カシ族に41.3%[12]、広東省の漢民族に30% (12/40)[13]、四川省成都市漢族に14.7% (5/34)[8]チャン族に12.1% (4/33)[8]シェ族に8.8% (3/34)[8]、広東省清遠市連南瑤族自治県のヤオ族に8.6% (3/35)[8]、南部漢民族に4.6% (3/65)[2]、広西省河池市巴馬瑶族自治県のヤオ族に2.9% (1/35)[8]などである。現在はオーストロネシア語族中国語が分布する東南アジアの半島・島嶼部や中国南部にも、かつてはオーストロアジア語族が分布していたことが遺伝子から示された格好となる。日本にも1~4%観察されている[14]。東京都で採取された1000ゲノムプロジェクトのサンプルJPT("Japanese in Tokyo, Japan")56人のうち一人のY染色体がO-M95に属しており、中国南部の数人の漢族タイ族の男性との最も近い共通祖先が今より約5,600年(95% CI 4,100年 <-> 7,100年)前に生きたと推定されている。[1]

現存の全てのO-M95の最も近い共通祖先は約10,800年前にさかのぼると推定されていてかなり古いが、現在からおおよそ6,000年前~5,000年前(即ち紀元前4千年紀)の間に多くのサブクレードを生み出していると見られるため、その頃に中国のある地方から東南アジアへ分布を広げたのかも知れない[1]。この分布拡大は稲作の拡散[15]年代と一致しており、稲作を携えたO-M95に属すオーストロアジア人が中国南部から東南アジア、南アジアへ移住していった歴史が推定される。

O1b1a1b-F838編集

O1b1a1b-F838に属すY染色体は主に中国に居住する漢族の男性から検出されており、O-M95との最も近い共通祖先は約12,400年前と推定されている。[1] また、O-F838に属すと考えられるO-PK4(xM95)は華南出身者65人中3人(4.6%)、華北出身者129人中1人(0.8%)、華東出身者167人中1人(0.6%)、漢族男性の合計361人中5人(1.4%)観察された例がある。[2]

2014年に発表された論文ではO-PK4(xM95)に属すY-DNAが台湾に居住する漢族の男性352人中7人(2.0%)、ベトナム(ハノイ)の男性24人中1人(4.2%)、インドネシア・マルク州・アンボン島の男性18人中1人(5.6%)、屏東シラヤ族85人中1人(1.2%)に観察された例がある。[16] これらのY染色体もO1b1a1b-F838に含まれると推測できる。

O1b1a2-Page59編集

O1b1a2-Page59に属すY染色体は主に中国に居住する漢族の男性から検出されているが、中国の傣族、台湾の漢族及び平埔族[16]、ベトナム(ホーチミン市)、フィリピン(特にルソン島南部[16])、インドネシア(西カリマンタン州[16]、韓国、日本(東京)、カタールでも観察された例がある。O-PK4との最も近い共通祖先は約22,200年前に生きたと推定されている。[1] また、O-Page59に属すと考えられるO-P31/M268(xPK4, M176)は華北出身者129人中8人(6.2%)、華東出身者167人中8人(4.8%)、華南出身者65人中2人(3.1%)、合わせて漢族男性361人中18人(5.0%)に観察された例がある。[2]

三国時代の基礎を作った曹操もO1b1a2-Page59に属していたと推定されている。[17]

系統樹編集

ハプログループO系統の分岐については2017年9月10日改訂のISOGGの系統樹(ver.12.244)による[18]

  • O1b(旧O2) (M268)
    • O1b1 (F2320)
      • O1b1a (M1470)
        • O1b1a1 (PK4)
          • O1b1a1a(旧O2a) (M95) - 東南アジア、中国南部に多い。オーストロアジア語族と関連。
            • O1b1a1a1 (F1803/M1348)
              • O1b1a1a1a (F1252)
                • O1b1a1a1a1 (F2924)
                  • O1b1a1a1a1a (M111)
                    • O1b1a1a1a1a1 (F2758)
                      • O1b1a1a1a1a1a (Z24083)
                        • O1b1a1a1a1a1a1 (Z24089)
                          • O1b1a1a1a1a1a1a (F923)
                            • O1b1a1a1a1a1a1a1 (CTS2022)
                              • O1b1a1a1a1a1a1a1a (F1399)
                                • O1b1a1a1a1a1a1a1a1 (F2415)
                            • O1b1a1a1a1a1a1a2 (Z24131)
                            • O1b1a1a1a1a1a1a3 (Z24100)
                          • O1b1a1a1a1a1a1b (SK1627/Z24091)
                            • O1b1a1a1a1a1a1b1 (Z39410)
                        • O1b1a1a1a1a1a2 (Z24088)
                    • O1b1a1a1a1a2 (F2890)
                      • O1b1a1a1a1a2a (Z24048)
                        • O1b1a1a1a1a2a1 (Z24050)
                      • O1b1a1a1a1a2b (Z24014)
                  • O1b1a1a1a1b (CTS5854)
                    • O1b1a1a1a1b1 (Z23810)
                      • O1b1a1a1a1b1a (CTS7399)
                        • O1b1a1a1a1b1a* (CTS7399(xFGC19713/Y14026)) 日本(東京都)[1]
                        • O1b1a1a1a1b1a1 (FGC19713/Y14026)
                          • O1b1a1a1a1b1a1* (FGC19713/Y14026(xZ23849)) 福建省[1]
                          • O1b1a1a1a1b1a1a (Z23849)
                            • O1b1a1a1a1b1a1a* (Z23849(xFGC61038)) 広東省、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州[1]
                            • O1b1a1a1a1b1a1a1 (FGC61038) 広西省、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州[1]
                      • O1b1a1a1a1b1b (CTS651) 北京、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州[1]
                        • O1b1a1a1a1b1b1 (CTS9884)
                    • O1b1a1a1a1b2 (F4229)
                      • O1b1a1a1a1b2a (F809)
                        • O1b1a1a1a1b2a (F809(xF2517)) 広東省、重慶市[1]
                        • O1b1a1a1a1b2a1 (F2517) 雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州[1]
                • O1b1a1a1a2 (SK1630) 中国(陝西省)、ロシア(リャザン州[1]
                  • O1b1a1a1a2a (SK1636)
              • O1b1a1a1b (F789/M1283)
                • O1b1a1a1b1 (FGC29900/Y9322/Z23667)
                  • O1b1a1a1b1a (B426/FGC29896/Y9033/Z23671)
                    • O1b1a1a1b1a1 (FGC29907/YP3930)
                    • O1b1a1a1b1a2 (B427/Z23680)
                  • O1b1a1a1b1b (Z39485)
                  • O1b1a1a1b1c (B418)
                • O1b1a1a1b2 (SK1646)
            • O1b1a1a2 (CTS350) 中国(湖南省)、日本(愛知県)
            • O1b1a1a3 (Page103)
          • O1b1a1b (F838) 中国、台湾、ベトナム(ハノイ)、インドネシア(アンボン島)、ミャンマー(エーヤワディ地方域)、チベット民族(四川省カンゼ新竜県
            • O1b1a1b1 (F1199)
        • O1b1a2 (Page59)
          • O1b1a2a (F993) 中国、台湾、フィリピン、カタール
            • O1b1a2a1 (F1759)
              • O1b1a2a1a (CTS1127)
          • O1b1a2b (F417/M1654)
            • O1b1a2b1 (F840) 中国(湖北省)
              • O1b1a2b1a (F1127) 中国(タイ族、北京漢族)
            • O1b1a2b2 (CTS1451) 韓国、日本(東京都)
          • O1b1a2c (CTS9996) 中国、ベトナム

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q YFull Haplogroup YTree v5.01 at 04 January 2017
  2. ^ a b c d Shi Yan, Chuan-Chao Wang, Hui Li, Shi-Lin Li, Li Jin, and The Genographic Consortium, "An updated tree of Y-chromosome Haplogroup O and revised phylogenetic positions of mutations P164 and PK4." European Journal of Human Genetics (2011) 19, 1013–1015; doi:10.1038/ejhg.2011.64
  3. ^ a b Y-DNA Haplogroup O and its Subclades - 2017 2017年8月17日閲覧
  4. ^ Kumar et al(2007)Y-chromosome evidence suggests a common paternal heritage of Austro-Asiatic populations;BMC Evolutionary Biology 2007, 7:47 doi:10.1186/1471-2148-7-47
  5. ^ Rajni Trivedi, T. Sitalaximi, Jheelam Banerjee, Anamika Singh, P.K. Sircar, and V.K. Kashyap, "Molecular insights into the origins of the Shompen, a declining population of the Nicobar archipelago." Journal of Human Genetics (2006) 51: 217–226. DOI 10.1007/s10038-005-0349-2
  6. ^ Cai X, Qin Z, Wen B, Xu S, Wang Y, et al. (2011), "Human Migration through Bottlenecks from Southeast Asia into East Asia during Last Glacial Maximum Revealed by Y Chromosomes." PLoS ONE 6(8): e24282. doi:10.1371/journal.pone.0024282
  7. ^ Zhang X, Kampuansai J, Qi X, Yan S, Yang Z, et al. (2014), "An Updated Phylogeny of the Human Y-Chromosome Lineage O2a-M95 with Novel SNPs." PLoS ONE 9(6): e101020. doi:10.1371/journal.pone.0101020
  8. ^ a b c d e f g h Yali Xue, Tatiana Zerjal, Weidong Bao, Suling Zhu, Qunfang Shu, Jiujin Xu, Ruofu Du, Songbin Fu, Pu Li, Matthew E. Hurles, Huanming Yang, and Chris Tyler-Smith, "Male Demography in East Asia: A North–South Contrast in Human Population Expansion Times." Genetics 172: 2431–2439 (April 2006).
  9. ^ Li D, Li H, Ou C, Lu Y, Sun Y, et al. (2008), "Paternal Genetic Structure of Hainan Aborigines Isolated at the Entrance to East Asia." PLoS ONE 3(5): e2168. doi:10.1371/journal.pone.0002168
  10. ^ Karafet, Tatiana M.; Lansing, J. S.; Redd, Alan J.; Watkins, Joseph C.; Surata, S. P. K.; Arthawiguna, W. A.; Mayer, Laura; Bamshad, Michael et al. (2005). "Balinese Y-Chromosome Perspective on the Peopling of Indonesia: Genetic Contributions from Pre-Neolithic Hunter-Gatherers, Austronesian Farmers, and Indian Traders". Human Biology 77 (1): 93–114. doi:10.1353/hub.2005.0030. PMID 16114819.
  11. ^ Sengupta et al(2006);Polarity and temporality of high-resotution Y-chromosome distributions in India indentify both indegenous and exgenous expansions and reveal minor genetic influence of Central Asian pastoralists.Am.J.Hum.Genet.78:202-221
  12. ^ Kumar et al(2007)Y-chromosome evidence suggests a common paternal heritage of Austro-Asiatic populations;BMC Evolutionary Biology 2007, 7:47 doi:10.1186/1471-2148-7-47
  13. ^ Hammer MF, Karafet TM, Park H et al. (2006). "Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes". J. Hum. Genet. 51 (1): 47–58. doi:10.1007/s10038-005-0322-0. PMID 16328082.
  14. ^ Hammer MF, Karafet TM, Park H et al. (2006). "Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes". J. Hum. Genet. 51 (1): 47–58. doi:10.1007/s10038-005-0322-0. PMID 16328082.
  15. ^ Fabio Silva , Chris J. Stevens, Alison Weisskopf, Cristina Castillo, Ling Qin, Andrew Bevan, Dorian Q. Fuller (2015) Modelling the Geographical Origin of Rice Cultivation in Asia Using the Rice Archaeological Database ; PLOS ONE, published: September 1, 2015 https://doi.org/10.1371/journal.pone.0137024
  16. ^ a b c d Jean A Trejaut, Estella S Poloni, Ju-Chen Yen, Ying-Hui Lai, Jun-Hun Loo, Chien-Liang Lee, Chun-Lin He, and Marie Lin, "Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia." BMC Genetics 2014, 15:77. http://www.biomedcentral.com/1471-2156/15/77
  17. ^ WEN Shaoqing, WANG Chuanchao, AO Xue, WEI Lanhai, TONG Xinzhu, WANG Lingxiang, WANG ZhanFeng, HAN Sheng, and LI Hui, "Ancient DNA supports Emperor Cao’s paternal genetic lineage belonging to haplogroup O2." Acta Anthropologica Sinica, 2016, 35(4): 617–25.
  18. ^ Y-DNA Haplogroup O and its Subclades - 2017
Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J K1 K2
L T MS NO P K2*
N O Q R