ハリス・モリチス

ハリス・モリチスギリシア語: Χάρης Μορίτσης ハリス・モリツィス英語: Charis Moritsis1970年8月1日 - )は、キプロス外交官大使2019年9月より、常駐では初代となる駐日大使を務めている[1](但し、信任状捧呈は年明けの2020年2月[2])。母語のギリシア語に加えて、英語とイタリア語に堪能[3]

学歴編集

1981年9月15日から1987年6月30日にかけてパンキプリオ・ギムナシオギリシア語版英語版(全キプロス・ギュムナシオン戦後日本の学制における中高一貫校に近い)で修学[3]

1991年10月1日から1994年7月1日にかけて英国エセックス大学で修学し、政府学の学士を取得。1994年10月1日から1995年6月31日にかけて同大学で修学し、政治学ポストグラデュエート・ディプロマ (PgD) を取得[3]

外交経歴編集

1999年11月15日から2005年2月14日にかけてアタッシェとして本省勤務[3]

2005年2月15日から2006年8月22日にかけて在セルビア・モンテネグロ大使館および在セルビア大使館臨時代理大使[3]

2006年8月23日から2007年7月31日にかけて在フィンランド大使館参事官[3]

2007年8月1日から2010年8月30日にかけて在エジプト大使館参事官[3]

2010年9月1日から2013年12月15日にかけて欧州連合キプロス政府代表部参事官[3]

2013年12月16日から2015年2月28日にかけて危機管理課長として本省勤務[3]

2015年から2019年9月15日にかけて在エジプト大使信任状捧呈は6月28日)[4][1]。離任直前の2019年9月12日、ギリシャ正教会アレクサンドリア総主教庁セオドロス2世(テオドロス2世)総主教と面会し、聖サバス英語版勲章を授与された[5]

2019年、東京常駐としては初代となる駐日大使を拝命する[1](前任者のアイス・ロイズ駐日大使は北京常駐[6])。同年10月22日、皇居正殿松の間今上天皇即位礼正殿の儀が執り行われ[7]、アンドリ・アナスタシアドゥ大統領夫人(ニコス・アナスタシアディス大統領の夫人)と共に参列した[8]

2020年2月12日に皇居で信任状を捧呈し、駐日大使として正式に就任した[2]

出典編集

外部リンク編集

公職
先代:
アイス・ロイズ
  駐日キプロス大使  
2019年~
次代:
(現職)
先代:
????
  在エジプトキプロス大使  
2015年~2019年
次代:
オミロス・マヴロマティス