ハレーズコメット

ハレーズコメット』 (HALLEY'S COMET) は、1986年1月に日本のタイトーから稼働されたア-ケード縦スクロールシューティング

ハレーズコメット
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 タイトー熊谷研究所
発売元 タイトー
デザイナー 三辻富貴朗[1]
音楽 小倉久佳[1]
メディア 業務用基板
(208.09キロバイト
稼働時期 INT 1986011986年1月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MC6809 (@ 4.992 MHz)
Z80 (@ 3 MHz)
サウンド AY-3-8910A (@ 1.5 MHz)×4
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×240ピクセル
60.00Hz
パレット1536色
テンプレートを表示

1986年当時、地球に76年ぶりに接近することで話題となっていたハレー彗星をモチーフとしている[1]。撃墜し損ねた敵の数によって被害率が1%ずつカウントされていき、100%に到達する事でゲームオーバーとなるシステムを特徴としている[1]

開発はタイトー熊谷研究所が行い、ナムコから稼働されたアーケードゲーム『ギャラガ』(1981年)のようなゲームを目指して製作された[1]。ゲーム・デザインは後に『バブルボブル』(1986年)を手掛けた三辻富貴朗が担当、音楽は『影の伝説』(1985年)を手掛けた小倉久佳が担当している。

後に『ハレーウォーズ』と改題され、1989年ファミリーコンピュータ ディスクシステムに移植された他、1991年ゲームギアに移植された。アーケード版は2003年から2004年にかけて携帯電話ゲームとして配信された他、PlayStation 2用ソフト『タイトーメモリーズII 下巻』(2007年)に収録された。

ゲーム内容編集

システム編集

8方向レバー自機を操作し、2つのボタンで攻撃とボム(シップ型爆弾)を使用する。シップ型爆弾は取得すると自機の両脇に追従するが、敵の攻撃を受けると失われてしまう。シップ型爆弾のストックがない時は使用出来ない。

ハレー大彗星から襲ってくる敵を撃破し、太陽系の各惑星を守ることがゲームの目的である。敵を撃ちもらしていくと画面右下の惑星ダメージがだんだん上昇し、これが100%に到達すると残機が何機あってもゲームオーバーとなる(逆に、0%での完全防衛に成功すると残機が一機増える)。一つの惑星を防衛するとステージクリアとなり、次の惑星へと移動する。1周で10の惑星を回り、全て回り終わると2周目に突入し、後はその繰り返しというループゲーム。

通常のシューティングゲームでは、自機が破壊されない限りミスとならないため、敵を避けて見逃すことも戦略のうちであるが、本作はそれに加えて全ての敵を見逃してはならないという独特の緊張感があり、それらと相まって全体的に敵の動きが速くかつトリッキーなため仕留め難く、弾の精度こそ高くないものの数が多くかつ速くて避け難いという高めの難易度を誇る。

パワーアップ編集

自機は小惑星コンテナを破壊することで出現するパーツを回収することでパワーアップする。パーツごとに攻撃方向や性能が異なっており、同じパーツを取り続けることで段階的に強化されていく。自機が最大限パワーアップした際の攻撃は画面前方ほとんどに及ぶほどの攻撃範囲がある[1]。また、パワーアップアイテムは一定時間で画面外に消えてしまうため、早めの回収が必要となるがその際に敵と接触しミスとなる事も多発する[1]

スーパーレーザー
主武器のレーザーが太くなる。
ダブルビーム
レーザーと同時に2連装のビームが発射される。
スーパーボール
斜め前方に球状の弾が発射される。
ロケットエンジン
スピードが上がる。
バリア
攻撃を防ぐバリアが付く。
シップ型爆弾
シップ型爆弾の数が増える。

なお、小惑星からはまれにオレンジ・グリーン・ブルーカラーのボール状のアイテムが出現することがある。これは開発者である三辻の名を冠した「MTJボール」と呼ばれている[1]。これを獲得すると、

  • 最強装備になる
  • 画面上の敵を全滅させる
  • シップのストックが最大になる
  • 前方の弾のみ一定回数防ぐフィールドを張る

などの効果を得ることが出来る。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ハレーウォーズ   198901141989年1月14日
ディスクシステム タイトー タイトー ディスクカード両面 TFS-HAL
2 ハレーウォーズ   199106211991年6月21日
  1991年
  1991年
ゲームギア I.T.L   タイトー
  セガ
  セガ
ロムカセット   T-11027
  2318
  2318
3 ハレーウォーズ   2003年1月15日[2][3]
J-スカイ タイトー タイトー ダウンロード
(タイトーGame selection EX)
- アーケード版の移植
4 ハレーウォーズ   2004年1月16日[4]
504i/505iシリーズ、FOMA
iアプリ
タイトー タイトー ダウンロード
(タイトーG@meパーク)
- アーケード版の移植
5 タイトーメモリーズII 下巻   200703292007年3月29日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM TCPS-10183 アーケード版の移植
6 タイトーメモリーズII 下巻
エターナルヒッツ
  200806262008年6月26日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-55018 廉価版、アーケード版の移植

スタッフ編集

アーケード版
ファミリーコンピュータ版
  • 松田康、でくねこういち
  • プログラマー:松田康、三好弘二、たかくわゆり
  • スペシャル・サンクス:いとうしゅんじ、ささききみや、高橋秀信、ひざけんいち、和田めい子、やまだまさし、OJAMAMUSHI、内村語
ゲームギア版
  • プログラム:みずのまさる
  • ヘルプ、ツール:たじませいいち
  • サウンド・プログラム:KUSATSU ONSEN(草津きよし)
  • サウンド:STAR WATANABE(わたなべよしお)
  • グラフィック・デザイン:なりたたけし
  • スペシャル・サンクス:OJAMAMUSHI、かんのゆういち

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通21/40点 (FC)[5]
23/40点 (GG)[6]
甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.2否定的 (AC)[1]
ファミリーコンピュータMagazine15.13/25点 (FC)[7]
ACE780/1000点 (GG)[8]
アーケード版
  • ゲーム本『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.2 アクションゲーム・シューティングゲーム熟成期編』では、三辻や小倉などの同社が抱える有名スタッフが製作に携わった割には「かなり地味」であると否定的に評価された[1]
ファミリーコンピュータ版
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.82 2.93 3.29 3.22 - 2.87 15.13
ゲームギア版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では5・6・7・5の合計23点となっており[6]、レビュアーはAC版『ハレーズコメット』に近いようなゲームでFC版が今一つな出来だったのに対して今作はなかなかの力作になっている、弾の残像や自機がスローモーションなのを気にしなければ結構遊べる、背景は綺麗で飛んでくるハレー彗星もいい感じ、出現パターンがわかればスムースに遊べる、一方で目にやさしいゲームではない、単色のようなAC版と比べると着色された本作は安っぽくも感じる、GGでの操作は慣れないと辛いとし、対象者について敵の攻撃が結構意地悪で初心者は気を付けた方がいいとした者やシューティングだがモード設定があり広い層向けだとした者がいた[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 「1986年 ハレーズコメット」『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.2 アクションゲーム・シューティングゲーム熟成期編』メディアパル、2019年12月20日、33頁。ISBN 9784802110419
  2. ^ 関口聖 (2003年1月9日). “タイトー、J-スカイ向けゲーム配信サイトに新作追加” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ 田名網陽平 (2003年1月10日). “タイトー、J-スカイ用コンテンツ「ハレーウォーズ」、「バブルンボウリング」などを追加” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年2月1日閲覧。
  4. ^ 関口聖 (2004年1月15日). “タイトー、iモード向けシューティングゲーム「ハレーウォーズ」” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2020年2月1日閲覧。
  5. ^ a b ハレーウォーズ まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年1月2日閲覧。
  6. ^ a b c 「新作ゲームクロスレビュー」『ファミコン通信』第6巻第13号、アスキー、1991年6月28日、 20頁。
  7. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 68頁。
  8. ^ Halley Wars for Game Gear (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月1日閲覧。

外部リンク編集