ハンガリーにおける反LGBT法

ハンガリーにおける反LGBT法(ハンガリーにおけるはんLGBTほう)は、2021年6月15日にハンガリー議会で可決した、未成年者を対象とした教材同性愛性転換についての描写(プロパガンダ)を禁止する一連の法律である[1][2]

成立の経緯編集

これらの法律は「反小児性愛法」などを修正したもので、ハンガリー首相オルバーン・ヴィクトルが率いるフィデス党が提出され、圧倒的多数で可決された[3]。反対した議員は1人のみであった[3]

内容編集

新法では、学校内で同性愛や性転換などの、性の多様性について話すことを禁止し、違法とした[3]

各国の反応編集

ハンガリー国内編集

首相であるオルバーン・ヴィクトルは、「この法律は子どもの権利を守るもの」であるとした[2]。成立の過程では、国会前で数千人のデモが行われ、10万を超える抗議の署名が集まった[3]

EU、ヨーロッパ諸国編集

EUは6月24日に首脳会議を行い、ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長はこの法律が「明らかに差別的である」とした[1]

オランダマルク・ルッテ首相は、「欧州の価値観を気に入らなければEUを去るべきだ。」と述べた[4]

自身が同性愛者であること公表している、ルクセンブルクグザヴィエ・ベッテル首相は「ゲイになることが「選択ではない」とし、不寛容であることは「選択」だ。」と主張し、ハンガリーの政策を批判した[5]

ポーランドプシュミスワフ・チャルネク英語版教育相は、ハンガリーの一連の反LGBT政策を賞賛し、ポーランドにおいても同様の政策をコピーするべきだと主張している[6]

団体編集

人権団体アムネスティ・インターナショナル・ハンガリーのデヴィッド・ヴィグは、「ハンガリーのLGBTQにとって暗黒の日になった…。この新法はLGBTQとストレート・アライにさらに深刻な社会的スティグマを与えることになるだろう。」と声明を発表した[3]

影響編集

欧州サッカー連盟は、ミュンヘン市議会が要請した、試合会場アリアンツ・アレーナのレインボーカラーへのライトアップを禁じた[7][8]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b ハンガリー「反LGBT法」 EU委員長「明らかに差別的」”. TBS NEWS. 2021年6月27日閲覧。
  2. ^ a b 日本放送協会. “EU加盟国 ハンガリーの同性愛など規制する法案可決で批判”. NHKニュース. 2021年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e ハンガリーでLGBTQについて公に語ることを禁じる反LGBTQ法案が可決されました” (jp). www.outjapan.co.jp. 2021年6月27日閲覧。
  4. ^ 欧州各国、ハンガリー「反LGBT」法に懸念 EU首脳会議” (日本語). 毎日新聞. 2021年6月27日閲覧。
  5. ^ LGBT擁護に立ち上がったルクセンブルク首相「同性愛は『選んで』なるものではない」” (日本語). Newsweek日本版 (2021年6月25日). 2021年6月29日閲覧。
  6. ^ Poland should copy Hungarian LGBT law, says Polish minister”. Reuters (2021年6月28日). 2021年6月29日閲覧。
  7. ^ co.,Ltd, FromOne. “UEFA、独スタジアムのレインボーカラー点灯を認めず…ハンガリーのLGBT政策に反発し計画も” (日本語). サッカーキング. 2021年6月27日閲覧。
  8. ^ 「同性愛差別」でEUが東西分裂 ハンガリーの法案巡り協議:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月27日閲覧。