メインメニューを開く

バルバラ(Barbara, 1930年6月9日 - 1997年11月24日)は、フランスシャンソン歌手作詞家作曲家。本名、モニック・アンドレ・セール(Monique Andrée Serf)。

バルバラ
Barbara 1 (Repetities 1968-03-07 Grand Gala du Disque Populaire).jpg
基本情報
出生名 モニック・アンドレ・セール
生誕 1930年6月9日フランスの旗 フランスパリ
出身地 フランスの旗 フランス
死没 (1997-11-24) 1997年11月24日(67歳没)
フランスの旗 フランスイル・ド・フランス地域圏オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ
ジャンル シャンソンピアノ弾き語り
職業 歌手作詞家作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1958年 - 1996年

目次

人物編集

 
ナントにあるバルバラ通り(Allée Barbara)の看板

パリ17区で生まれる。第二次世界大戦勃発前は、パリ17区内やマルセイユロアンヌなどに居住した。

父はユダヤ系アルザス人、母方の祖母はウクライナ人。ユダヤ系であるため、ナチス・ドイツによるフランス占領時代には、アンドル県オート=ピレネー県タルブイゼール県などを転々とした。戦後はパリ20区パリ16区などに居住。同居していた母が亡くなったパリ16区の通り名が付いた曲のほか、現在、道路名にバルバラの名前が付けられているナントを歌った曲(「ナントに雨が降る」)などがある。

コンサートやステージの開催時、それら公演の宣伝を一切行わないにもかかわらず発売直後にチケットが完売する現象は「神話」と呼ばれた。制作・発表した作品群はフランス国民のみならず様々な国の聴き手に感銘を与え、現在も圧倒的な支持と評価を受け続けている。

1997年11月24日、パリ西部近郊のヌイイ=シュル=セーヌの病院にて呼吸器疾患で死去。67歳。

絶筆となった自伝 “ Il était un piano noir... mémoires interrompus(対訳:『一台の黒いピアノがあった…未完の記録』 日本語訳『一台の黒いピアノ…』)が死の翌年、1998年10月にフランスで刊行。遺作として発表された。

代表曲(日本語題)編集

  • Ma plus belle histoire d'amour (我が麗しき恋物語)
  • Göttingenパリゲッティンゲン
  • Toi (貴方)
  • Nantesナントに雨が降る
  • L'Aigle noir (黒いワシ)
  • Une petite cantate (小さなカンタータ)
  • Marienbad (マリエンバード)
  • Le mal de vivre (孤独のスケッチ)
  • Madame (貴婦人)
  • Tire-pas (撃たないで)
  • Mes hommes (私の恋人たち)
  • Mon enfance (私の幼いころ)
  • Pierre (ピエール)
  • Dis Quand Reviendras-Tu ? (いつ帰ってくるの)

主なアルバム編集

DVD編集

著作編集

関連人物編集

外部リンク編集