バーチャルボーイ

任天堂のゲーム機

バーチャルボーイVIRTUAL BOY)は、任天堂が発売した3Dゲーム機横井軍平が発案。略称「VB」。その外見から「赤い眼鏡」とも呼称された。1995年7月21日発売。希望小売価格15,000円。全世界累計出荷台数は77万台[1]

バーチャルボーイ
Virtualboy logo.svg
Virtual Boy system.png
バーチャルボーイ
メーカー 任天堂
種別 据置型ゲーム機
世代 第5世代
発売日 日本の旗 1995年7月21日
CPU V810
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 ケーブル
外部接続 通信ポート
売上台数 日本の旗 約15万台
アメリカ合衆国の旗 約50万台
世界 約77万台
テンプレートを表示

概要編集

スタンドに据え付けられたゴーグル型のディスプレイを覗き込むようにしてプレイする。視差の概念を採り入れ、左右の画面に異なる映像を表示させることで立体画面を実現した。テレビに接続せず電池で駆動するが、視界を覆う専用ディスプレイが必要となるため、室内のデスクトップでのプレイが主となる、特異なゲーム機である。

CPUPC-FXと同じNECV810を採用している。カスタムチップのV810は20MHzで動作し、浮動小数点演算処理ユニットも搭載している。サウンドはゲームボーイのサウンドとほぼ同じ。波形メモリ音源で、波形を32バイトPCMで変更できる。これを利用して短い声をPCMで発音できた。画面の解像度は384×224。色数は単色・赤色LEDによる赤~黒の4階調と少ないが、画面の明るさを32段階で調整できる。

十字キーを2つ搭載。アナログスティックなどを除けば方向キーを2つ搭載した家庭用ゲーム機は他に無い。

バーチャルボーイの名称はコピーライター糸井重里が名付けたという噂が広まっていたが、『ほぼ日刊イトイ新聞』のコラム「今日のダーリン」2007年7月10日付にて糸井自身が「『ゲームボーイ』と『バーチャルボーイ』のネーミングは、ぼくじゃありません」と否定している。

1992年、任天堂にリフレクションテクノロジー社からLEDディスプレイ「プライベート・アイ」の売り込みがあり、当時、山内溥からバーチャル・リアリティをテーマにした商品開発を提案されていた横井軍平の下で、リフレクションテクノロジー社との共同開発が始まった。

仕組み編集

バーチャルボーイの立体映像は、アメリカのベンチャー企業リフレクションテクノロジー社の技術を使って開発された。元々は、航空機の整備士などが大きく扱いにくい整備マニュアルをヘッドアップディスプレイのように専用ゴーグルに投影して作業を効率化するために利用されていた。

バーチャルボーイ内部には、画像の縦解像度と同じ224個の赤色LEDを並べた1本のバーが配置され、対になった鏡が1枚装備されている。LEDバーは、50分の1秒の間に384回の点滅(画像の横解像度と同じ)を繰り返し、鏡は25分の1秒[要出典]の間に一往復の周期で高速に振動する。振動する鏡が、LEDバーの光と同期して光を反射することによって、鏡の上に画像を映し出す。

この投影システムが、右目用と左目用に個別に用意され、左右の目の視差を利用した位置に配置されることによって、立体的な映像を作り出していた。赤色単色ながら、その映像の立体感は画期的だった。また、一部では、赤青緑の3色のLEDを利用すれば、フルカラー画像の再現も可能ではないかと考えられていた。

評価編集

 
バーチャルボーイをプレイしている様子。

PlayStationセガサターンなど同世代ゲーム機らが市場の話題をさらう中で発売されて国内では15万程度、全世界中累計でも77万程度と販売台数を伸ばせなかったが、それでも黒字だった[2]

宮本茂はバーチャルボーイについてゲーム機というより、「おもしろいおもちゃ」という位置づけで新しい娯楽にアンテナを張ってる人、ある程度は自由にお金を使って良い人等に売れたら良いとイメージをしていた。

しかし、世の中にはゲームボーイの後継機という扱いを受けて、更に任天堂ファミリーコンピュータ的なものとして売り出したため、世間や商業面ではゲームのプラットフォームと言う扱いをされた。

そのため、いくら黒字であっても前述の通りあまり売れなかったので、わずか1年程度で製造終了してしまい商業的には失敗であった。「おもしろいおもちゃ」として考えたら5万でも売れたら大成功だと思うと発言している[3]

これ以前に任天堂はファミコン3Dシステムを発売していたが、表示方式は異なっているので関連性は低い。

横井軍平によるとバーチャルボーイは目に対する影響が懸念されたので、アメリカの科学者と確かめたところ目に悪いどころか目にいいという結果が出たという[4]

スティーヴン・スピルバーグはバーチャルボーイを見て「すごいマシンだけど、カラーだったらもっといい」と述べていた。横井はバーチャルボーイを発売して成功を見届けてから、任天堂を円満退職するつもりだったと思われる。


「立体映像のゲーム機」というアイデアは3D映像が普及し始めて一般的なディスプレイを使用して低コストかつフルカラー化や、裸眼での立体視が可能など技術的なレベルが上がり、2011年2月26日発売のニンテンドー3DSで再び登場することとなる。

基本仕様編集

  • CPU:カスタムV810(20MHz)
  • RAM:1MB
  • SRAM:512KB
  • 画面:4階調モノクロ、384×224ドット、画面の明るさを32段階で調整可能。
  • サウンド:16ビットステレオ 波形メモリ音源5ch(5チャンネル目はスイープおよび変調可能)+ノイズ1ch[5]
  • コントローラー:ボタン6個(Aボタン、Bボタン、STARTボタン、SELECTボタン、Lボタン、Rボタン)、十字キー2個、電源スイッチ、電池ボックス付属
  • 通信ポート:これを使用する周辺機器は存在しない。海外版では削除。ゲームボーイのそれよりも一回り大きい。
  • 電源:単3電池6本使用。別売りのアダプタを利用すればファミリーコンピュータスーパーファミコン共用のACアダプタ(HVC-002)が利用可能。

沿革編集

周辺機器編集

 
コントローラ(VUE-005)

型番などに見られるVUEは、Virtual Utopia Experienceの略で、バーチャルボーイのコードネームでもある。

型番 名称 備考
VUE-001 バーチャルボーイ 本体
VUE-003 スタンド 本体を設置するためのスタンド
VUE-005 コントローラ 専用コントローラ
VUE-006 カートリッジ 専用ロムカセット
VUE-007 電池ボックス コントローラの背面に接続して電力供給するボックス
VUE-010 アイシェード 入射光をカットして視認性を向上させる
VUE-011 ACアダプタタップ ファミリーコンピュータスーパーファミコン、バーチャルボーイ共通ACアダプタ(HVC-002)をバーチャルボーイで使用することが可能で電池ボックスとの排他利用である
VUE-012 アイシェードホルダー アイシェードを固定するパーツ
VUE-014 ステレオヘッドホン 本体と同色の赤いステレオヘッドフォン
不明 アジャスタブルスタンド VUE-003の改良版で未発売[6]
不明 通信ケーブル 絵画版バーチャルボーイでの通信ポート廃止により発売中止

ゲームタイトル一覧編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界中で売れなかったゲーム機ワースト10”. GIGAZINE (2007年5月7日). 2019年12月29日閲覧。
  2. ^ 井上理「任天堂 驚きを生む方程式」(日本経済新聞出版社)
  3. ^ 社長が訊く『ニンテンドー3DS』”. 任天堂. 2019年12月29日閲覧。
  4. ^ 横井軍平・牧野武文、『横井軍平ゲーム館 RETURNS-ゲームボーイを生んだ発想力』、第3刷、株式会社フィルムアート社、2010年11月15日、169-170頁。ISBN 978-4-8459-1050-2
  5. ^ virtual boy audio spectifications” (英語). Planet Virtual Boy. 2019年12月29日閲覧。
  6. ^ Virtual Boy[リンク切れ]

外部リンク編集