パク・ジフン

韓国の歌手、俳優

パク・ジフン(박지훈、朴志訓、1999年5月29日[1] - )は韓国出身の男性歌手俳優。元Wanna Oneのメンバー。身長173cm、体重61kg、血液型はAB型。あだ名はジフンちゃん、フニ、ウィンク王子、保存男、ウィンギンイ、ミャンミャンイなど。公式ファンクラブ名は「MAY」。 好きな食べ物はヤンニョムチキン。嫌いな食べ物はブロッコリー。

パク・ジフン
Park Ji-hoon going to a Show! Music Core recording on November 14, 2020 2.png
番組収録に向かうパク・ジフン
(2020年11月)
基本情報
出生名 박지훈
生誕 (1999-05-29) 1999年5月29日(21歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国慶尚南道昌原市
学歴 中央大学校公演映像創作学部(在学中)
職業 歌手俳優
活動期間 2017年 -
レーベル NHN Bugs
事務所 マルーエンタテイメント
SWINGエンターテイメント(Wanna One活動時)
共同作業者 Wanna One
公式サイト

PARK JIHOON JAPAN OFFICIAL WEBSITE

PARK JIHOON OFFICIAL WEBSITE
パク・ジフン
Park Ji-hoon signature.png
署名
各種表記
ハングル 박지훈
漢字 朴志訓
発音: パク・ジフン
ローマ字 Park Ji Hoon
テンプレートを表示

来歴編集

子役時代編集

幼い頃から教科書のモデルや、子役としてミュージカルテレビドラマCMなどに出演[2][3][4]。以前は、SMエンターテインメント、Fantagioに所属していた[5]が、の故障により退所した。2015年にMAROO Entertainmentに入所[6]

PRODUCE 101 シーズン2時期編集

2017年、同じ事務所のクォン・ヒョプとハン・ジョンヨンと共にMnetの公開オーディション番組『PRODUCE101 シーズン2』に参加。同年3月9日に放送された『M COUNTDOWN』(Mnet)でウィンクを披露したことをきっかけに「ウィンク男」と呼ばれる[7]。放送中、1週目から4週目まで中間順位発表連続1位を保持。第5回放送では「僕の心に保存(내 마음 속에 저장)」というキャッチフレーズを生み出し、2017年の韓国流行語3位となった[8]。また、4月3週目から5月4週目まで6週連続で、TV話題性調査の非ドラマ出演者話題性1位を記録[9]。『PRODUCE 101 シーズン2』では最終順位2位となり、同年8月7日にWanna Oneとしてデビュー(2019年1月27日までの期間限定で活動)[6]

Wanna One時代編集

Wanna Oneとして活動中の2018年、中央大学校公演映像創作学部に入学[10]

ソロ活動編集

2019年3月26日、1stミニアルバム『O'CLOCK』を発売し、ソロデビュー[11]。同日、サンミョンアートセンター・ケダンホールにて発売記念ショーケースを開催した[12]JTBCにて2019年9月16日から11月5日の間、毎月曜日と火曜日の21:30(KST)に放送された連続ドラマ『コッパダン:朝鮮婚談工作所』(JTBC)に、コ・ヨンス役で出演した[13]。2019年12月25日にPARK JIHOON Japan official SitePARK JIHOON OFFICIAL FANCLUBがオープンした。

慈善活動編集

  • 8月11日、大雨による被災者のために希望ブリッジ全国災害救護協会へ1千万ウォンを寄付した[14]。所属事務所を通さず、寄付金を直接後援の口座に振り込んだという。

作品編集

ミニアルバム編集

No. タイトル 収録曲 最高位[注 1] 売上枚数
1st O'CLOCK
(2019年3月26日)
  1. The beginning of... (intro)
  2. US
  3. L.O.V.E
  4. Would you...
  5. 새벽달 (夜明けの月)
  6. Young 20 (PROD. by イ・デフィ)
2位[15] 108,807枚[16]
2nd 360

(2019年12月4日)

  1. I AM
  2. 360
  3. Whistle
  4. Hurricane
  5. 닻별 (Casiopea)
  6. Still Love You
  7. 이상해(Strange)※作詞作曲にキム・ジェファンが参加
2位[17] 103,392枚[18]
3rd The W

(2020年5月26日)

  1. On The Rise
  2. Wing
  3. 주파수 (Frequency)
  4. Driving
  5. Paradise
  6. Let's Love
5位[19] 85,760枚[20]

フルアルバム編集

No. タイトル 収録曲 最高位[注 1] 売上枚数
1st MESSAGE
(2020年11月4日)
  1. Waterfalls (Intro)
  2. GOTCHA
  3. Hit it Off (Prod. & Feat.Penomeco)
  4. Rolling
  5. 50-50 (Feat. EB)
  6. DRESS CODE (Feat. Punchnello)
  7. 귓속말
  8. Tomorrow
  9. 시나리오 (Feat. Sweden Laundry)
  10. MayDay
9位[21] 79,461枚[22]

OST編集

発売日 タイトル 収録アルバム 備考
2020年11月19日 Midnight 연애혁명 OST Part.2 KakaoTV「恋愛革命」OST

フィーチャリング編集

デジタルシングル編集

発売日 タイトル 歌手
2019年1月28日 忘れないで (Feat. パク・ジフン)[23] ハ・ソンウン
2021年3月4日 Call U UP(Feat.イ・ハイ)(Prod. Primary)[24] パク・ジフン

ミュージックビデオ編集

アルバム M/V
2019年 O'CLOCK L.O.V.E
360 360
2020年 The W Wing
MESSAGE GOTCHA
연애혁명 OST Part.2 Midnight
2021年 Call U Up Call U Up (Feat. LeeHi) (Prod. Primary)

PRODUCE 101 シーズン2編集

  • 나야 나(2017年)
  • Oh Little Girl(2017年)
  • Hands On Me(2017年)
  • Always(2017年)

コンサート編集

ショーケース編集

タイトル 日程 国/都市 会場
2019年 PARK JI HOON 1st MINI ALBUM

[O'CLOCK] SHOWCASE[12]

3月26日   韓国 ソウル サンミョンアートセンター・ケダンホール
PARK JI HOON 2nd MINI ALBUM

[360] SHOWCASE[25]

12月4日   韓国 ソウル 延世大学校百周年記念館
2020年 PARK JIHOON 3rd MINI ALBUM

[The W] SHOWCASE

5月27日   韓国 ソウル [注 2]
PARK JIHOON 1st ALBUM

[MESSAGE] ONLINE SHOWCASE

11月4日   韓国 ソウル ブルースクエア・アイマーケットホール[注 2]

ファンミーティング・ファンコンサート編集

タイトル 日程 国/都市 会場
2019年 2019 Asia Fan Meeting “First Edition”[26]
2月9日 韓国 慶熙大学校 平和の殿堂
3月2日 台湾 台湾大学 体育館
3月9・10日 タイ Thunder Dome Muang Thong Thani
3月15日 フィリピン Araneta Coliseum
3月23日 香港 AsiaWorld-Expo
3月30日 マカオ Broadway Theatre
4月7日 日本 大阪フェスティバルホール
4月10日 東京NHKホール
Birthday Party “May I Love you?”[27] 5月26日 韓国 高麗大学校 花井体育館
PARK JIHOON 2019 FANCON ASIA TOUR

[360]

12月21日 - 22日 韓国 SKオリンピックハンドボール競技場
12月25日 日本 神戸国際会館こくさいホール
12月27日 東京国際フォーラムA
2020年 PARK JIHOON 2020 FANCON ASIA TOUR

[360]

1月12日 マカオ Broadway Theatre
2月1日 タイ Thunder Dome Muang Thong Thani
2月8日 台湾 台北国際会議センター
2月15日 インドネシア Indonesia Convention Exhibition
2020 PARK JIHOON ONLINE CONCERT

[MESSAGE][28]

12月13日 オンライン開催

その他編集

タイトル 日程 国/都市 会場
2019年 KCON 2019 JAPAN[29] 5月18日 日本 幕張メッセ
2019 Soribada Best K-Music Award[30] 8月23日 韓国 オリンピック体操競技場
2020年 2020 GOLDEN WAVE CONCERT[31] 8月4日 韓国 一山ピンマル放送支援センター[注 2]
KCON:TACT season 2[32] 10月24日 オンライン開催
2021年 UNI-KON[33] 2月14日

出演編集

テレビ編集

ドラマ編集

バラエティ編集

CM・広告編集

  • APRILSKIN(2018年 - )[36]
  • SINGHA「Masita」(2019年 - )[37] - タイの菓子メーカー
  • 4EVER&J LAB(2019年 - )
  • I’M MEME(2019年 - )[38]
  • PIZZA ETANG(2019年 - )[39]
  • yuyu nature「フォモラインL112」(2019年 - )[40]

ミュージカル編集

  • ピーターパン(2007年 - 2009年)
  • 我が心のオルガン(2010年)
  • ラジオスター(2010年 - 2011年)

広報編集

受賞歴編集

受賞編集

受賞歴
2019年
2021年
  • 2020 APAN MUSIC AWARDS - 男性エンターテイナー賞[45]

音楽番組編集

受賞歴
2019年
  • L.O.V.E
    • 4月5日 : KBS2「ミュージックバンク」[46] (初の1位)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b Gaonウィークリーチャート
  2. ^ a b c 無観客で開催し、オンライン上で生中継された。

出典編集

  1. ^ Wanna One(ワナワン)|ポニーキャニオン オフィシャルサイト” (日本語). Wanna One(ワナワン)|ポニーキャニオン. 2019年11月1日閲覧。
  2. ^ “「PRODUCE101」シーズン2、人気投票堂々1位のパク・ジフンは英語の教科書にも載っていた!?”. WoWKorea. (2017年5月8日). http://kt.wowkorea.jp/news-read/13916.html 
  3. ^ “「プロデュース101 2」パク・ジフン、子役時代もキュート…ファンの心に保存”. もっと!コリア. (2017年6月8日). http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=56095 
  4. ^ “「PRODUCE101」パク・ジフン練習生は「BIGBANG」GDに勝ったことがある!?”. WoWKorea. (2017年4月10日). http://kt.wowkorea.jp/news-read/13332.html 
  5. ^ “「PRODUCE101」シーズン2、パク・ジフン練習生が過去に所属していた事務所が凄い!?”. WoWKorea. (2017年4月10日). http://kt.wowkorea.jp/news-read/13331.html 
  6. ^ a b c “「プロデュース101」シーズン2からデビューするパク・ジフン、ファンに感謝の気持ちを伝える(動画あり)”. Kstyle (LINE). (2017年6月21日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2072591 2019年4月12日閲覧。 
  7. ^ “「プロデュース101」シーズン2、最初の1位は“ウィンク男”ことパク・ジフン…チャン・ムンボクは2位”. Kstyle. (2017年4月9日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2067458 
  8. ^ 이성봉 (2017年7月20日). “2017년 유행어, "워너원 박지훈 3위"...1위는?”. 한국스포츠경제. http://www.sporbiz.co.kr/news/articleView.html?idxno=126702#_enliple 
  9. ^ “「怪しいパートナー」チ・チャンウク&「プロデュース101 2」パク・ジフン、話題性1位堅守”. もっと!コリア. (2017年5月30日). http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=55644 
  10. ^ a b “Wanna One パク・ジフン、中央大学開校100周年の広報大使に”. Kstyle (LINE). (2018年4月11日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2091115 2019年4月11日閲覧。 
  11. ^ “Wanna One出身パク・ジフン、ついにソロデビュー!1stミニアルバム「O'CLOCK」ショーケースの模様を動画で大公開”. Kstyle (LINE). (2019年3月28日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113954 2019年4月12日閲覧。 
  12. ^ a b “【PHOTO】Wanna One出身パク・ジフン、1stミニアルバム「O'CLOCK」発売記念ショーケースを開催…魅力爆発”. Kstyle (LINE). (2019年3月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113863 2019年4月12日閲覧。 
  13. ^ a b “Wanna One出身パク・ジフン、子役以来の時代劇に挑戦!新ドラマ「コッパダン」への出演を確定”. Kstyle (LINE). (2019年3月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113793 2019年4月12日閲覧。 
  14. ^ Wanna One出身パク・ジフン、韓国の豪雨被災者のために自ら行動…事務所を通さず約89万円を寄付”. Kstyle (2020年8月11日). 2021年1月25日閲覧。
  15. ^ Gaonアルバムチャート2019年3月24日~2019年3月30日
  16. ^ Gaonアルバム月間チャート2019年4月
  17. ^ Gaonアルバムチャート2019年12月1日~2019年12月7日
  18. ^ Gaonアルバム月間チャート2019年12月
  19. ^ Gaonアルバムチャート2020年5月24日~2020年5月30日
  20. ^ Gaon2020年上半期アルバムチャート
  21. ^ Gaonアルバムチャート2020年11月1日~2020年11月7日
  22. ^ Gaonアルバムチャート2020年11月
  23. ^ “Wanna One出身ハ・ソンウン、自作曲「忘れないで」サプライズ公開…パク・ジフンがフィーチャリング”. Kstyle (LINE). (2019年1月29日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2110155 2019年1月29日閲覧。 
  24. ^ Wanna One出身パク・ジフン、新曲「Call U UP」コンセプトフォトを公開…ワイルドな男性の魅力をアピール”. Kstyle. 2021年4月5日閲覧。
  25. ^ 【PHOTO】Wanna One出身パク・ジフン、2ndミニアルバム「360」のショーケースを開催 - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle”. Kstyle. 2020年1月1日閲覧。
  26. ^ “Wanna One出身パク・ジフン、台湾から日本まで…アジア7都市でファンミーティングツアーを開催”. Kstyle (LINE). (2019年2月17日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2111361 2019年4月12日閲覧。 
  27. ^ “Wanna One出身パク・ジフン、初の誕生日ファンミーティングが大盛況…過去の写真も大放出?”. (2019年5月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2118119 2019年8月10日閲覧。 
  28. ^ Wanna One出身パク・ジフン、初のオンラインコンサート「MESSAGE」を盛況裏に開催…多彩なステージでファンを魅了”. Kstyle (2020年12月14日). 2021年1月25日閲覧。
  29. ^ “Wanna One出身パク・ジフンら最終3組が決定!「KCON 2019 JAPAN×M COUNTDOWN」最後のラインナップを発表”. Kstyle (LINE). (2019年4月11日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2114889 2019年4月12日閲覧。 
  30. ^ “TWICEからWanna One出身パク・ジフンまで…音楽授賞式「2019 SOBA」1次ラインナップ公開”. Kstyle (LINE). (2019年7月31日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2122703 2019年8月11日閲覧。 
  31. ^ AB6IX&PENTAGON&CIXら出演「2020 GOLDEN WAVE CONCERT」8月4日にオンラインで開催決定!”. Kstyle (2020年7月21日). 2021年1月25日閲覧。
  32. ^ Wanna Oneが約2年ぶりに再集結!メンバー5人が「KCON:TACT season 2」でステージ披露“当時の思い出が蘇って涙が出そう””. Kstyle (2020年10月25日). 2021年1月25日閲覧。
  33. ^ MONSTA XからIZ*ONEまで…14組のアーティストがオンラインコンサート「UNI-KON」に出演決定”. Kstyle (2020年1月21日). 2021年1月25日閲覧。
  34. ^ 元Wanna Oneパク・ジフンが主演!『恋愛革命』実写ドラマの本読み現場【PHOTO】|スポーツソウル日本版” (日本語). スポーツソウル. 2020年10月28日閲覧。
  35. ^ Wanna One出身パク・ジフン&イ・シニョン&カン・ミナ、新ドラマ「遠くから見ると青い春」に出演決定”. Kstyle (2021年1月25日). 2021年1月25日閲覧。
  36. ^ “Wanna One パク・ジフン、化粧品ブランドのモデルに抜擢…抜群のビジュアルに注目(動画あり)”. Kstyle (LINE). (2018年4月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2092203 2019年8月10日閲覧。 
  37. ^ “Wanna One出身パク・ジフン、各国の広告界からラブコールが殺到…グローバルな人気を証明”. Kstyle (LINE). (2019年3月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2112352 2019年3月5日閲覧。 
  38. ^ “Wanna One出身パク・ジフン&ペ・ジニョン、揃って化粧品ブランドのモデルに抜擢”. Kstyle (LINE). (2019年2月18日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2111373 2019年4月12日閲覧。 
  39. ^ “Wanna One出身パク・ジフン、ピザ専門ブランドの専属モデルに抜擢”. Kstyle (LINE). (2019年5月2日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2116307 2019年8月10日閲覧。 
  40. ^ “Wanne One出身パク・ジフン、ヘルスケアブランドのモデルに抜擢”. Kstyle (LINE). (2019年6月10日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2119051 2019年6月13日閲覧。 
  41. ^ “【PHOTO】Wanna One出身パク・ジフン&NORAZO、環境部の気候変動大使の委嘱式に出席”. Kstyle (LINE). (2019年4月12日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2115056 2019年4月12日閲覧。 
  42. ^ “Wanna One出身パク・ジフン「2019 Asia Model Awards」でアジアスター賞を受賞…Wanna Oneのメンバーにも言及”. Kstyle (LINE). (2019年6月10日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2119100 2019年6月13日閲覧。 
  43. ^ a b “防弾少年団、2日目の「2019 SOBA」で3冠を達成…Red Velvet&NCT 127らが本賞を受賞(総合)”. Kstyle (LINE). (2019年8月24日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2124423 2019年8月24日閲覧。 
  44. ^ Wanna One出身パク・ジフン「2019 MBC放送芸能大賞」に登場…輝くビジュアルをアピール - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle”. Kstyle. 2020年1月1日閲覧。
  45. ^ 「BTS(防弾少年団)」、「2020 APAN MUSIC AWARDS」大賞受賞…カン・ダニエルにベストパフォーマンス賞”. wowKorea(ワウコリア) (2021年1月25日). 2021年1月25日閲覧。
  46. ^ Wanna One出身パク・ジフン「ミュージックバンク」で1位獲得!EXO チェン&IZ*ONEらのステージも”. Kstyle (2019年4月6日). 2021年1月25日閲覧。

外部リンク編集