パティ・ダーバンヴィル

パティ・ダーバンヴィル(Patti D'Arbanville、1951年5月25日 - )はアメリカ合衆国出身の俳優、元モデル[1][2]

パティ・ダーバンヴィル
Patti D'Arbanville
パティ・ダーバンヴィル Patti D'Arbanville
ニョーヨークシティにて(2007年)
本名 パトリシア・ダーバンヴィル
Patricia D'Arbanville
生年月日 (1951-05-25) 1951年5月25日(70歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ニューヨーク州マンハッタン
身長 162.5cm
職業 モデル、俳優
活動期間 1964年 - 現在
配偶者 ロジェ・ミルモン(1975-1980)
スティーブ・カリー(1980-1981)
テリー・クイン(1993-2002)
著名な家族 ドン・ジョンソン(非婚配偶者)
Jesse Johnson(ジョンソンとの間に生まれた息子)
主な作品
メーン・イベント
タイム・アフター・タイム
ザ・ファン
テンプレートを表示

略歴編集

幼少期〜デビュー編集

1951年、マンハッタングリニッジ・ヴィレッジの近くで生まれたパティは3歳で早くも頭角を現し始めた。祖母に連れられて行ったブルーミングデールズ百貨店でたまたま開催されていた「ビューティフル・ベビー・コンテスト」に出場して優勝し、その後3年間アイボリー石鹸のテレビコマーシャルに出演したのだった。  

8歳のとき、ニューヨーク大学の学生らが作った自主映画”Tuesday and Blue Silk” でスクリーンデビューする[3]。自宅近くの歩道にチョークで落書きをして遊んでいるところ、通りかかった学生たちの目に留まり、近くにいた母親の承諾を得て出演が決まったという。

13歳になると自宅の向いにあったル・カフェ・フィガロ[4]でレコード盤を交換するDJのアルバイトを始めたが、深夜まで働いては授業中に寝るという生活を続けるうちに、自分に勉学は必要ないと考えるようになり14歳で学校に通うのを止めた。

カフェ・フィガロの常連客にはボブ・ディランや作家のジャック・ケルアックなど多くの著名人がいた。16歳のある日、パティが客の大人たちとチェスをしていると、髪を真っ赤に染めた男と頭の上にリスを乗せたような髪型の男が近付いてきて「映画に出てみないか?」と声を掛けた。赤い髪の男はアンディ・ウォーホルであった。2人は母親に会って許可をもらおうとしたが、断られると思ったパティは独断で出演を決めた。

1年後、ウォーホールがプロデュースしポール・モリセイが監督する「フレッシュ」(1968)が完成。同性愛者のラブシーンなど新人女優としてはリスクの高い演技を要求されるも彼女は堂々と演じた。

モデル時代編集

この頃パティはパーク・アベニュー沿いにあるマックスズ・カンザス・シティMax’s Kansas Cityの常連客になっていた。昼はレストラン、夕方からナイトクラブになるこの店にはニューヨークで活躍する有名アーティストも数多く訪れており、ここで次に彼女を見出したのはファッションイラストレーターのアントニオ・ロペスだった。既に女優のジェシカ・ラングやスーパーモデルのジェリー・ホール、グレイス・ジョーンズなどを発掘していたロペスは自分の作品のモデルになって欲しいと彼女に声を掛けた。さらに有名写真家を呼んで写真を撮らせると、大手モデル事務所のウィルヘルミーナ・モデルズに紹介した。

こうして1968年、17歳のパティはウィルヘルミーナの専属モデルに選ばれた。このときの身長は162センチ。母親が180センチ近くあったのでこれから成長するのだろうと本人も事務所も楽観的に考えていたのだが、以後もほとんど伸びることはなくウィルヘルミーナで最も背が低いモデルの記録保持者となっている。

事務所はこの新人モデルを西ヨーロッパに派遣した。パリとロンドンを中心に活動を始めたパティは、フランス、イギリス、西ドイツ、イタリアなどで人気モデルとなった。

仕事でロンドンを訪れた際、郊外の屋敷で開かれるミュージシャンたちのパーティーに招待され、ここでキャット・スティ-ブンスと出会い交際を始めた。このパーティーにはビートルズ(の誰か1人らしい)、スティーヴ・ウィンウッドジンジャー・ベイカーエリック・クラプトンらも参加していたという[5]。交際は2年間続いた。

モデルから俳優へ編集

ヨーロッパ遠征は数か月間の予定だったが、パリを拠点にニューヨークやロンドンを行き来しているうちに結局フランスに5年間住み続けた。しかしモデルとして成功はしたものの、他のモデルたちと並んだときに自分だけ明らかに小柄であることに劣等感を抱いていた彼女は、1970年に出演したフランス映画 ”La Maison”で演技の面白さに夢中になったのをきっかけに、モデルを辞め俳優業に専念しようと考え始めた。

再びウォーホールに呼ばれ ”L'amour”(1973)に出演したが、ウォーホールの作品を支持するのは一部の熱狂的なファンだけで女優として注目されるのは難しいと考えたためウォーホールの”ミューズ”を離脱した。そして1973年にアメリカに戻った際に本格的に演技を学ぼうとニューヨークで演技講師のハーバート・バーグホフから約1年間の演技指導を受けた[6]。その後はロサンゼルスに移り住み、脇役ではあるがメジャー映画や人気テレビドラマにコンスタントに出演し女優としてのキャリアを積み重ねていった。

1987年にはジョン・パトリック・シャンリィが書いた戯曲 ”Italian American Reconciliation”のニューヨークでの初公演に主演し、ドラマローグ賞の最優秀女優賞を受賞した。

2011年頃からはニューヨークを離れ、既に他界した母親の故郷であるノースカロライナ州トライオンに住み始めた。常に次の仕事を探し続けなければならないショービジネスの世界にうんざりしていたといい、その様をラットレース(鼠がホイールの中をぐるぐる走り続ける様子)に例えた。ここでトライオン・アート・アンド・ジュエリースクールに通い、ジュエリー作りに没頭しながら時折りショートフィルムやテレビドラマのゲスト出演などの仕事を引き受けている。

プライベート編集

結婚を3回しており、4人の子供を持つ。

1968年、17歳のときロンドン郊外のパーティーで歌手のキャット・スティーヴンスと出会い、2年間交際した。キャットの代表作「白いユリ」(原題”Lady D'arbanville")や最大のヒット曲である「ワイルド・ワールド」は別れたあとに彼女への想いを綴った曲であった。

1974年フランス人俳優のロジェ・ミルモンと出会い1年間の交際の末に結婚するが1980年に離婚。その年に舞台俳優、ダンサーのスティーブ・カリーと結婚し、翌年に離婚した。

同じ年の1981年に俳優のドン・ジョンソンと交際を始め、その翌年息子のジェシー・ウェイン・ジョンソンが生まれた。ドン・ジョンソンは1970年代後半頃から違法薬物とアルコールを常用していたが、それを知った彼女は薬物更生プログラムに参加するよう説得し彼を支え続けた。2人は結婚する予定だったがパティの決心がつかずロサンゼルスでの同棲生活に留まった。さらに1984年に始まった「特捜刑事マイアミ・バイス」の撮影のため、ドン・ジョンソンがマイアミに離れて生活するようになり1年後に別れた[7]。2人は別れる直前「マイアミ・バイス」の1エピソードで共演している。

1993年にはニューヨークの消防士でモデル兼俳優でもあるテリー・クインと結婚し3人の子供をもうけたが、2000年に離婚した。

フィルモグラフィー編集

映画編集

公開年 邦題

原題

役名 備考
1967 Erotic Salad
1968 フレッシュ
Fresh
パティ 製作アンディ・ウォーホル
1970 The House Lorraine
1971 The Blood Letting (原題:La saignée Hillary
1973 L’Amour Patti 製作・脚本アンディ・ウォーホル
1975 Rancho Deluxe Betty Fargo
1977 ビリティス
Bilitis
ビリティス
La fille d'Amérique Ronni Williams
1978 ビッグ・ウェンズデー
Big Wednesday
サリー・ヤコブセン
The Fifth Floor Cathy
1979 メーン・イベント
The Main Event
ドナ
タイム・アフター・タイム
Time After Time
シャーリー
1980 Hog Wild Angie Barnes
1981 スーパー念力マン
Modern Problems
ダーシー・カーソン
1985 天才アカデミー
Real Genius
シェリー・ヌギル
ブロークン・ジェネレーション/撲殺!射殺!極限の暴力少年たち
The Boys Next Door
アンジー
1988 Crossing the Mob Lucy Conte テレビ映画
真夜中にコールミー
Call Me
コリー
思い出のジュエル
Fresh Horses
ジーン
1989 ベルーシ/ブルースの消えた夜
Wired
キャシー・スミス
1990 Snow Kill Lauren Crane テレビ映画
1993 Blind Spot Lucinda テレビ映画
1994 Frame-Up II: The Cover-Up Barbara Griffin
1996 ザ・ファン
The Fan
エレン・レナード
1997 Bad to the Bone Marilyn Wells テレビ映画
ファーザーズ・デイ
Fathers' Day
シャーリー・トレイナー
1998 Archibald the Rainbow Painter Elaine Tiger
セレブリティ
Celebrity
アイリス
2002 Personal Velocity: Three Portraits Ceria
2003 A Tale of Two Pizzas Margie Bianco
2006 ワールド・トレード・センター
World Trade Center
ドナの隣人
2007 パーフェクト・ストレンジャー
Perfect Stranger
エスメラルダ
You Belong to Me Gladys
2008 The Marconi Bros. Sonya Weitzman
2009 最強のきずな
Happy Tears
看護師
2010 ジ・エクストラ・マン
The Extra Man
Katherine Hart
恋とニュースのつくり方
Morning Glory
Mrs.フューラー
2016 Unbercoming Goat Lady 短編映画
2017 Antonio Lopez 1970: Sex Fashion & Disco 本人 ドキュメンタリー
2020 What About the Kids? Debbie 短編映画


テレビ編集

放映年 邦題

原題

役名

エピソード

備考
1976 Once an Eagle Michele 4エピソード
1977 Code R Maggie 1エピソード
1978 The Eddie Capra Mysteries  ー 1エピソード
1980 名探偵ジョーンズ
Barnaby Jones
ジェシカ・コリンズ

シーズン8 第12話

1エピソード
チャーリーズ・エンジェル
Charlie's Angels
ビアンカ・ブレーク

シーズン5 第3話「ビキニでアタック!沈没船に隠された謎」

1エピソード
1982 Darkroom Babette 1エピソード
1984 ジェシカおばさんの事件簿
Murder, She Wrote
レスリー・アンドラー

シーズン1 第5話「無人カーが追ってくる」

1エピソード
1985 特捜刑事マイアミ・バイス
Miami Vice
ストーン夫人

シーズン2 第10話「ベトナム・コネクション 地獄の戦場から奪った白い悪夢」

1エピソード
1986 クライム・ストーリー
Crime Story
イヴ・ヴォルスキー

シーズン1 第2話「ブラウン管殺人事件」

1エピソード
1988 ミッドナイトDJ
Midnight Caller
ジョーダン

シーズン1 第4話Payback

1エピソード
1989 The Hitchhiker Wendy 1エピソード
1989 Wiseguy Amber Twine

Theresa Demante

12エピソード
1992 ロー&オーダー
Law & Order
ベティ・ドレイク

シーズン3 第5話「ドレスに潜む闇」

1エピソード
1992-1993 Another World Christy Carson 3エピソード
1993 South Beach Roxanne 4エピソード
1994 The John Larroquette Show Big Linda 1エピソード
L.A.ロー 七人の弁護士
L.A. Law
キャロライン・ハーディー

シーズン8 第18話

1エピソード
アンジェラ 15歳の日々
My So-Called Life
アンバー・ヴァロン 3エピソード
1994-1997 New York Undercover Virginia Cooper 76エピソード
1998 ホミサイド/殺人捜査課
Homicide: Life on the Street
ダーレン・エヴェレット

シーズン7 第4話「死体なき死体」

1エピソード
1998-2000 ガイディング・ライト
Guiding Light
セレナ・デイヴィス 27エピソード
2000-2005 サード・ウォッチ
Third Watch
ローズ・ボスコレッリ 16エピソード
2003 5人の女刑事たち ザ・ディヴィジョン
The Division
マギー

シーズン3 第8話

1エピソード
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
Nip/Tuck
ウォレス・フォーサイズ

シーズン1 第4話「ソフィア・ロペス」

1エピソード
2004 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
The Sopranos
ロレイン・カルーソ 3エピソード
2005 Wild Card Kathy 1エピソード
2006 アントラージュ★オレたちのハリウッド
Entourage
エリックの母 1エピソード
2006-2010 Rescue Me Ellie 14エピソード
2007 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
セシリア

シーズン6 第11話「クイーンズの世界対立」

1エピソード
Eyes Dee Dee McCann 1エピソード
2017 The Sinner -隠された理由-
The Sinner
ローラ・タネッティ 5エピソード
2018-2020 ビリオンズ
Billions
アレックスの母

ローレル・アクセルロッド

3エピソード

脚注編集

  1. ^ Catherine O'Sullivan Shorr (18 September 2018). Andy Warhol's Factory People: Welcome to the Silver Factory, Speeding into the Future, and Your Fifteen Minutes Are Up. Open Road Media. p. 419. ISBN 978-1-5040-5599-4. https://books.google.com/books?id=mSpuDwAAQBAJ&pg=PT419 
  2. ^ Ray Connolly (28 September 2011). Stardust Memories: Talking About My Generation. A&C Black. p. 105. ISBN 978-1-4482-0566-0. https://books.google.com/books?id=X0hAmGzPkvIC&pg=PT105 
  3. ^ Rowl, Paul. “PATTI D'ARBANVILLE TALKS TO PAUL ROWLANDS” (英語). 2020年11月19日閲覧。
  4. ^ Bjorkman, James. “Then and Now: Cafe Figaro, New York City” (英語). 2020年11月19日閲覧。
  5. ^ Rowl, Paul. “PATTI D'ARBANVILLE TALKS TO PAUL ROWLANDS” (英語). 2020年11月19日閲覧。
  6. ^ “New Face: Patti D'Arbanville Coughing Her Way to Stardom (Published 1979)” (英語). The New York Times. (1979年7月27日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1979/07/27/archives/new-face-patti-darbanville-coughing-her-way-to-stardom-a-smashing.html 2020年11月27日閲覧。 
  7. ^ Meet the New Patti D'Arbanville, Star of Wiseguy and Wired, No Longer Just Don Johnson's Ex” (英語). PEOPLE.com. 2020年11月27日閲覧。

外部リンク編集