ビクーニャ (Vicugna vicugna) は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ラクダ科に分類される偶蹄類。

ビクーニャ
ビクーニャ
ビクーニャ Vicugna vicugna
保全状況評価[1][2][3]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書I[注釈 1]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
: ラクダ科 Camelidae
: ビクーニャ属
Vicugna Lesson, 1842[4]
: ビクーニャ V. vicugna
学名
Vicugna vicugna (Molina, 1782)[3][4]
シノニム

Camelus vicugna Molina, 1782[4]

和名
ビクーニャ[5]
英名
Vicugna[3][4]
Vicuna[3]
Vicuña[3]

分布域

分布編集

アルゼンチン北西部、チリ北部、ペルー南部、ボリビア西部[4]エクアドルに再導入[3]

形態編集

頭胴長(体長)120 - 190センチメートル[5]。肩高70 - 110センチメートル[5]。体重50キログラム[5]。ラクダ科最小種[5][6]


外観はグアナコとよく似ているが、前者は頸(くび)の下に30cm前後の長い毛を有しているため、その点で一見して後者と区別できる。

分類編集

アルパカラマ(リャマ)グアナコと近縁であり、伝統的には、ビクーニャとアルパカをビクーニャ属英語: Vicugna に、ラマとグアナコをラマ属にまとめられる。しかし、これら4の類縁関係には諸説があって統一的見解は得られていない。4種すべてをラマ族(tribus Lamini)として束ねる学説もあり[7]、あるいはまた、ビクーニャのみをビクーニャ属とし、他の3種をラマ属の下位分類とする説もある。

最も支持を集める説では、アルパカは本種が家畜化されたものと見なされている[8]。しかし、アルパカを本種の家畜化されたものと見なさず、本種のみをもってビクーニャ属が形成されているとする説などもある。

人間との関係編集

毛皮目的の密猟、過放牧や採掘による生息地の破壊、家畜との競合、アルカパとの交雑による遺伝子汚染などが懸念されている[3]。1975年のワシントン条約発効時から、ワシントン条約附属書Iに掲載されている[2]。2019年の時点でアルゼンチン(Catamarca・Jujuy・Saltaの個体群。半飼育状態の個体群も含む。)、エクアドル、チリ(Arica Parinacota・Tarapacáの個体群)、ペルー、ボリビアの個体群は附属書IIに掲載されている[1][2]。ペルーでの1994年における生息数は66,559頭、2000年における生息数は118,678頭、2016年における生息数は218,000頭と推定されている[3]


 
ペルーの国章

かつては200万頭が生息していたと推定されるが、肉と良質な体毛を得るために乱獲され、1960年代には1万頭以下まで生息数を減らしていた。しかし、1993年には、インカ帝国時代に行われていた伝統技法でビクーニャを殺さずに体毛を刈るための囲い込み(チャク)が復活し、地元民にその収益が保証されるとあって、ビクーニャに対する保護意識が高まった。

ビクーニャの毛織物は高級品として取引される。体毛が細いため、に紡いで利用される。毛の太さは100分の1mmほどで、動物の中でも極めて細い[9]。毛織物に十分な長さの毛を確保するため、2年に一度しか毛の刈り込みは許可されておらず、しかも1回の刈り込みで成獣1頭につき250 - 350g程度の体毛しか得られない事情もあって、ビクーニャの毛織物は極めて高価である。

綿毛を紡いだ紡毛糸で織り、チーズル起毛をして仕上げた柔らかな織物を、1980年代までの日本では「ヴィゴーニュ」と呼んだ。しかし近年ではそれらも「ビクーニャ」と呼ばれることが増えてきている。また、実際には、ヴィゴーニュとされているものの中には、綿を混ぜた混紡織物や、糸を紡ぐ油紡工程で羊毛を加えた織物もある。

ペルーの国章に描かれている動物でもある。

呼称編集

属名ならびに各国語の名称は、ケチュア語名に由来するvicuñaビクーニャより。日本語では、動物を指す場合は「ビクーニャ」と呼び、体毛からつくるウールやその製品は英語名に由来する「ビキューナ」と呼ぶことが多い。また、加工品をヴィゴーニュと呼ぶ(#人間との関わりを参照)のはフランス語名に由来する。「ヴィクーニャ」「ビクーナ」、「ヴィクナ」、「ビクニア」とも呼ばれる。

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アルゼンチン(Catamarca・Jujuy・Saltaの個体群。半飼育状態の個体群も含む。)、エクアドル、チリ(Arica Parinacota・Tarapacáの個体群)、ペルー、ボリビアの個体群はワシントン条約附属書II

出典編集

  1. ^ a b Appendices I, II and III (valid from 26 November 2019)<https://cites.org/eng> (downroad 04/05/2020)
  2. ^ a b c UNEP (2020). Vicugna vicugna. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (downroad 04/05/2020)
  3. ^ a b c d e f g h Acebes, P., Wheeler, J., Baldo, J., Tuppia, P., Lichtenstein, G., Hoces, D. & Franklin, W.L. 2018. Vicugna vicugna (errata version published in 2019). The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T22956A145360542. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22956A145360542.en. Downloaded on 04 May 2020.
  4. ^ a b c d e Peter Grubb, "Order Artiodactyla,". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pgaes 637-722.
  5. ^ a b c d e 朝日稔 「南米にすむラクダたち グアナコ、ビクーニャ」『動物たちの地球 哺乳類II 6 イノシシ・カバ・キリンほか』第9巻 54号、朝日新聞社、1992年、186-187頁。
  6. ^ 稲村哲也・川本芳 「アンデスのラクダ科動物とその利用に関する学際的研究 文化人類学と遺伝学の共同」『国立民族学博物館調査報告』55巻、2005年、119-174頁。
  7. ^ Tree of Life Web Project Lamini
  8. ^ 今村薫、ユーラシア大陸におけるラクダ科動物の家畜化 : 石器時代から現代まで 名古屋学院大学論集 人文・自然科学篇 2018年 54巻 2号 p.51-57, doi:10.15012/00000987
  9. ^ 第115回「アンデス疾走!珍獣ビクーニャ」 ─ ダーウィンが来た!生きもの新伝説”. NHK (2008年9月7日). 2018年2月1日閲覧。[出典無効]

関連項目編集

外部リンク編集