ビッグマック

マクドナルドが販売しているハンバーガー商品

ビッグマック(BIG Mac)とは、ファーストフードチェーンマクドナルド販売している、大型のハンバーガー商品名である。

ビッグマック
日本のビッグマック

日本のビッグマック栄養価[1]
エネルギー 525kcal
たんぱく質 26.0g
脂質 28.3g
炭水化物 41.8g
食塩相当量 2.6g
ナトリウム 1007mg
発売元 日本マクドナルド

概要編集

ビッグマックは、マクドナルドが創業27年後の1967年より発売している大型のハンバーガーで、マクドナルド・チェーンのシンボル的なハンバーガーである。ペンシルベニア州ユニオンタウンにあるマクドナルドのフランチャイズ店のジム・デリガッティ英語版(1918-2016)が、大人向けの商品を欲していた大人の客向けに開発した。当初の値段は45セント。2007年には、ビッグマックの誕生40周年を記念して、ペンシルベニア州にビッグマック・ミュージアムが開設された[2]

高さは最大で8 - 9cm・直径は約11cmほどで、これは一般的な成人の口を大きく開けた状態でのほぼ限界であることから、マクドナルド店内では大きな口をあけてほおばる人が見られる。また、いささか見た目はよろしくなくなるが、両手で上から圧迫して薄くして食べる人も見られる。上段と下段で二度に分けて食べる人が少なくない。その際、中段をどちらに付随させるかは好みによる。

包装は、最初期ごろのみ他のハンバーガー同様に(防水紙)で包まれていたが、発泡スチロール(ポリスチレンペーパー)の容器に変更された。しかし、のちの環境意識の高まりから、現行では段ボール紙の箱に収めて販売されているが、今でも注文時に要望すれば紙に包んで出してもらえる。なお、アメリカの一部地域や豪州、ニュージーランドではメガマックよりも大きいモンスターマックが発売されており、ビッグマックソースなどを流用したサン・オブ・マック(Son of Mac)やミニマック(Mini Mac)あるいはベビーマック(Baby Mac)、またマックジュニア(Mac Jr.)として逆にハンバーガーパティ1枚のみという小型ハンバーガーがあり、日本でも2019年4月にビッグマックジュニアとして初登場した。

日本では2016年4月6日から1.3倍の大きさのグランドビッグマックが期間限定で、またメガマックを一回り大きくしたギガビッグマックが数量限定で発売された。

材料・調理法編集

パン3層(上から「クラウン」「クラブ」「ヒール」の順)にパティ(ハンバーグ)2枚、レタスタマネギみじん切りといった生野菜ピクルスが挟んである。下の段にはチーズが挟んである。味付けは主に「ビッグマックソース」と呼ばれるサウザンドアイランドドレッシングに似た専用のソースである。このソースにはタマネギとカラシが含まれている。紙製の箱型の容器にそれぞれのバンズとトッピングを施し、蓋を閉めると完成するという手法がとられている。

パンの上部には白ゴマが張り付いており、「クラブ」部分はかつては両面ともキツネ色に焼かれていたが、調理の時間がかかることもあり、2004 - 2005年に導入された「Made for You」システム(注文を受けてから調理に入るため無駄が少なくできたてを提供できる:→調理と販売)導入以降は、片面しか焼かれなくなった。このため食感や味も異なっており、好みの分かれるところとなっている。

経済指標として編集

このハンバーガーは、ファーストフードチェーンの常として世界的にも同サイズ・同品質で販売されている。しかもマクドナルドは世界各国に支店を持つ。そして価格は国際市場で変化する為替レートによらず現地の経済的調査に基づいて決定されている。ただし、他の品目との価格差は、当事国の価格弾力性を加味した販売・価格戦略により異なってくる。

これらの条件から、各国の通貨のレートによらない実質的な価値を測る上でこのビッグマックに注目する経済学者もおり、この指標はビッグマック指数と呼ばれている。同指標は経済新聞のエコノミストに発表された。

キャラクター編集

ビッグマックのイメージキャラクターとして、現在マクドナルドのイメージキャラクターとして活躍するドナルドの仲間に、1980年代にはビッグマックポリスという警官のキャラクターがいた。このキャラクターは、大柄でしし鼻ののんびりした「お巡りさん」で、マクドナルドのイメージキャラクターが住むと言うマクドナルドランドの治安を守っているという設定だった。

しかし、このキャラクターは現在使用されていない。マクドナルドの公式発表によれば「平和なマクドナルドランドには、犯罪は存在しない」ためであるという。何らかの疾病を連想させかねないあばた顔について、差別問題が指摘されたという説も流布されているが、同説を裏付ける証拠はなく、都市伝説の域を出ていない。

バリエーション編集

50周年記念
2018年には、ビッグマック50周年を記念して、「ビッグマック ベーコン」、「ビッグマック BLT」の2商品が期間限定で販売された[3]
ジュニア、グランド、ギガ
2019年、2020年には期間限定で、「ビッグマック ジュニア」、「グランド ビッグマック」、「ギガ ビッグマック」の3種類が販売された。

世界各国のビッグマック栄養価編集

カロリー 炭水化物 タンパク質 全脂肪 食物繊維 ナトリウム 重量 外部リンク
  オーストラリア 480kcal 36.2g 25.3g 24.9g 800 mg .au (PDF)
  カナダ 530kcal 44g (15%) 24g 29g (45%) 3 g (12%) 1020mg (43%) 208g .ca
  デンマーク 497kcal 43g 27.1g 24.1g 219g .dk
  イギリス 493kcal 44g 26.7g 22.9g 5.9g 2.25g .uk (PDF)
  ドイツ 503kcal 44g 26g 25g .de
  フランス 492kcal 38.9g 26.2g 25.8g 4.2g 900mg .fr
  インド - West Zone
(チキンマハラジャ マック)
573kcal 54g 32g 26g 255g .com
  日本 556kcal 45.5g 25.5g 30.2g 2.5g 1094mg 225g .jp
  韓国 535kcal 46g 27g 29g 750mg 219g .kr
  中国 500kcal 45g 26g 24g 870mg .cn
  マレーシア 484kcal 46g 26g 23g 730mg 209g .my
  メキシコ 600kcal 50g 25g 33g 4g 1050mg 219g .mx
  トルコ 496kcal 49.8g 27.9g 21.1g 810.9mg .tr
  アメリカ合衆国 540kcal 45g (15%) 25g (45%) 29g (45%) 3g (14%) 1040mg (43%) 214g [1] (PDF)

関連商品編集

など。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集